FC2ブログ
2016/05/02

2016年05月02日

        

室生寺はシャクナゲの寺

category - 日記
2016/ 05/ 02
                 
GWバスツアーの最後のお寺は室生寺でした。
女人高野とも呼ばれているお寺です。
高野山は、明治5年まで女人禁制だったのに対し、
女性の参拝が許されていたのでした。

昔の女の人が、ここまで来てどうしても参拝したいことって、
どんなことだったのでしょうね。
辛いことがいっぱいあったんだろうと想像できます。




立派な仁王門は、焼失後、昭和に再建されたもので、左右の仁王像も昭和のものだそうです。
中の金堂や弥勒堂では、歴史ある仏像が見られます。
(撮影不可なので画像はありません。)






シャクナゲは、満開の時期を過ぎて、数が減っているとのことですが、充分きれいでした。
もっと花の数が多いと、それは華やかなことでしょうね。



シャクナゲってこんなお花です。



下の画像は、確か金堂の裏にひっそりと咲いていたシャクナゲ。
寺内にたくさんの木があります。



五重の塔は杉の木に囲まれています。
小さくて、形も可愛らしい塔でした。




こんな紫の花も、所々に咲いていてきれいでした。







このお花の名前は?と思ったら、札がありました。
花蘇芳と書いて「はなずおう」と読むお花のようです。








五重の塔の先は、山道になっていまして、奥の院に続きます。
ガイドさんによると、片道1時間くらいかかるかもということでした。
室生寺の自由時間は80分。

でも多分、片道1時間というのは大げさなんだろうと思い、
無理そうなら引き返せばいいから行こうかとオットに言うと、
オットにはそういう発想はなかったみたいで、
急いで行って、すぐ帰ってくるならやめようよとのことでした。

まあ、ここでのんびりしているのも悪くないので、やめましたが、
健脚の友人と一緒だったら、絶対に行ってたと思う。(笑)
同じツアーの人たちも、何人かは進んで行ってました。




森林浴も出来ますよ。気持ちいいです。






長谷寺もそうでしたが、室生寺も階段が多いです。
室生寺の階段の方が大変だと思います。



こんなひなびた景色も素敵ですね。



こちらは民家の塀に芝桜が這わせてありましたがとてもきれいでした。

室生寺の太鼓橋近くに、旅館で食事が取れるお店があり、
そうめんなどもあるようでしたので、時間があったら、
こういうところでゆっくりと、にゅうめんなどいただいて、まったりしたかったです。
奈良と言えば、三輪素麺じゃないのかなと思いました。
川のせせらぎを聞きながら、昔からあるお店で、おそうめんをいただく贅沢。
でもバスツアーというのは、楽な分、そういう自由はないのでありました。

その後、バスは帰路に向かいます。
帰着予定午後7時のところ、途中で渋滞がわかっていた高速を降り、
再度やや渋滞の所で拘束に戻り、ちゃんと7時5分に着いたのはすごい!

日帰りバスツアー記にお付き合いいただき、ありがとうございました。
英気を養ったので?(笑)今日から3日間、笑顔で働けます~。
今日は午後パートさんが半分以上お休みしますから、激務必至。

5月5日は私はお休みをいただいています。
9日にシュウトメちゃんが帰ってくるので、8日からお休みを頂いて、
施設に戻る16日まで9連休をいただいています。
GWにあまり頑張って働いちゃうと、介護パワーが出ないわと自分を甘やかしました。

GWとシュウトメちゃんご帰還を乗り切れば、今月の半分は終わります。

皆様はどのようなGWをお過ごしですか?
楽しい毎日でありますように。







            
スポンサーサイト