FC2ブログ

2016年09月03日

        

ひっきりなしにコールボタンを押し続けたシュウトメちゃん・・・

category - 日記
2016/ 09/ 03
                 
昨日、ブログを書いた後、シュウトメちゃんの施設に行きました。
シュウトメちゃんの様子は普通でした。

もちろんね、ボケていないわけではありません。
私は毎日、クイズを持って行くのですが、クイズと呼べるレベルではありません。
例えば、野菜をいくつも印刷して、「これはなあに?」と聞くんです。
「玉ねぎ」は即答できるけど、「じゃがいも」に首をひねる、という感じです。

昨日は食べ物イラストと昔のマンガのイラストを持参しました。
パワーポイントで、無料の画像をコピーして集めて印刷したものです。

「おにぎり」はわかるけれど、「かき氷」が出てこないシュウトメちゃん。
「ラーメン」のイラストを見て「なると」というので、
「そうそう。なるとが乗ってる麺、なんだっけ?」と言っても思いだせません。
「ラーメンだよ。食べたことあるよね、昔。」
「ああ。食べたことがあったね。」とシュウトメちゃんは答えます。

そこで、次のマンガのイラストを見せると、巨人の星も、ひみつのアッコちゃんもわかりません。
6つのイラストのうち、「どらえもん」だけわかりました。
でも、「どらえもん」のイラストに描かれている「しずかちゃん」を見て、
「これは、ええと・・・ワカメちゃんだな」と言いました。
「残念、これはしずかちゃんです。ワカメちゃんはサザエさんに出てくるんだよね」
そう言うと、頭が混乱したみたいでした。

そのあとで、ラーメンやかき氷のイラストを再び見せましたが、
2つとも覚えていませんでした。
やり方を考えないと、自信喪失しちゃいますね。



しかし、問題は、こんなボケではありません。
帰り際に「koalaさん、ちょっとお話が・・・」と事務所の相談員さんがおっしゃったのです。
この「ちょっとお話が・・・」はいいお話だったためしはありません。

「昨日、1時間くらいしか眠れなかったようなんですが・・・」という言葉で始まりましたが、
私、愕然としちゃいました。

夜中の1時から5時まで、ずっと、5分から10分おきに、
シュウトメちゃんはコールボタンを押し続けたそうなんです。
私が会いに行っても、特に変な様子はなく、眠れなかったとも言わず、
眠そうですらなかったシュウトメちゃんですが。

施設のベッドには、ナースコールと同じ、コールボタンがあるのです。
用件は、トイレに行きたいとか、あそこが痛い、ここが痛い、という訴えのほか、
呼んだ理由がよくわからないこともあったそうです。
5分から10分おきにコールなんて・・・。

シュウトメちゃんは2階にいるのですが、
夜間、2階の泊まりのスタッフは1人だけなんです。
本当に申し訳ないことでした。

シュウトメちゃんはハルシオンという睡眠導入剤を飲んで眠ります。
ずっと飲み続けているもので、量は少ないです。
眠りそこねたら、ぐっすりとは眠れないという可能性はあるのですが、
以前の施設では、個室ではなかったので、「同室の人のいびきがうるさくて眠れない」と
シュウトメちゃんが訴えた時も、スタッフさんが見回っていると、
それなりにちゃんと(自分もいびきをかいて)眠っています、とのご報告をいただいていました。
今回は、本当に眠れなかったというわけです。

施設側も、シュウトメちゃんが夜中にこんな風になったのは初めてで、
様子を見ますねとおっしゃってくださいましたが、
次の内科受診の時に、下剤の件ともども、相談しなくては。

シュウトメちゃんは、もともと淋しがりで「かまってちゃん」で、自己中な性格なので、
すぐにコールボタンを押してしまう性格ではありました。
そして、自分で我慢するということが少なく、いちいち訴えないと気が済まない人でした。

しかし、夜中から夜明けにかけての1時から5時の間、絶え間なく
コールボタンを押すとは、あまりに常道を逸しています。
次に押す、5~10分に、前回コールボタンを押した記憶も
飛んでしまっているのかもしれません。

今日はオットも行くというので、オットを待ってからシュウトメちゃんの所へ行きます。
オットは用事があって出かけていて、もしかしたらその後、会社に寄るそうです。

シュウトメちゃんに関して、心配しても仕方ないと割り切っています。
それでも充分ショッキングな出来事でした。
こんなことが続くと、出て行ってくださいって言われるかも。



今日は、気分転換に、オットと星空を見に、隣の市まで(爆)行く予定です。
気分転換は大事だと思っています。長期戦なので。

シュウトメちゃんの、結核菌の治療が終わる予定は、順調にいって来年の4月。
それまで、シュウトメちゃんの脳みそは、ほぼ正常に機能してくれるんだろうか。
その答えは、誰も知らない・・・!(苦笑)

どのような現実が目の前に現れてくるのか、誰にもわからないので、
今、現実に目の前に起きてきた出来事に、真摯に向き合うだけ。
それにしても・・・疲れます。


            
スポンサーサイト