FC2ブログ

2016年11月30日

        

出来たら、お互いに、幸せな感謝の気持ちの方向に影響を与え合えますように、

category - 日記
2016/ 11/ 30
                 
今朝はシュウトメちゃんのケアマネさんに会いました。
いつお会いしても元気な笑顔の方ですが、お仕事は相当ハードな雰囲気。
私よりも5~6歳若い方ですが、失礼ながらそろそろ更年期の入り口に。

じっとしていられなくて奔走してしまうタイプの人は、
結果的には、重い責任とたくさんの仕事を背負うことになるのではと
老婆心ながら、気になっています。

介護の仕事って、結構ブラックが多いように見えるし、
もしかしたら転職が視野に入っているのかも?と感じるところがあったので、
「50歳って節目ですよね。私の時は、半世紀生きちゃった!と
結構な感慨がありましたよ。ご自分をお大事に」と
余計なお世話発言をポロリとしちゃいました。
「節目ですよね!本当にそれは思います!」とおっしゃっていました。

シュウトメちゃんの状態がゆるい坂道を下るように悪くなっていった時期、
このケアマネさんで本当に良かったと感謝しています。
ケアマネさん、幸せでいてね・・・。

午後からはシュウトメちゃんの結核性胸膜炎の診察があります。
オットは半休で会社から施設に直行、私は施設で待機、
私の車を施設に置かせていただいて、病院に行く予定です。

夜は私は職場の忘年会があります。
車で行くので、お酒は飲みません。
11月最後の日は、バタバタして過ぎていきそうです。(笑)

袖振り合うも他生の縁と言いますが、今日一日を想像しても、
いろいろ縁のあった方たちと接触します。

家族に生まれるとか、結婚するとか、親友になるとか、そういう濃い縁もあれば、
例えば、病院でシュウトメちゃんの採血をしてくれる看護婦さんなど、
淡い、ほとんど影響のなさそうな縁もあります。
でも、淡そうに見えても、実は重大な影響を受ける縁を持った相手かも知れません。
長い目で見て、どんな影響を与え合う結果になるのかというのは、
人生が終わってみないとわからなかったりして。

出来たら(←これ、重要)、お互いに、幸せな感謝の気持ちの方向に影響を与え合えますように、
せめて大切だと思う相手に関してだけでも、そのようでいられますようにと祈りました。

もしも、良かれと思っての言動が、いい結果を出さなかったときでも、
原点は相手の幸せを祈る気持ちだった、という基本に戻ることが出来たら、
結果を受け入れることがしやすいんじゃないかと思いました。

シュウトメちゃんとのご縁の場合は特に(笑)、自分を大事に、がメインかな~。
幸福感というのは大きなパワーになるので、
とりあえず、自分が幸せになるのが第一で、
このくらいならシュウトメちゃんのために頑張れるわ~という範囲で
機嫌よく介護するのがベストかと。

まあそのくらいの気持ちで、シュウトメちゃんの病院付き添いをやってきます~。
皆様もいい一日をお過ごしください。



            
スポンサーサイト