FC2ブログ
2017/01/31
2017/01/22
2017/01/18

2017年01月

        

ナナちゃん

category - 日記
2017/ 01/ 31
                 







テレビから猫の声が聞こえてハッとしたナナちゃん。
画面の猫から目が離せません。

癒されるわ、ナナちゃん。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

長く自分の足で歩くための運動

category - 日記
2017/ 01/ 31
                 
昨日のブログには、車で出勤しますと書きましたが、
外に出てみたらもう雨は完全に上がっていて、
天気予報もそのまま晴れるとあったので、自転車で出勤しました。
今日はばっちり晴れましたので、迷いなく自転車です。

自分の足で出来るだけ最後まで歩いていたい、と思います。
足腰の筋肉はとても大事なのですが、なかなか運動を毎日は難しく、
通勤に自転車で往復30分というのがいい運動になります。

自転車では鍛えにくいのが内転筋と呼ばれる筋肉で、
この筋肉は、立った姿勢を保つためにも、歩くとき足がきちんと上がるためにも
大事な筋肉と言われていますが、なかなか自然には鍛えられません。

我が家では今、ヨガマットが敷きっぱなしになっていまして、
気が向いたときに、ここで内転筋を鍛えるストレッチなどをするようにしております。
ホントに朝晩各5分ほどしかやらないのが、我ながら残念ですが。
もっとマメなら、ヨガマットを出しっぱなしなどしなくていいのです。
自分の性格がわかってきたので、出しっぱなしに。
出てないと、出してまで朝晩やれません。

うちにはヨガマットなんてないから真似できないわ~という方があったら、
普通に床の上でも大丈夫、おすもうさんが試合の前にスクワットみたいな姿勢をしますよね?
普通のスクワットより足幅を広くして、足も外側に向けた、あのポーズです。
あれはそんきょというのですが、あの姿勢を取るだけでも充分、内転筋は鍛えられます。

後はお布団の上に寝転んで、足だけ上に伸ばして、
ぐっと開脚すると、太ももの内側の筋肉を使いますよね。
開脚したり、内側に閉めたりと足を動かしても、内転筋のいい運動になります。

言うは易し。
自宅での運動って、なかなか継続が難しいです。
今日のブログは自分に言い聞かせるような感じもあるかな~?(笑)

ぜひ皆様、ご一緒に・・・

                         
                                  
        

介護とお金の話を少々

category - 日記
2017/ 01/ 30
                 
昨日、シュウトメちゃんは無事に施設にご帰還。
シュウトメちゃんが2泊3日になっている間に、別の利用者さんが、
2泊3日できます。そういうのがあるときとないときがあります。
そういう利用があれば、施設側は忙しいけれど、無駄なく利用料が入ります。

ショートステイ専門施設ですが、長期も可能で、
シュウトメちゃんの場合は4週間入所、2泊3日帰宅としていただいています。

4週間入所など長期入所の場合と、2泊3日入所の場合、
長期の入所料は割安になります。施設側としては、利益が減ります。
ただ、ごく短期の入所が途切れなく部屋を使うというようには、
上手く入所希望が途絶えないように予約が入るというのも難しいので、
長期の入所者も、ある程度いないと経営上は難しいのかなと思います。

現在の4週間入所で2泊3日帰宅というペースは、シュウトメちゃんにとっても、
我が家にとってもいいペースなのですが、施設側にとっても、
そこそこいいペースではないかなと勝手に思っています。
やはり老人ホームではないので、全然帰宅できませんとなれば、
置いていただくのは難しいと思います。

今の施設は、シュウトメちゃんが立てないにもかかわらず2人がかりで
トイレの排尿便に協力してくださるし、完全個室です。
看護婦さんも24時間いて、介護スタッフさんは夜中の見回りも毎時間してくださるし、
小規模で、ボスみたいな入所者さんも今のところ見当たらなくて、
人間関係でシュウトメちゃんが対立したとの話も皆無です。
前の施設より重度の方ばかりなので、全体的に元気がない方が多いからとも言えますが、
穏やかに老いていくにはいい施設だと感じています。

