FC2ブログ
2017/05/11

2017年05月11日

        

赤ちゃん猫を土間にうつしました  左目はもうダメでした

category - 日記
2017/ 05/ 11
                 
赤ちゃん猫の左目は濁ったままで、心配ですが、
膿で目が明かなくなることは減りました。
ぬるま湯で顔を拭くことは欠かせませんが。

追記 
ブログを書いた後獣医さんに行きましたが、左目はもうつぶれていて、
多分保護した時に既にダメだったのだろうとのことでした。
右目はこのまま改善しそうで、完全失明は避けられそうです。

離れの家で、ナナちゃんと子猫を完全に隔離するのは大変で、
子猫を母屋の土間に移しました。
よりによって、移すために赤ちゃん猫を運んで玄関から出る所に、
お散歩から帰ってきたナナちゃんが。

タイミング悪すぎです。
ナナちゃんはとても不審がっているように見えました。
帰ってきたはずなのに、さっと踵を返して、外に駈け出すナナちゃん。

これはナナちゃんを追いかけるタイミングでしょう。
でも、手にはダンボールとその中で鳴いている子猫。

子猫を土間に移し、ダンボールは今まで使っていたのと同じなので、
ごめん、ちょっと待っててと子猫を置いてナナちゃんを呼びに。

「ナナちゃん~」と呼んでも、こういう時は必ず知らんぷりなんです。
拗ねているのよ、という自己表現かと思います。
でも、私の見える所に座っての知らんぷりだったので、
そおっと近づいて、「ナナちゃん♪」と抱っこしてそのまま屋内に。

好物のおやつ、ちゅーるをあげて、撫でて、ブラッシングして、
「あの子の病気が治ったら、ナナちゃんに紹介するからねぇ」と言い聞かせ(自己満足だけ)
きっとずっと泣いていたに違いない子猫の元へ。




顔を拭いて、目薬をして、抗生物質を飲んで、ミルクを飲んで。




下に敷いてある毛布がこれ以上ないほどレトロでしょう?
古毛布は、先日、木の剪定ゴミが大量に出た時も重宝しましたが、
いろいろ使い道があるので、いくつもあるんですが、
やたら古いのもあるんです。絶対に昭和の品でしょうという雰囲気。(どうでもいい話)

作業のため、膝をついていたら、足首に乗ってきた子猫ちゃん。
難しい姿勢で撮影しました。(笑)

沢山ミルクを飲んでくれないのですが、それなりに飲んでくれて、
薬の効果と、温めているのもよかったのか、元気が出てきました。
あのまま保護されずに外にいたら、死んでたかも。
エアコンの室外機の下という、わかりやすい場所で鳴いていてよかったね。

子猫ちゃんとしばらく過ごした後は、Tシャツを着替えてナナちゃんとまったり。
ナナちゃんを抱っこしてベッドに運んで、撫でて、一緒に寝ました。
寝不足な所へ、土間の大掃除したので、疲れて本当に寝ちゃいました。

ナナちゃん、何となくおかしい今の状況に、傷つかないでね。



今日は、ヨガ教室に参加する予定で、休みが取ってあったのですが、
ヨガどころではなくて残念。
残念とか言っている場合じゃないのですけどね。

今度の土曜日はシュウトメちゃんの病院診察の日で、
次の週末には、一時帰宅で帰ってきます。
その時はごちゃごちゃするだろうなと覚悟はしています。

            
スポンサーサイト