FC2ブログ
2017/10/12
2017/10/10
2017/10/07
2017/10/06

2017年10月

        

今日は伯母の三十五日法要

category - 日記
2017/ 10/ 14
                 
ヘンな時間に目が冴えてしまいました。

今日は伯母の三十五日法要です。
入院の日の伯母の様子を思い出すたび、
あまりの急な病状の進行に呆然としてしまうことがあります。

「通院で検査もできますが、通うのが大変そう(伯母は歩くことができません)ですから、
入院しての検査もできますよ。そうしましょうか」と言ってくださったお医者様に、
入院などしたくない伯母は、怒ってぶんぶん顔を横に振っていました。

でも伯母はせっかちな人で、待ち時間というのが大嫌いでした。
普段の2か月に1度の通院時でも、伯母を迎えに行く前に、先に私が病院に行き、
診察券を出してから、伯母を迎えに行くという手間をかけていました。
それでも待ち時間が少し長いと、イライラした顔を隠さない伯母でしたので、
「伯母さん、入院していれば、検査の待ち時間が少ないよ。
検査室が空くときに、病室に連れに来てくれるんだから、そっちの方が楽だよ」

でも伯母は、最初、首を振っていました。
末期がんなら検査もしなくてもいいじゃないかと思っていた節がありました。

私も、多分お医者様も、その時点では、ステントを入れる余地があると思っていました。
ステントを入れれば、食事を楽しめる期間が増えるし、そうすれば体力の落ちも遅くなるしと、
伯母を説得したのをよく覚えています。

身近な人が末期がん宣告されたのは、大姑さん、実父、実母に次いで4人目だったので、
末期がんと言われても、余命宣告されても、多分それより長生きできると、
それまでの経験から、私は勝手に思い込んでいました。

伯母は結局納得して、入院することになりました。
7月19日でした。
今日は10月14日。あれから3か月経っていないのでした。

9月10日に亡くなって、お葬式は12日。
その後、伯母のお骨は、私の家に置いてあり、毎日拝んできました。
早いかもしれませんが、お寺様とも話して、明日の法要の後に
永代供養の納骨もしていただくことになっています。

ナナちゃんがいなくなった時、伯母の遺影にも一生懸命お願いしたっけ。
伯母さん、折角あの世でゆっくりしているのにお願いしてごめん!
でも、ナナちゃんが家に帰るのに力を貸して!って、
本気でお願いしていた56歳のおばちゃんってのもけっこう痛い人かも?

法要は私の実家で行います。
天気予報は雨。

伯母さん、あの世はきれいなところですか?
私の両親には会いましたか?
他にも、先に亡くなった懐かしい人たちに会えましたか?
手足の不自由さもなくなり、言葉も自由に話せるようになっているでしょうね?
今日の法要では、あの世の伯母さんが、もっともっと幸せでありますようにと祈らせていただきますね。

何だか全然眠くないけど、もう寝ないと・・・
                         
                                  
        

ナナちゃんお帰りなさい

category - 日記
2017/ 10/ 12
                 


たまに外に出たがりますが、5分ほどで帰ってくるナナちゃん。
昨日は終日、家の中で大人しくしていました。

昨日、獣医さんへと思っていましたが、ストレスでダメージを負っている感じが濃厚でしたので、
もう少しストレスは避け、家でのんびりさせて、明日の朝に連れていくことにしました。

ナナちゃんは我が家に来た時からとてもナイーブな子なんです。
こゆきちゃんに会わせるのもしばらく控える予定。




この画像では、こゆきちゃんって大人しい猫に見えるけど、
部屋の戸を開ける前に、すぐ写真を撮れるようにしておいて、
開けると同時にシャッターを切りました。
とにかくじっとしていません。

今度の土曜日は伯母の三五日法要なので、準備しなくては。
ナナちゃん脱走騒動で、それどころではなかったのです。
でも、ナナちゃんが帰ってきてくれて、安心して法要に出られます。

気を張っていた分、疲れがどっと出ました。
体がだるいですが、幸せのだるさです。(笑)


                         
                                  
        

見つかりました!

category - 日記
2017/ 10/ 10
                 
ナナちゃん、近くに潜伏していました。
お騒がせしました。

多分、エリザベスカラーや、獣医さんでする痛いことや、軟禁に怒っていて、
すぐに帰る気になれなかったのでしょう。

安心した~!