家族側から特にありがたいのは、お任せパックなるものの存在です。
この施設自体は小規模なのですが、大きなグループに属しています。
着替え一式(パジャマ、肌着、靴下)を全部用意してくださる有料システムがあるんです。
レンタル代は1日400円で洗濯代込みです。
私が洗濯するのは、病院に行ったり帰宅する時の私服と三角巾だけ。

以前の施設ではたくさんの洗濯物を運びましたし、
尿汚染した服や、食べ物をこぼしてしみになった服も多かったです。
ここは汚れたらさっと替えてくださるだけで、家族の洗濯は不要です。
みんなお揃いなので、誰々の服は高級そうだとかいうセリフも聞かれなくなりました。
もちろん個人の自由なので、私服がいい人は私服で過ごしておいでです。

老人ホーム(特別養護老人ホーム)の申し込みはずっと以前にしてあります。
今の施設で、一時帰宅が難しいほどの状況になれば、優先順序をあげていただけると思いますが、
このあたりでは、400人待ちの世界ですが、もっと待ち人数が多い地区も多いらしいです。

特別養護老人ホームは公的な施設なので利用料が安いです。
加えて、最初の入居金が不要で、経済的に有難い施設です。
このあたりだと、月7~8万くらいが目安らしいです。
ただ、そのため入所希望者が多くて待ち期間が長く、古い施設も多く、
お金があったら、有料老人ホームの方がいいと思います。

高級なところは、初期費用・月額共にすごいですが、設備と対応もすごいです。
そんなに高くないところなら、月15万~18万位であるようですので、
介護用品レンタルを足して20万くらいで探せるのでは。
お値段は、地区によって全然違うと思います。
ただ有料老人ホームには、入所時の一時金というものが多くの場合出ます。
出ないところも増えているようですので、今後また増えるかも。
この入所時一時金、金額は実にさまざまで、数十万円から何千万まで。(爆)

シュウトメちゃんは、貯金というものを残していませんでした。
生活費を1円ももらってきていないので、それなりの老後の貯えはあるのではと
淡い期待はあったのですが、本人は、孫たちのために使ったと言います。
自分の老後のお金は長男夫婦が出せばいいと思っていたの?と言いたくなりますが、
多分、ずっと家で暮らせるだろう、嫁が介護するだろうと楽観していたのだと思います。
生命保険も解約したそうで、お葬式代は当然長男夫婦が出せばいいと思ったのね。(苦笑)

年金の範囲を大きく超えるような施設に入所というのはさせてあげられません。
例えば叔母のいる有料老人ホームに入ったら、面倒を見る点では楽ですが、
年金では足りない分(毎月10万円ほど)、シュウトメちゃんのために払い続けなくてはいけません。
私たちの老後のお金を出したら、私たちの老後に子供たちが困ることになります。
お金の面からも、今の状況が続いたら一番有難いと思います。
あまりボケたら、介護の協力姿勢が本人に取れなくなるので、帰宅が困難になりそう。

例えばシュウトメちゃんは、錠剤の薬が服用不可になっていまして、
全部、粉にしていただいています。それを飲ませるにしても、
一度にたくさん飲めませんので、何度も同じ動作を繰り返してもらいます。
「お薬を飲みますよ。あ~んして、上を向いて」と言ったら、その通りにしてもらわないと。
適量の粉薬を含んだら、コップの白湯を持たせて「一口だけ飲んでね」と言います。
シュウトメちゃんはとてもむせやすいので、2口続いて飲み物を飲むと、
むせて薬とお湯を吐き出してしまいます。
1口だけ白湯を飲んだら、コップは必ずシュウトメちゃんの手から返してもらう、
シュウトメちゃんが薬と共にごっくんと飲み込んだのを見届けてから、
また適量の粉薬を口に入れて、1口だけ白湯を飲んで、コップを受け取って・・・
というのを繰り返さないと、薬が服用できません。
(今月は今までにも増して、むせやすかったので、服薬ゼリーを使っていいか、
次回の診察時に先生に聞くつもりです)
この薬の服用一つとってみても、ボケちゃったら無理でしょう?という感じ。

