FC2ブログ

2016年12月27日

        

老人ホームを選ぶコツって何でしょう・・・

category - 日記
2016/ 12/ 27
                 
叔母が気になって、朝、老人ホームに電話したところ、
まだ病院には行っていませんというお返事でした。

金曜の午後、勤務中の私の携帯に電話があり、
叔母が足首の痛みを訴えていて、皮膚が赤い、と聞いていました。
かかりつけの病院の皮膚科は、金曜と火曜午後のみ。
電話があったのは金曜の午後だったけど、祝日だから診察はなし。

叔母は元看護婦長さんだったのに、医者は嫌いで、
我慢強いから、医者に行きたいと言ったとしたら、結構な痛みがあるはず。

「ごめんなさい、仕事で行けません。お金がかかっても大丈夫なので、
そちらで対処していただくことは出来ますか?
かかりつけの病院の皮膚科診療は、火曜と金曜の午後しかやっていません。
そちらの近くでも、車椅子で入れる皮膚科があると先日伺ったんですが。」
お金は必要品の買い物を施設に頼んであるので、預けてあります。
3万円まで預かってくれるのです。今の残高がわかりませんが、
足りなければ、お金を持って行く時間はあります。

金曜の電話で、近くの皮膚科に連れていけるというお返事をいただいていました。
あれから4日経つけれど、まだ診察が受けられないというのは、
人手不足で行けないのに、対処しますと言っちゃったんだろうか?!
それとも、介護タクシーの予約がいっぱいで取れなかったとか?
叔母は立つことは出来るので、普通のタクシーで車椅子をトランクに積んでいただいても
行けるので、それが理由なら、出来たらそうして欲しいのだけど・・・?

人手がなくて行けないのだったらそう言ってくれれば、
無理すれば土曜の午前に行けたし、
例えば今日だって、私がその近くの皮膚科で、
早朝から順番を取れば、仕事に間に合う時間に診察が終わのに。
でも、連れて行けないからデイサービスに送り出しちゃったよね、きっと。

ドキドキして、お忙しくて難しいんでしょうか・・・?と伺うと、
今日はデイサービスなので、明日行くつもりです、とおっしゃる。
デイサービスが優先だったからということでしたか。
叔母はデイサービスは好きじゃないので、診察優先でよかったし、
昨日連れて行ってくれたのではと思ってたけど、4日間放置。
人手の問題なんだろうか。
痛みが少し引いて、大したことじゃなくなったのかな。

でも、年末年始、病院がやっていないことを思うと、
少しでも早く診察に連れて行ってあげたかったと思いました。
薬が合わなくて効かない可能性もあるじゃないですか。
診察最終かその前日か、という日じゃなくて、余裕が欲しいけど、
お願いしますと言った以上、お任せするしかないです。

電話口で、「かかりつけの病院でないほうがいいような話を伺いましたが、
どうなんでしょう?」と聞かれました。
どうもこの施設への電話は、正確に伝わらない確率が高すぎて不安。

「かかりつけの病院の皮膚科は、火曜と金曜の午後だけなんです。
今年は今日の午後で最終ですから、あそこはもう年内は無理です。
どこでも構いませんので、やっているところに連れて行ってあげてください。」

皮膚科の診察時間のことだけでも、何度繰り返したことか。
元々、巻き爪で通いだしてから何回も言っているし、今回の足首の赤みと痛みの件でも、
先週の金曜、土曜、そして今日と3回言ってる~。(涙)

人の話、聞いてますか?しっかりしてください!とズバッと言いたいところだけれど、
叔母は世話の焼ける人だし、優しくしていただきたいしで、言葉を飲み込んでますが。

この施設を選んで入れたのは私。
静かな環境で、少人数で、のんびりした雰囲気で、部屋も広くてきれい。
ただ、あまりにもこういうことが多いのは不安。

そういえば、2か月に1度の糖尿病の診察に行く際に
例えば2か月分の血圧票のコピーとか、痛み止めの薬の残量を見て、
今回もらってきてほしい痛み止めの量を書いたメモとか、
毎回必要なものは決まっているのですが、全部揃うことはめったにないんです。
新しく入った看護婦さんの担当の場合はまず無理。

「お薬手帳もいただけますか?」とか「痛み止め、どのくらい必要ですか?」とか、
こちらから不足しているものを催促しないと全部揃いません。
必要なもの一覧表をメモに書いて渡そうか?と思ったこともありましたが、
何年も経って、今更渡すのは嫌味だよね?と思い直して、
毎回、「○○をくださいね」とお願いしているんですが、内心呆れています。
高齢の看護婦さんで、きっと安いお給料で働いてくれるんでしょう。
経営者がケチなんだと思いますが、この人も本当に看護婦さんしてた人なんだろうか?

しかし、こういうことは入所してみないとわかりませんよね。
多分、とてもぜいたくな愚痴なんだと思います。
虐待とか、そういう空気は皆無で、皆さん穏やかに過ごしています。

地区によっては、老人ホームが絶対的に不足していて、
年金で入れるところならどこでも入りたいという人も多いはず。
高齢化社会で、老人ホームなんて、明日は我が身なんですけど、
出来たら自分のことを自分で出来る生活をして、ころっと逝きたいなぁ・・・。
            
スポンサーサイト