情報拡散に協力してくださった皆さん、ありがとうございました。
私はフェイスブックやツイッターをやらなくてわからないのですが、
いろんな方が、やってくださいました。

一緒にナナちゃんが返りますようにと祈ってくださった皆様にも、
心から感謝しています。ありがとうございました!

ビラを配りまくったので、見つかりましたというビラをまた入れてこなくては・・・。
警察と動物保護管理センターと貼り紙をしてくださったペットショップにも明日、電話しないと。

一気に心が晴れやかになりました。

ナナちゃん、帰ってきてくれてありがとう!

                         
                                  
        

猫を探しています

category - 日記
2017/ 10/ 10
                 
ありがとうございました!
見つかりました!

三毛猫のメス、4歳、体重4キロです。
名前はナナです。
臆病な猫ですが、人懐っこい性格です。

10月8日の午前11時ごろ、自宅から出て逃げてしまいました。
動物愛護センター、警察に連絡しましたが、保護されていませんでした。
清掃センターにも電話しましたが、轢かれたねこの連絡も入っていません。

お尻にけがをして2針縫い、透明のエリザベスカラーを付けたままです。
抜糸もまだ済んでいません。とても心配です。
そろそろ抜糸の時期なので、けがは治っていると思います。

外が大好きな猫でしたので、毎日何度も出かけたり帰ったりして暮らしてきました。
けがをしてから5日間、出たがるのをなだめて自宅で過ごさせてきたのですが、
不注意で、部屋の戸が少し開いているのに気が付かず、玄関を開けてしまいました。
出るチャンスをうかがっていたのだと思います。



画像のエリザベスカラーの止め方では、傷口をギリギリ舐められることがわかり、
逃走時には、もう1段階、ボタンがきつめになっています。
エリザベスカラーを外さずに何かを食べるのは困難かと思われます。

自宅では水を飲むのは何とかこのままできていましたが
餌を食べる時は、カラーを外していました。

ピュリナワンのドライフードとおやつのちゅーる以外は普段は食べていません。
おなかをすかせているはずなのですが、獣医さんのところで痛い目にあったり、
家に閉じ込められるのが怖いのか、帰ってきません。
どこかでエリザベスカラーが引っかかって出られなくなっている可能性もあり、
毎日、見回っているのですが、見つかりません。



頭のてっぺんが黒く、左右は茶色です。



全身の模様はこんな感じです。






背中の模様はこんな感じです。
小柄ですが、ぽっちゃりした印象があるかと思います。

こちらの気のゆるみで、脱走させてしまいました。
可哀想でなりません。
抜糸させて、エリザベスカラーを外して、元の生活に戻してあげたいです。

見かけた方、保護してくださった方がおいででしたら、どうぞご一報をお願いします。
                         
                                  
        

ナナちゃん、帰ってきて

category - 日記
2017/ 10/ 09
                 
私はおっちょこちょいで、よく自分をバカだと感じますが、
今回はバカを通り過ぎていて苦しいです。
抜糸の済んでいない、エリザベスカラーをしたままのナナちゃんが、
私の油断のせいで、家から逃げ出してしまいました。
ずっと気を付けてきたのに、あの一瞬で台無しです。

抜糸が済んでいないまま。
エリザベスカラーを付けたまま。
とても心配です。
抜糸が済めば、ナナちゃんを、元の生活に戻してあげられたのに、
あと少しだけ脱走させないでいられれば、ナナちゃんは困らなかったのに、
今はどこでどうしてすごしているのでしょうか。

エリザベスカラーは外が見えにくいし、動きにくいし、
あちこちにぶつかったり引っかかったりして危険です。
水はかろうじて飲めるようでしたが、餌は食べられません。

うちに帰れば、また閉じ込められると思っているだろうナナちゃん。
帰ってきてくれれば、抜糸に行って、エリザベスカラーも外せるし、
今まで通りに時々散歩に行ける身になるのをナナちゃんは理解していません。
出たい出たい、出してと毎日ねだっていたナナちゃん。

探し回り、警察に届けを出し、自宅の外壁に貼り紙をしましたが、
まだ見つかりません。

ナナちゃんが無事でありますように。
帰ってきてくれますように。
                         
                                  
        

