FC2ブログ
2017/10/06

2017年10月06日

        

ナナちゃんはごきげんななめ

category - 日記
2017/ 10/ 06
                 
私の名前はナナ。三毛猫です。

先日、名誉の負傷を負い、こんな姿になりました。
私は戦わないという意思を示して怪我したわけだから、
私にとっては、これは恥ずかしい怪我じゃないのだけど、
ママにはその美学がわからないのよね。




ママは「お尻に怪我したってことは、逃げ切れなかったのね。
ナナちゃん、足が遅かったか。」なんて言うの。

戦う気持ちのない私を追いかけて引っ掻いてきた野蛮な猫がいるのは、
そりゃ、仕方のないことだと思うわ。
猫にもいろんなのがいるもの。
でもね、喧嘩っ早くて、足が速いのが、猫にとっての値打ちなの?
私はね、そのママの価値観が気に入らないわ。




スマホを向けて、「いいお顔して」って、冗談じゃない。
ママって時々理解不能よ。

私たち猫属は、名誉の負傷を負ったら、舐めて治してきたの。
私のひいひいひいおばあさんよりずっと前の世代から、そうしてきたの。
なのに、「舐めたら大変だから、ごめんね」って、こんな変なものつけるなんて。



ご飯の時にだけとってくれるけど、食後に体をきれいに舐めようとすると、すぐに装着させられる。
毛づくろいできないだけじゃないの。
前に進むとき、なんかぶつかるのよねぇ。

ベッドに連れてこられたから、ふて寝するわ。
ママがして欲しい「いいお顔」なんて絶対にしてあげない。



寝る時も、不自由なのよね、これ。
ママも一回つけてみればいいんだわ。
そうしたら私の気持ちがわかるわよ。



ママの方なんか、向いてあげない。

            
スポンサーサイト