FC2ブログ
2017/07/05

2017年07月05日

        

小雪ちゃんは超おてんば猫

category - 日記
2017/ 07/ 05
                 
小雪ちゃんはまた風邪を引きまして、抗生物質を飲んで治療中。
そろそろワクチンをうちに行こうと思ったら、クシャミしだして5日目で、
もう風邪症状は治まっているので、抗生物質も昨日で終わりにしようかな~。
先生はお薬を、一応一週間分出してくれまして、
5日目くらいで収まったらやめてもいいよとおっしゃっていたので。

今回は、クシャミ+鼻水だったんですよ。
猫の鼻水、初めて見ました。
風邪ひきやすい子なのかな。お母さんの初乳、あんまり飲んでないとしたら、
ワクチンは早めがいいのだけど、まだ病み上がりなのかな。
元気はものすごくあって、走りまわり、飛び回っていまして、
風邪なんだから静かにしていて欲しいんですが・・・人間の子どもと一緒ですね。



キャットタワーの下を駆け抜ける小雪ちゃんを撮ろうとしても後姿しか・・・



抱っこしてキャットタワーにのせて、すぐ撮ろうと思ったんですが、すぐ降りてきちゃう。
どこにいるかわかりますか?下に尻尾だけ写っています。
キャットタワー自体は好きで、ご飯ですよ~と土間を開けると、
よく上の場所で寝ころんでいるんですが、人間が入ってくると、遊んで欲しいものだから、
キャットタワーには見向きもしなくなるんですよ。



ご飯タイム。でも、3秒くらいしか食べないの。またすぐに遊んで、
少し経つと少し食べての繰り返しみたい。
1日4回あげていますが、まだカリカリだけだと食べないのです。
総合離乳食のウエットタイプのエサと離乳食とカリカリを混ぜています。
すぐに食べない小雪ちゃんの食べ方、真夏には心配なので、
心を鬼にして、カリカリしか与えないようにすべきか迷うんですが、
今は風邪が治ったところですし・・
新聞紙を敷く?と思われるでしょうが、土間なので下はコンクリート。
こうやって新聞紙を交換していくのが一番楽で衛生的かなと。



小雪ちゃんの活動範囲は、誰も見ていない時は土間だけで、
人が見ていられるときは、横のキッチンと、その横の部屋を開け放しています。
キッチンの作業テーブルの隅っこで遊んでいるところです。



私のスリッパに激突してくる小雪ちゃん。
ホントに激突してくるんですよ。
長いパンツを履いていたら、よじ登ってくるのでしょうが、残念でした~。

ナナちゃんと会わせるには、ナナちゃんのテリトリーの中に、猫ゲージを入れて、
時々そこに小雪ちゃんを入れて、ガージを布で隠すというのを繰り返すといいよと
猫に詳しいネット友、ふっちいさんが教えてくれました。
そうか~と言うので、場所はここにして・・などと考えていたら、
小雪ちゃんがクシャミ連発して、鼻水出して。
で、面会はずっとお預け状態でした。

そうでなくても、小雪ちゃんのお転婆っぷりを見るにつけ、
大人しいビビリ猫であるナナちゃんとの違いに、
一家で、これは難しいかも?という気持ちになっております。
赤ちゃんの時に保護して、それ以来、私が育てているので、
猫の常識というものも全く身に着けていないだろうし。

ナナちゃんは、何度かの面会で、すっかり小雪にビビっておりまして、
この子と一緒にいたくない、一緒にいるのはイヤ、という意思表示を強く示し、
ものすごく私たちに甘えるようになりまして、驚くほどなんです。
寝る時は、私と一緒に寝てくださいとお誘いに来ます。
私やオットが一緒に横たわって、撫でてもらって寝たいんです。
今までは、暑い時期には寄り付かなかったのに。
「小雪効果」と家で呼んでいるこの現象。

もう少し待って、ワクチンをうってから、ご面会タイムをとろうかと思いますが、
14日にはシュウトメちゃんのご帰宅だし、21日には1泊で広島旅行だし・・・
でもぐずぐずしてると、どんどん日は経って行くだけ。
長期戦必至なんですから、腰を据えて面会スタートしないとね~。
            
スポンサーサイト