アルツハイマーなどの病気でボケてしまうのは、家族の努力でもどうしようもないですが、
今のところ、環境の変化に脳がついていけなくて、誤作動している感じなので、
何とか乗り切れないものかと思っています。

明日は我が身。(爆)
自分やオットが施設のお世話になると決まったわけではないのですけど、可能性は考えないとね。
後は、健康に暮らせるように、今から努力しておかないと、と思っています。
血管が切れないように、というのと、筋肉をつけておかないと、というのが2大課題かな~。
もちろん世の中、何が起きるかわからないのですけど、
それなりの努力はしておいた上で、後は成り行きお任せするしかないかなと思います。

何だかとりとめのないブログになりました。長いだけの・・・

書きながら、お年寄りは大事にされ(虐待などの問題施設も多いようですが)
そこでお世話してくださる若い方たちの待遇が悪いなんて、あまりにもおかしい、
世の中が間違っている・・・という複雑な思いに揺れてしまいました。
介護職が高給になれば、離職なんてなくなるよね?
嫌らしいいい方だけど、高給になると世間も介護職の方を尊敬する様になるでしょう。

官僚の天下りをなくして、天下り先にもなっている独立行政法人をつぶして、
エリート様が吸ってきた甘い汁を絶って、介護職のお給料に回して欲しいわ!
あ、また長くなりそうなので、この辺で終わります。

今日は雨降り。
車で出勤します。

                         
                                  
        

シュウトメちゃんの帰宅

category - 日記
2017/ 01/ 28
                 
シュウトメちゃん自宅2泊目は、無事に過ぎつつあります。
今はちょっと眠そうで、ベッドで寝ころんでテレビを眺めていたのを、
もうテレビ消して、灯りも小さくして欲しいと言われてそうしてきたところ。

4週間入所で2泊3日の帰宅。
今後も出来るだけ長く、このペースで過ごさせてあげたいなと思います。
認知症の方は、一時の混乱がずいぶん改善してきたので、
ややまだらボケ傾向はあるものの、大きな不都合はありません。

初日の寝る前に「晩御飯を食べていない」と言い出しました。
オットはギョッとして、結構動揺していましたが、肉親の情というものでしょう。
私もきたっ?!とは思いましたけど、平気な顔をしてシュウトメちゃんに聞きました。

「忘れちゃったかな?しっかり食べたんだよ。全部食べてたよ。
だからいいウンチが出たしね。ウンチしたのは覚えてる?」
シュウトメちゃん、覚えていると言いました。

「さっき、入れ歯を外したよね?もう寝るだけだから、ポリデントに浸けちゃったの。
晩御飯も食べたし、お薬も飲んだし、入れ歯も外しちゃったから、
今日はもう食べなくても大丈夫だよね?」

もしかしてお腹が空いていたら可哀想なんですが、
夕食はちゃんと食べたし、量的にも問題なかったので、そう言いましたら、
「そうか、食べたかな。入れ歯もさっき外したな。」と納得してくれて、
ベッドに横になってくれました。

その2時間後くらいには眠ってくれて、その後も朝まで寝てくれました。
夜中に何度か見に行きましたし、朝も早く目が覚めてしまって、
ワタクシは寝不足ではありますが、明日までの帰宅なので、何とか大丈夫。

以前は夜に何度もトイレに行きたがって眠れないことが多く、
夜中も様子がおかしくて、とても目が離せずに同じ部屋でベッドを並べて、
へとへとになってシュウトメちゃんと夜を過ごしていました。
でも、トイレに連れて行ってもらえるという安心感は偉大なのでしょう、
逆に、夜中の尿は全部紙パンツの中にしても目が覚めないシュウトメちゃん。

他にう~ん、と思ったのは入れ歯。今朝の朝食を食べさせる前の話。
ポリデントに1晩浸けた入れ歯を洗って渡すと、シュウトメちゃんは自分ではめられます。

上下各1個の入れ歯を使っています。
入れ歯をなかなか入れられない様子だったので見てみると、
向きが逆で入れていました。前歯を奥にして。
それは入らないわ~と思って、向きを直してあげました。

