FC2ブログ

2017年04月22日

        

昨日の私を真似しないで 介護用にトイレには手袋を

category - 日記
2017/ 04/ 22
                 
便は細菌の宝庫。それはそうです。当たり前のことでした。
コメントを頂いて、自分の迂闊さにひえっ!と思いました。

昨日は、何度も手をソープで洗いまくりました。
私の手は朝になったら朝ごはんを作る手だよ、と思いながら洗っていました。
その後、寝る時はクリームで保湿を心がけたのですが、
手がガサガサヒリヒリして、失敗だったなぁと思っていたところに、
便を素手で触るのは危険というコメントを読ませていただいて、
ガサガサヒリヒリどころのことではなかったと反省しました。

もしも手に傷があったら、ばい菌がそこから入る。
これだって当たり前のことでした。
何でそんなことに気が付かないのですか、koalaさん・・・(爆)

シュウトメちゃんの帰宅にあたって、使い捨て手袋を準備していなかったこと自体、
けっこうアホと言えることだったと気が付きました。
今までこういう事態が起きなかったことがたまたまラッキーだっただけのこと、
いつ起きたって不思議じゃないという思いは、ずっと頭の片隅にあったのに。

子供が小さい頃、オムツに大が出てしまうと、
おしりふきで拭いていました。
つかまり立ちができるようになった後は、お風呂でつかまり立ちさせて、
石鹸で洗い流したりしていたっけ。

その記憶があって、同じようにシュウトメちゃんの、ウ〇チだらけのお尻を、
仕方ない!と素手で洗いました。
介護中の方が読んだかも…絶対に真似しないでくださいね。

ぴったり手にフィットする使い捨て手袋を1箱買って、トイレに置いておきましょう。


今日は午前中にケアマネさん、午後からは上の義姉と姪に会えて、
シュウトメちゃんは嬉しそうでした。

姪のおなかは大きいんです。出産予定は6月初め。
シュウトメちゃんにとって6人目のひ孫ちゃんが入っています。
楽しみができましたねぇ、シュウトメちゃん。

義姉と姪が帰ってしまったら、淋しくなったのか、
何度も私を呼び出したシュウトメちゃんでした。
ご飯を作っているからね、と言ってあったのですが、そんな風に繰り返し呼び出して、
どうしたの?と聞くと、何でもないと答えるシュウトメちゃん。(苦笑)

ホントは淋しくなっちゃったからそばにいてほしかったんでしょう。
長女が少し相手をしてくれていましたが、じゃあねと長女が部屋を出るとまた淋しくなるのでしょう。
オットは用事で1時間ほど抜け出して不在、長男は仕事で、私はご飯作り。
うまくいきませんねぇ。

もうぐっすり眠ってくれたので、私も寝ようと思います。
実際、クタクタになります。年を感じます。
明日の朝、シュウトメちゃんを施設に送っていきます。


            
スポンサーサイト



            
                                  
        

シュウトメちゃんは今日から帰宅

category - 日記
2017/ 04/ 22
                 
書いてる途中で日付が変わってしまったので、昨日(金曜)から帰宅が正しいです。

金曜の夜、オットが1時間ほど出かける用事があったので、
その前にシュウトメちゃんのトイレタイム~とトイレに連れて行きました。

シュウトメちゃんをオットが支え、私がズボンと紙パンツを下げます。
前回の帰宅日には、下げた途端におしっこが出て大騒ぎしたので、
今回もあり得るかもと、多少の覚悟をして、紙パンツを下げました。
下げる途中ですぐわかったのですが、ウ〇チが既に出ていまして、
オシッコもしてる途中で、しっかり手に掛かりました。

しかし、おしっこが手に掛かったどころではありません。
ウ〇チまみれになっているシュウトメちゃんですが、
自分では立てないので、立った状態でお尻を拭いてあげることができません。
とりあえず紙パンツを下げて、そのまま便器に座らせるしかありません。

お尻拭き用の大判サイズのウエットティッシュがあります。
トイレットペーパーよりも拭き取りやすいと思います。
ただ、シュウトメちゃんが自分で拭きとれるとは思えません。
私が拭きましたが、とにかく広がっちゃっていて、汚れた面積が広く、
お尻全体から太ももの後ろ側までべっちょりです。

こういう作業をする日も来ると腹はくくっていたので、
思っていたほど動揺しないで作業できてよかったです。

でも、ウオッシュレットを使って洗おうと思ったら、出した途端、熱い!と騒ぎます。
慌てて一旦お湯を止めて温度を下げ、もう一度お湯を出して手で洗おうとしたら
また熱い!と騒ぎます。私が手を突っ込んでいるので、お湯の温度はわかります。
「おばあちゃん、私は手にお湯が当たっているからわかるけど、すごくぬるいよ。
洗わないとお尻がかぶれちゃうから、お湯が嫌かもしれないけど、少し我慢して。」
でもやっぱり「熱い!」と騒ぐので、ウオッシュレットで洗うのは断念しました。

お湯を洗面器に入れて、トイレに持って行きました。
後で思ったけど、こういう時はペットボトルにお湯を入れるといいのよね。
母の介護の時、やったことがあったのだけど、とっさに思い出せませんでした。

我が家は、マジックソープを薄めて、泡になる容器に移してありますが、
それを持ってきて、お尻を洗い、洗面器から手でお湯をすくって流しました。
何度も繰り返してお湯で流さないと、やはりかぶれるかもしれません。

シュウトメちゃんは嫌がりましたが、「あとでかぶれちゃうから洗わせてね」とお願いして、
「熱い!」というのには「私が手でお湯をすくっているけど、すごくぬるいからね。
お湯でお尻が濡れるのが気持ち悪いんだよね。ちょっと我慢してね」と言い聞かせて、
なんとかお尻はきれいになりました。
手でお湯をすくったので、便器の下が結構お湯で濡れ、雑巾で拭きました。
次回はペットボトルを用意しておこうと思いました。

シュウトメちゃん、いつウ〇チが出たのかわかりませんが、
出そうだからトイレに行きたいと訴えることもありませんでした。
お尻全体に広がって気持ち悪い感触があったら、
お尻が気持ち悪いと言うでしょうがそれもなかったです。
お尻を洗い流しているときに、もう出ないからやめてくれと言いましたが、
もう出ないことと洗う必要性とは別問題というのも理解できていなかったです。

けっこうボケが進んでしまったのかもしれません。
まあそういうことは心配したって仕方ないので考えませんが。

気持よさそうに寝ています。
睡眠薬で寝ているので、多分このまま朝まで寝てくれるのではと思いますが、
あんまり安心していてもいけないのかも。

素手でウ〇チをいっぱい触る羽目になると、やはり後で丁寧に洗っても、
爪の間に多少残るんでしょうか、においはなかなか完全に取れない感じでした。(涙)
でも素手でないと、お尻の洗い残しがわからないので、きれいに洗えない気がします。
爪をギリギリまで深爪にして切りました。

これからこういうことが増えるのでしょう。
なるようになっていくってことです。

明日は午前中にケアマネさん、午後には上の義姉と姪が来てくれます。
シュウトメちゃんの脳みそが少し活性化するかも。