FC2ブログ

2016年02月05日

        

叔母のテレビ問題

category - 日記
2016/ 02/ 05
                 
昨日も今日もお天気が良く、自転車通勤日和です。

夕方6時までの仕事なので、帰りは少々寒いですが、
鉄板の防寒(爆)してますので、それほどでも~。
通勤で運動も出来て、ありがたいことです。

明日は仕事休みで・・・実は叔母のテレビを買いに行きます。
施設長さんから話がありまして。

叔母は部屋にテレビを置くのが嫌いな人で、
老人ホームに入る前の自宅にも、一時的に入所した老健でも、
テレビはいらない、狭くなると言って、置かない主義の人でした。
老人ホームも同様で、買ってこようというと、いらない、と言い切りました。

では、テレビは見ないのか、嫌いなのかと言えば、そうではなくて、
自宅にいるとき、テレビが見たければ、自宅は私の両親の敷地内でしたので、
私の実家に行って、テレビを見ていました。
老健でも、今の老人ホームでも、居間的空間がありまして、
そこにテレビはあるので、叔母的には問題はないのでした。

ところが、この間の火曜日に施設に行った時に、施設の方からお話がありました。
2時間ドラマとか、1時間の時代劇とか、そんなのが好きなのですが、
途中で、他の番組が始まるからそれを見たいという入居者さんがいた時に、
施設では多数決で、チャンネル権を決めるみたいなんですね。
ところが叔母は、そういう時にチャンネル権が取れないと、諦めが悪いらしい。

「お気持ちはわかるんですよ。ずっとドラマを見てきて、さあ、今から謎解きというときに、
テレビのチャンネルを替えられるって、それは、嫌ですよねぇ。
でも、こちらとしても、多数決で決めるしかないんですよ。」

おっしゃる通りです。
そしてチャンネルを替えられてしまった叔母が、悪態をつく姿も想像できます。
部屋にテレビを置けばいいんです。
邪魔だからなんていう理由は、ホント、自己中です。
ここの施設の部屋はとても広々としているので、今どきのテレビは薄型だし、
テレビ台を新しく置くと邪魔かもしれませんけど、
タンスのひとつの上を片付けてそこに置けば、問題ないと思います。

問題なのは、叔母に事前に相談すれば、いらないということが予想されること。
だって、もし、部屋にテレビがあれば、続きを見られるから買ってきてほしいと思えば、
叔母は、私に買ってきてと言うに違いなんです。

テレビを買ってきてもらえないか、と私に言ったのは、施設長さんでした。
わざわざ施設長さんが、koalaさん、ちょっとお話が・・・と叔母が食事中で
そこにいない時に、私にテレビの話をしてくださいました。
私も、この話は叔母がいない方がいいと思い、叔母の部屋に行き、
どこに置きますか?サイズはどのくらいがいいでしょう?なんて相談して、
叔母に内緒でテレビを買って持ってきてしまう、という話が成立しました。
プレゼントではなくて、お金は叔母の貯金から、後日、いただいておきます。

帰りには、いつものように、叔母とハイタッチしました。
これは恒例行事になっております。(笑)

そんな私を追いかけてきたスタッフさんがいらっしゃいまして、
「あの・・・もうひとつ・・・ひざ掛けなんですが」
叔母はひざ掛けを2枚持っていますが、1枚は昨年私が買ってきたもの。
アクリルの安物です。施設の洗濯機で、じゃぶじゃぶ洗えるものがいいと思って。
叔母はそれがとてもお気に入りで、洗わせてくれないというんです。
もう1枚のひざ掛けは、全然使わないとか。
ライナスの毛布かいっ?!そんなタイプじゃないでしょ、叔母さん?!

その日、病院に行きましたが、別にひざ掛けはもって行かなかったので、
それ程執着しているようには見えないんですけどね・
でも、施設では、その人の洗濯日が決まっていて、その日に、
「ひざ掛けも洗いましょうね」というと、叔母は拒否するとか。
「それで、ああいう感じのひざ掛けを買ってきていただけないかと・・・」とスタッフさん。
ふわっふわの触感の安物のアクリルのひざ掛けね。了解です。

昔はこういう話を聞くたびに、叔母はまたわがまま言って、
周囲の人を困らせて・・・ワガママすぎる、自己中すぎると感じ、
自分も何だか身が縮こまる思いがしましたが、
年を取って図々しくなってきたのか、身が縮む思いは、今回なかったです。(笑)

そういう事実を教えてもらったという気持ちになっただけで、気が楽でした。
私が何とかできることじゃないですもん、叔母の気質は。

叔母も、この施設の中で、見が縮む思いなどしていないから、
こんな風にふるまえているんだなと思うと、
人間として、これは気楽な部分があっていいなぁと思いました。
自己中がいいということではないですが、
では我慢が美徳なのかと言えば、そうとばかりは言えません。
周囲の状況を考えることも大事、
自分の気持ちを言うことだって大事です。

明日、テレビを買うのに、オットにつきあってもらって、
一緒に持って行こうと考えています。
叔母は一応、私のオットには、多少は気を遣いますので、
オットが持って行ったテレビにそう悪態はつかないでしょう。(希望的観測)


            
スポンサーサイト