それでも入らないので、どうしてかな?と思ってよく見ると、
なんとシュウトメちゃん、先に下の入れ歯をはめて、
その下の入れ歯の上に、上の入れ歯を押し当てて奮闘していたのでした。
「おばあちゃん、それは上の入れ歯だから上に入れようか」と言うと、
私の言うことが理解できて、ちゃんと上に入れ歯を装着できたのでした。

こういうのって、ボケちゃうと、自分では装着できなくなるんですよね?
はめてあげるときに噛まれそうで怖いけど、そういうことはないのかな?
自分で入れ歯をはめられるって大事なことだ~と思いました。
今はそれがまだできていて有難いです。

そういう細かい一つ一つのことを、当たり前と思ったらいけないですね。
トイレだって、こちらの言うことが理解できて、協力的だから、
何とか2人がかりでやれば、平和なトイレタイムが過ごせます。

諸行無常が世の常ですから、この状態がずっと続きますようになんて祈れません。
シュウトメちゃんの状況が仮に一緒でも、こちらの状況が変わるかもしれませんし。
今日が平穏に過ぎたことを静かに感謝したいと思います。


                         
                                  
        

風邪ではなかったみたい

category - 日記
2017/ 01/ 27
                 
水曜日にひどく疲れたワタクシですが、更年期だったのか?
実は、シュウトメちゃん帰宅間際だと思うストレスだったのかも?

長いことずっと一緒に暮らしてきて、大変な日々を送ってきて、
今は4週間施設にお世話になって、帰宅は2泊3日のみ。
昨年夏から秋にかけては、入院、意識不明、退院、新施設に入所という激動の中、
シュウトメちゃんは頭が混乱して、ボケを心配する日々を送りましたが、
有難いことにアルツハイマーなどではなかったようで快方に向かい、
今はすごく楽をしております。こんな日が来るとは知らなかった❕と思っています。
加えて、シュウトメちゃん、強烈な便秘も改善して来て、いいことばかりなんですが、
そんな風に楽になったのが日常になりつつあり、
たった2泊3日がストレスに感じられた、というのが真相かもしれません。

夜はぐっすり寝まして、翌日(昨日です)にはスッキリしておりました。

この2泊3日を乗り切れば、2月4日には友人と日帰り温泉に行って、
2月10日には2泊3日の長崎旅行が待っています。
目の前に人参をぶら下げた馬のような今のワタクシでありました。
ホント、目の前の人参って、有効なんですよ~。(笑)

予習にと思って、永井隆さんの「長崎の鐘」を読んでいろんなことを考えさせられ、
そこそこ知ってはいたことですが、改めて衝撃を受けて、
3回読み直して、それでもここでご紹介のブログが書けるほどは、
自分の中で感想が整理されていないという感じです。

トランプ大統領の話す姿が毎日テレビで映されていますが、
アメリカのお金さえ守られれば、後はどうだっていいんだというような
下品な脅しや同意見の国民に向けた鼓舞のスピーチを聞くとうんざりします。

長崎に行こうと思ったのは、こういう気持ちからではありませんでした。
ランタンフェスティバルというのがあることを知って、
楽しそうだと思ったのであって、全くの浮かれた観光気分でした。
遠藤周作文学館と永井隆記念館にも行ってみたいと思ってから、
私の中で事態は急展開(おおげさ!)したのでした。

目の前の人参を思って2泊3日を乗り切るって、
そんな風に思われているなんてシュウトメちゃんは想像もしていないだろうなぁ・・・


                         
                                  
        

シュウトメちゃんの診察日でした

category - 日記
2017/ 01/ 25
                 
今日はシュウトメちゃんの病院診察の日でした。
いつも通り、血液検査とレントゲンの後に診察を受けるだけですが、
何だか今日はとても疲れてしまいました。
9時ですでに何だか体がだるだるです。

シュウトメちゃんは、極度の便秘が快方に向かい、
追加してきた下剤が必要なくなりましたので、
1種類、今日からなしにしていただきました。

とはいえ、普通の下剤は飲んでいるんですけど。
2種類下剤を飲んで、食前に腸の働きをよくする漢方薬を飲み、
週に2回は浣腸をしてきたことを思うと、
浣腸が不要になり、2種類の下剤が1種類になったことは快挙です。

