FC2ブログ

2017年05月27日

        

今日はシュウトメちゃんの眼科受診の日

category - 日記
2017/ 05/ 27
                 
結核性胸膜炎の治療期間は、大病院で受診していまして、
眼科もそちらで診察していただいていました。
治療期間は9ヵ月でした。

治療が終わりましたので、内科も眼科も皮膚科も、
元の医療機関に戻ってくださいというわけで、
とても久しぶりの近くの眼科の受診です。

前に受診した時には、シュウトメちゃんは、つかまり立ちは出来たんだと
思い出すとしんみりしますが、本人もきっとそうなんだろうなと思います。
でも、受け容れるしかない事実で、検査などで困るかも?という気もします。

とりあえず、大病院の眼科でも、目の状態に異状はなくて、
その時頂いた投薬のひとつ、目の軟膏がなくなりそうなので、受診します。
もしも車椅子のままだと検査できないということになったら、
とりあえず軟膏の処方だけしていただいて、大病院に戻していただくかもしれませんが、
それは行ってみないとわかりません。電話で確認もしていません。
多分、大丈夫なんじゃないかと楽天的な気分でいます。

私のブログをたまたま読んで、家族が立てなくなったら、病院は大変なんだ!と
心配なさる方がおいでだといけませんので書きますが、
介護タクシーというものがありますから大丈夫です。

予約制になりますが、車椅子に乗ったまま利用できるタクシーです。
自宅(施設)から医療機関という通院も、医療機関から医療機関という転院でも利用できます。

介護者は運んでくれないので、別の車で行くのですが、
車椅子から降ろさなくていいので楽ですし、車椅子の本人がしっかりしていて介護不要なら、
介護者が付き添う必要もないと思います。
このへんは気持ちの問題。
タクシーなのでお金はそこそこかかります。
ケアマネさんに相談すれば、良さそうな介護タクシーをいくつか紹介してくれます。

koala夫婦が自分たちでシュウトメちゃんの通院をこなしているのは、
だから半分趣味と思った方がいいのかもしれないな~と、
今ブログを書いていて思いました。
少し大変でも、やれる間はそれをやっといた方が後味がよろしい。

だから、通院に限らず、介護で困ったことが起きた時、
全部自分たちで背負わないと!と思わないでくださいね。
いろんな手があります。とりあえずケアマネさんや他の介護してる人など、
いろんな人に聞けばいいかも。
ご迷惑では・・という思考は捨てましょう。
だって、人は迷惑をかけながらしか生きて行けない存在で、お互い様ですもん。

では行ってきます~。

            
スポンサーサイト