FC2ブログ

2016年12月14日

        

私は空気のような妻?

category - 日記
2016/ 12/ 14
                 
大掃除は亀の歩みで進んでおります。

オットに軽く「手伝ってね~」と言っておいたら、
形から入るオットのことで想定外だったのは私の読みのなさですが、
ケルヒャーの掃除道具がジャパネットタカタから届きました。(爆)

そういえばそういう人であったよ。
運動しましょうといったら、スポーツウエアショップに行くとか、
いろんな過去の記憶がよみがえった一瞬でありました。

なんでそんなものに2万以上も・・・とか、
家にある拭き掃除用のウエットペーパーで拭いてくれたら充分だから・・・・とか、
そんな事を言ったらあきまへん~。
折角(形からだけでも)湧いたやる気をそぐだけだし、もう注文して届いちゃったし。

「こんなのがあるんだ~!私は機械に弱いからよろしくねぇ」と言っときました。
オットは機嫌よく、説明書を読んでおりました。(笑)

よく、年を取ると夫婦は空気のような存在になるとか言いますが、
忍耐力が付くから、摩擦が起きにくくなってるだけでは?なんて思った瞬間でもありました。
50歳を過ぎて容姿も衰え切った、おまけに見慣れ過ぎたおばちゃんですから、
どこにもトキメク要素がなく、空気になりやすいんですけどね。
失礼しちゃうわねぇ。(↑自分で書いてて、なんて失敬なオット!と思ってしまったわ)
でもまあ、きっとお互い様で、向うも別の何かを、我慢してるかもしれませんね。

自分の意見を感情的にならずに素直に言うことと、
大したことじゃないとか、大目に見てあげたほうがいいと思うことは黙っていること、
そのバランスが大事かな~なんて思いました。
何でも言えばいいってことじゃないし、我慢すればいいってことじゃないし。

うちのオットの場合はね、多分、あまり妻に興味がないんだと思うんです。
いるのが当たり前で、不満はあっても?そこそこ尽くされて当たり前で。
それは当たり前じゃないっていうのがわかってないな~。(笑)

不満って程ではないのですけど、妻と人生を楽しんでいるのだという自覚が
もう少し芽生えたほうが上等な気がするわ~というお節介なココロが湧き、
一緒に何かする計画を立てたりする鬱陶しいかもしれない妻、koalaなのでありました。
私の願いをかなえてやってるんだとオットが思うなら思えばよろしい。
もしかして私が先に死んだり弱ったりした時に、何もしてやってない、
苦労ばかりかけて…なんて思うより、そっちの方がオットが幸せそうじゃないですか?

掃除の話を書こうと思ったのに、こんな話になっておりました。

しかし、タイトルは図々しかったかもしれません。
空気にしては、いろいろ面倒な妻に違いない(笑)
            
スポンサーサイト