あの便秘はきっと、おむつの中で大をしなくてはいけないことへの
拒絶感から来ていたんでしょうね。
2人がかりでトイレで用を足すようにしてから、
摘便さえ必要だった極度の便秘が快方に向かってきたのでした。

今度の金~日はシュウトメちゃんの帰宅日です。
シュウトメちゃんのいない、楽な毎日に慣れてしまって、
たまに介護するとどっと疲れるようになってしまったのかしら。
それとも風邪のひきはじめ?

今日は早めに寝ようと思います。
                         
                                  
        

やはり少し胸が痛む

category - 日記
2017/ 01/ 23
                 
昨日、職場のレジで仕事しているときに、小さなお子さんの声が響きました。
上機嫌で興奮して大きな声を出しているんですが、
呆れたことにお母さまが、子供の上機嫌が嬉しくて、
更にそれを煽っているので、お子さんの興奮はヒートアップしているのでした。

公園だったら微笑ましい光景になると思いますが、
ここはお買い物をするお客様でにぎわう店内。
若いお母さまの目には、可愛い我が子しか映っていないのでしょう。

あまりに長く続くようなら、店員がお声掛けするかもしれませんが、
こういうのはたいてい短時間なので、スルーです。
今回も、少しの間の大声で、次第にお子様の興奮は収まりました。
ただ、小さな子の興奮した大声って、キンキンと高く、よく響くから長く感じますね。

「イマドキの若い人は!」なんていう気はさらさらありません。
たいていのイマドキの若い方はこんなに非常識ではありませんし、
非常識なおじさま、おばさま、おじいさま、おばあさまもお目にかかります。
非常識と年齢はあまり関係なさそうです。

私だって、自分で気が付かないだけで、どこかで、
あの人、あんな非常識なことをして・・・とひんしゅくを買っているかもしれません。
(ホント、怖いですよ、そう考えると。この怖さは否定される怖さなんでしょうか。
それによって自分が自分を否定する怖さなんでしょうか。
この点は、まだまだ自己分析が必要な項目と思っています。)

理想的には、こういう時に、周囲の人が、全く意地悪な気持ちもなく、
「お店の中で大騒ぎするとご迷惑になりますよ。
お買物をさっと済ませて、公園で遊ぶのはいかがですか?」なんて声をかけて、
お母様の方も、(嫌なことを言われちゃったわ)なんていう気持は全く抱かず、
「気が付かないでごめんなさい。教えてくださってありがとう。」と答えて、
双方がにこやかで、それが普通の光景・・・という社会があったらと憧れます。

馬鹿みたいだと思われるでしょうが、これを書いていて実感しました。
私はそういう社会に自分が思っているよりもっと憧れているみたいです。
あり得ないとわかっているけれど、そうでない傾向が強すぎではないかと思っています。

あの人はここがダメ、あそこがダメ、という話で満ちていて、
パワハラやセクハラ、マタハラなんていうものまである社会は、
人が生き生きと生きて行こうという活力を奪いますよね。

例えば、有名人に不祥事があると、ものすごい上から目線で責めたてる、
その意地悪な上から目線が、自分で思っていた以上に、嫌なんだと感じました。

そういう意地悪な批判がなくなって、温かい気持ちの話合いに変わったら、
どんなに暮らしやすい世界になるのだろうと思うのです。
夢想に過ぎないってわかっていますけど。

私自身にしたって、店内で子供を騒がせるお母様を見て、
否定的な気持が湧かなかったわけじゃありません。

でも、多分、このお母さまは、こういう場所で大騒ぎしちゃいけないと
親にも、他の大人にも、友人にも教えられないで大きくなって、
自分で気が付けばいいのだけど、そのままお母さんになっちゃったんだと思います。
他のことでもあちこちでこういう行動をとってしまって、
非常識だって、眉をひそめられてしまっているのかもしれません。
そう思うと、やはり少し胸が痛むのでした。