綾小路きみまろさんの笑撃ライブを見てきました(昨日ですが)

category - 日記
2017/ 10/ 07
                 
昨日、私の住む市のホールで、綾小路きみまろさんの笑撃ライブがありました。
友人に誘われて、チケットを取っていただき、送迎までしていただいて見てきました。

前から8列目の真ん中といういい席で、きみまろさんを見られて楽しかったです。
あれから40年!のセリフも間近で聞けました。

きみまろさん、休憩なしで、1時間10分の間、ノンストップでしゃべりづめ。
中高年のアイドルだけあって、席は1階2階とも満席だったようですよ。
撮影禁止なので、画像がなくてごめんなさい。

ライブは2時からだったので、ランチに行きました。
鰻が大好きな友人で、鰻屋さんへ行きました。










私たちは早めに行ったのですぐに好きな席に座れました。
しかしあっという間に満席になりました。



うな重はランチには高いよねと上うな丼を注文しました。
ふっくらとした鰻で、美味しかったです。
美味しいね~、今度来た時はうな重にしようか?!と友人。(笑)



これはうな重の後に食べたのではありません。
ライブが終わってから、お茶でもと入ったカフェのケーキがとっても美味しそうだったので。
ランチ時間には車がいっぱい止まっている人気のカフェですが、
平日(金曜)の午後4時くらいだったためか空いていました。
いい雰囲気のカフェが空いていて、美味しいケーキとお茶とおしゃべりがあって。
女子には最高の条件が揃ってましたね~。(笑)
                         
                                  
        

ナナちゃんはごきげんななめ

category - 日記
2017/ 10/ 06
                 
私の名前はナナ。三毛猫です。

先日、名誉の負傷を負い、こんな姿になりました。
私は戦わないという意思を示して怪我したわけだから、
私にとっては、これは恥ずかしい怪我じゃないのだけど、
ママにはその美学がわからないのよね。




ママは「お尻に怪我したってことは、逃げ切れなかったのね。
ナナちゃん、足が遅かったか。」なんて言うの。

戦う気持ちのない私を追いかけて引っ掻いてきた野蛮な猫がいるのは、
そりゃ、仕方のないことだと思うわ。
猫にもいろんなのがいるもの。
でもね、喧嘩っ早くて、足が速いのが、猫にとっての値打ちなの?
私はね、そのママの価値観が気に入らないわ。




スマホを向けて、「いいお顔して」って、冗談じゃない。
ママって時々理解不能よ。

私たち猫属は、名誉の負傷を負ったら、舐めて治してきたの。
私のひいひいひいおばあさんよりずっと前の世代から、そうしてきたの。
なのに、「舐めたら大変だから、ごめんね」って、こんな変なものつけるなんて。



ご飯の時にだけとってくれるけど、食後に体をきれいに舐めようとすると、すぐに装着させられる。
毛づくろいできないだけじゃないの。
前に進むとき、なんかぶつかるのよねぇ。

ベッドに連れてこられたから、ふて寝するわ。
ママがして欲しい「いいお顔」なんて絶対にしてあげない。



寝る時も、不自由なのよね、これ。
ママも一回つけてみればいいんだわ。
そうしたら私の気持ちがわかるわよ。



ママの方なんか、向いてあげない。

                         
                                  
        

ナナちゃんの怪我

category - 日記
2017/ 10/ 03
                 
外に出て、家に帰ってきたナナちゃん。
みるとお尻のあたりに血が出ていて、怪我している様子です。
びっくりして獣医さんに走りました。
夜8時までやっている獣医さんで、家を出たのは夜7時。

1㎝ほどの切り傷があり、ナナちゃんは毛をそられて、局所麻酔の末、2針縫いました。
痛々しいナナちゃんでした。

エリザベスカラーをはめるのは初めてなので、嫌がって怒って、
何とか外そうとあがいていましたが、諦めて落ち着きました。

傷口が治るまで、家に軟禁状態になります。
ナナちゃん、怒るだろうけど、仕方ありません。
                         
                                  
        

