FC2ブログ
2017/07/10

2017年07月10日

        

昨夜のナナちゃんの日記

category - 日記
2017/ 07/ 10
                 

私はナナ。三毛猫です。
koala家に一匹だけ買われている猫、だったはず。
でも、母屋には違う猫が入ってきたの。

小さな、片目のない、白い猫で尻尾と耳が茶色いの。
ううん、別に片目がなくたって仕方ない。
それに、色は何でもいい。私はそう言うのにこだわらないの。
でも私はね、私だけがこの家の猫で、大事にされているっていうのが気に入ってるの。
何回か「面会」したけど、私は毅然として「こんなのはイヤです!」という気持を表明してきたわ。

最近「面会」がないから、安心してたのに、
昨日、寝室で寝ようとしたら、部屋の片隅にこんなあやしいものがで~んと・・・




タオルとダンボールで覆ってあるけど、中から猫の声が聞こえるのよ。
こんな馬鹿々々しい隠し方ってある?

中にいるのはあの猫に決まってる。超お転婆のあの白い子猫。
声が一緒だもの。
私、猫だから、猫語がわかるって、パパもママも気が付かないのかしら?
「ここ、どこなの?出して~。遊んで~。」って言ってたわ。

中から、動く音も聞こえるし、時々、トイレを使った後の猫砂を掻く音もするし、
ご飯を食べてる音までするの。

あの子、「小雪ちゃん」って名前だっけ・・・?
私がイヤだって言ったのに、寝室に連れてきたなんて、パパもママもひどい。
まあ、私があっちの住む所へ連れて行かれるよりましだけど。

私はパパとママと一緒にベッドの上で、あの子はあの怪しい箱の中。
多少はプライドが許すところもあるけど…でもやっぱり腹は立つ!

でもベッドの上は好きだし、あの子はベッドに上がれないんだからと思って、
我慢してベッドに丸くなったわ。
ママが「ナナちゃん、ごめんねぇ、でも仕方ないよね。仲良くしてね。」と私を撫でるの。

むしゃくしゃして眠れないので、お外に行くわ!と玄関まで行ったけど、
ママは「もう遅いから、ベッドで寝てね。今日はゲージの中の小雪ちゃんと一緒ね。」と言うの。
玄関から私を抱っこしてベッドにのせて、撫でてご機嫌取りしてきたから、
ママに猫パンチを食らわせてやったわ。
ママは「え?私にパンチするの?」と言って驚いてたけど。
だって、あの子を勝手に連れてきたのはママじゃないの。猫パンチは当然でしょ。



ここからはkoalaが書きます。
これは昨夜、小雪ちゃんを入れたゲージの中。
そんなに使わないだろうと想像して買ったので、小さいの。
とりあえず、小雪ちゃんに、夜をここで過ごしてもらうようにしようかなと思ってます。

早朝、ナナちゃんが朝パトに出かけてしばらくした後で、小雪ちゃんは母屋に戻しました。
6時くらいだったかな。
ショックを受けている感じはなく、元気でした。
いつも一人の時間が長い小雪ちゃんなので、適応できるのかも。

ナナちゃんと仲良しになったらいいなぁと思います。

ナナちゃんが家出という心配もあるのですけど、
とりあえず、今は、私の車の下にいます。
仕方ないなと受け入れてくれる日がそのうち来るでしょう。

私の職場の人の飼い猫ちゃんは、先住猫ちゃんの方が、
いつまでも精神的ダメージが続いていて、
同居になってから1年経った今も、仲良しにはなれていないそうです。
身体を舐めすぎて、剥げちゃってるそうで、その辺は注意して見ていこうと思います。
            
スポンサーサイト