こういうところで大騒ぎしちゃいけないのよ。
子どもの頃、そんな風にちゃんと教えられるのが当たり前と思うけれど、
当たり前の躾がなかった子だって、きっといっぱいいるんだと思います。
子供の頃に習えなかったことは、大人になってからでも習えばいいんだよ、
人は何歳からでも習えるよね、っていう柔らかな感じの、
そんな社会がいいなぁと、ないものねだりをしたひとときでした。

難しいですよね。
もし私が注意なんかしても、「はぁ?!」なんて返されたら逆効果です。
(実際にはレジ抜け出して注意に行くなんてありえませんし、
レジでなかったとしても、もめごとつくるような事で出来ませんが。)
このお母さまが、出来たら早いうちに、こういうところで子供を騒がせちゃいけない、
それが社会のルールだと、気が付きますようにと祈るだけです。

                         
                                  
        

昨日はまったり、今日は仕事(きっと忙しい・・・)

category - 日記
2017/ 01/ 22
                 
昨日はシュウトメちゃんの施設にオットと行ってきました。
最近ネタ切れになりつつある、2Lに伸ばした昔の写真を持って行きました。
毎週持って行くので、シュウトメちゃんも楽しみにしてくれているみたいです。
子どもたちが小学生だったころ、一緒に夜桜へ行った時の写真とか、
雪だるまが玄関にある写真が嬉しかった様子。

その後はランチして日帰り温泉に行きました。
温泉近くの鶏料理屋さんで、私はチキン南蛮セットを、
オットは焼き鳥重セットを頼みました。

私の思ってたチキン南蛮は胸肉でしたが、ここはもも肉でありました。
焼き鳥が美味しいお店なので、これ頼む人は少なくて、
から揚げとチキン南蛮は、仕込みが同じものなんでしょうね。



いつもは温泉に長居するのですが、昨日は夕方6時に出て、
家に帰って夕食を作りました。
6時には、入り口は、駐車場待ちの車の列が続いていました。
昼間に入ると、列などなくて入れるんですけど、
お風呂ですからね、夕方から夜に混みますよね。



ナナちゃんに、猫動画を見せたら、最初は猫のいる場所に手を出して、
触ろうとする動作をしました。
当然ですが、何もないので、ナナちゃん、納得いかない様子。
写真撮っちゃおうと思い、スマホを持ってきたときには、
ナナちゃんは、パソコンの下に手を入れたり、裏側を覗いたりしてしました。

今画像で見ると、ナナちゃん、背中の毛が少し逆立ってる?
ごめんね、怖かったのかな?怖い映像ではなかったんですけど、
猫が見えるのに、声も聞こえるのに、触っても何もないって、
ナナちゃんにしてみたら、少し怖かったのかも。

今日はお天気も良く、風も穏やかで、自転車で出勤するにはいい日です。
ある程度寒いのは仕方ないですもんね。

皆様もいい一日をお過ごしくださいね。
                         
                                  
        

来月、長崎に行きます

category - 日記
2017/ 01/ 20
                 
来月は、オットと2泊3日で長崎に行きます。
どこかへ行こう、とオットに言われて、探したところ、
ランタンフェスティバルという催しがよさげなので、長崎に決定。

長崎は2回目で、愛知からは遠いので、1回目は飛行機で行きました。
今回は予算の都合で新幹線メインの陸路で行きます。
飛行機の1泊2日と、陸路の2泊3日がほぼ同価格。
どっちがいいか聞いたら、任せると言われたので、
う~~~ん!と頭をひねりながら陸路を選択しました。

ランタンフェスティバルは初日に楽しむ予定です。
長崎は「長崎さるく」という観光ガイドがあるようで、
ランタンさるくの申し込みをしました。
ランタンフェスティバルの時期限定のさるくです。
3コースありまして、私が選んだのは、唐人屋敷会場の
4つのお堂を巡るコースです。

その後の2日間は、どうしようかというので、あれこれ検索して、
2日目は、隠れキリシタンの説明を聞きつつ、遠藤周作文学館にも寄る
現地のバスツアーを見つけたので、申し込みました。