一時帰宅は無事終了

category - 日記
2017/ 10/ 01
                 
シュウトメちゃんの一時帰宅は無事終了しました。
私も年を取ったもので、本当に疲れてしまって、滞在中はブログも書く気が起きず・・・(爆)
気候的には一番いい時期でしたね。
4週間後の次回の帰宅時は、寒がりのシュウトメちゃんのこと、もう寒い寒いの連発かも。

今回も、朝夕は冷えたので、寒いと言いました。
長袖にニットのベストを着せて、ちょっと横になる時も、ベストは脱がないと言い、
その服装の上に毛布、薄い羽毛布団、念のために用意したもこもこの羽毛布団、
その全てをかけて、更に暖房を入れてというのです。
毎度のことなんですけど、一応熱を測り、なかったので、言い聞かせました。

私に半そで1枚でちょうどいい気温で、この部屋は寒くないんだよ、
そんなに温めて汗をかくと、却って風邪をひくからね、って。

長い間、リフォームを拒否してきたシュウトメちゃんの部屋は、隙間風が吹く寒い部屋で、
エアコンも拒否していたので、冬はよくこんな部屋でいられるなという感じでした。
冬場にはもこもこに厚着をして毛糸の帽子も欠かせなかったので、
リフォームして機密性が高まった今も、昔の思い込みは消えないみたいです。
年を取ると、寒暖の感じ方が狂うのもあるでしょうけど。

今回のシュウトメちゃんの困ったことは3点だけでした。
まずはその寒いという思い込み。
2点目は、施設から帰る日に、認知症状のある入所者の方と
少しひと悶着ありまして、職員さんが味方してくれなかった恨みがあったようで、
その不満がくすぶっていたこと。
3点目は、帰りたくない気持ちから、心臓が苦しくなったこと。
以前、大学病院で「薬を出すとしたら精神安定剤ですが、
他にもたくさん薬を飲んでいるのでその投薬は控えたい」と言われたことがありますし、
その後も、何度か病院に駆け込んだことがありますが、同じ結果でした。

3つとも、よくある普通のことなので、なだめるこちらも安心してなだめることができて、
シュウトメちゃんはほぼご機嫌で3日間過ごして、施設へ戻って行きました。

2日目の土曜日、ケアマネさんが来てくださった際に、2点目の不満を訴えたシュウトメちゃん。
ケアマネさんは、いつもシュウトメちゃんに、一人の人間としごまかさずに応対をします。
だから2人の会話は人生論みたいです。
時間をかけて話しかけてくださいます。

ケアマネさんは熱い人なので、どこでもこんな風にやっていらっしゃるのだと思います。
立派だと感じるとともに、プラス家事と義理母さんとの同居生活、ご自分のご両親のこともあるわけで、
いろいろ詳しくなってしまった今は、ケアマネさんがどれほど疲れているかと想像してしまいます。

シュウトメちゃんは愚痴が言いたい人で、自宅で過ごしていた時はもちろん、
どんな施設へ行っても、いつも不満を訴えずにはいられないのです。
もっともっと大事にして欲しい、現状はとんでもない、納得できない、という気持ちが、
シュウトメちゃんの中では、何十年も続いています。

そういうシュウトメちゃんに毎月根気よく付き合ってくださるケアマネさんを見ていると、
忙しいでしょうから適当にあしらってくださって大丈夫ですよ、
担当している方は、40人くらいいらっしゃるんじゃないですか?身が持ちませんよ、とか、
シュウトメちゃんも、いつまでそんな風に甘ったれてるつもりなの?とか、
もちろん、そんな余計なことは言わないけれど、言いたくなってしまったりして。
(ケアマネさんは毎月、担当の介護保険利用者を訪問して様子を確認し、
毎月の介護計画を説明して、印鑑を書類に押してもらう必要があるんです。)

そうやってケアマネさんに時間をかけて話を聞いていただくと、
シュウトメちゃんの大事にされている感はアップして、精神衛生上いいんだろうな、
そう思ってこんなに時間をかけてくださっているんだろうなと思いつつ、
ケアマネさんのお帰りの際にはつい、過労じゃないですか?ご自愛くださいね、と
気になって、口から出てしまうお節介な私でありました。

とにかく今回の帰宅も無事終了!
次の一時帰宅まで、4週間、楽させていただきます。
施設の職員さん、シュウトメちゃんがワガママですみません。
皆さんのおかげで、うちの家族が楽させていただいています。