3日目は、1回目の訪問の時に避けてしまった原爆関連の場所を周ろうかと。
1回目は子供連れで来まして、ハウステンボスがメインで、宿泊もハウステンボス内、
帰る日に長崎市観光もという旅行でした。

永井隆さんの「長崎の鐘」を買って読みました。
戦争はむごい。核兵器はむごい。
テレビを騒がせているトランプ新大統領が核のボタンを握っていると思うと恐ろしい。

もう行かなくちゃ!
今日は雨が降る様なので、車で仕事に行きます。
雪でなくて助かります。




                         
                                  
        

今日は仕事は休みです  エクササイズと読書とナナちゃんと

category - 日記
2017/ 01/ 18
                 
今日はグラビティエクササイズの日で、仕事は休み。
このところ、月2回のこのクラスと、やはり月2回のヨガのクラスのある日は、
職場が人手不足で大変でない限り、お休みいただいちゃってます。
ギリギリの人数で回していない職場なので有難いです。

元々103万以下の扶養範囲内での勤務なので、
そこそこ休まないと超えてしまいますので、週の真ん中と土曜日に休んでいます。
グラビティエクササイズは水曜で、ヨガは木曜なのでちょうどいいです。

その他、シュウトメちゃんや叔母の通院日、シュウトメちゃんの帰宅期間、
旅行や友人とのランチなどでお休みを入れると、
年100万くらいで扶養範囲に余裕で収まり、ちょうどいいです。
午後のパートさんは平均年齢が高くて、こんな感じの人が多いので、
肩身が狭くなくて、働く場には本当に恵まれていると思います。

さて、今日は少し筋肉痛が出るかな~という感じでエクササイズを終えました。
大体、平日の10時からのクラスに通える人というのは、
若い人は少なくて(爆)、定年で仕事してません、という人が大半です。
たまに若いママさんもいらっしゃいますが、
平均年齢を多少は下げてくれ、教室を明るくしてくれていいですよね。(笑)

先生の指導も、腰痛の人はこの運動、家でもしてね~とか、
この筋肉が落ちてくると転びやすいからしっかり意識して!とか、
年齢帯に合った素晴らしい言葉(!)を放ちつつ、トレーニングしてくれます。



さて、この画像、な~んだ。(笑)

エクササイズに出かける前、猫パトに出かけていたナナちゃんを呼びますが、
全然帰ってこないので、そのまま出かけました。
10時から11時半までのエクササイズを終え、友人夫婦のおうどんやさんでランチ、
帰宅してナナちゃんを呼ぶと、すぐに帰ってきました。

読みたい本があったので、ベッドの中でぬくぬくして読もうと思い、
そういう時はナナちゃんに横にいて欲しいわ♪と思って見渡すと・・・いない?
ナナちゃん~と呼んでも返事はなく…というか、あの子、自分の用事がないときは、
飼い主に呼ばれても一切返事はしない子なんです。(涙)
諦めて、ベッドに行き、足を毛布で温めて本を読みだしたら、何だか後ろに気配が。



ナナちゃん!思わず声が出ましたよ。
南側にある窓で、お天気が良かったので、ここは温かい場所です。
道に面しているので、曇りガラスにしてあって、外は見えないですが、
それでも外に近い場所という感じもあるのでしょうね。

ナナちゃんはこの後、ベッドに降りてきて、
しかし、私の横にするんと入ってくれることはなくて、
最近お気に入りの、毛布の上をふみふみして、空いている空間に寝転びました。



横に来てほしいのに、こんなに遠くに!

毛布の下は羽根布団ですので、身体が沈んで、より暖かく、
ものすごく寒い日でなければ、これで充分ぬくぬくなんでしょう。
フクちゃんは私の腕枕が好きだったんですけどね、残念。
しかし、腕枕は、本を読みながらでは無理なので、
ナナちゃんを足元に感じながら本を読めてちょうどいいと考えたほうがいいかな。
ポジティブシンキングかしら~。(笑)



お布団の中に入ってきてよ~という私の願いに知らんぷりして丸くなるナナちゃんでありました。