FC2ブログ

2015年12月28日

        

三浦綾子さんの言葉

category - 日記
2015/ 12/ 28
                 
賢者テラさんが、ある日のブログに三浦綾子さんのご主人、
三浦光世さんをとりあげておられました。

若い頃、愛読したものでしたが、最近は読んでいませんでした。
今はネットで簡単に名言が検索できる時代ですので、
私の好みで選んで、ご紹介したいと思います。



生きるということは、私は悲しみや苦しみに耐えることであると同時に、
平凡な日常を切り捨てずに、深く大切に生きることであるとも思う


人を励まし、希望と勇気を与えること、
これこそ本当の人間の生き方ではないだろうか。



私は肺結核、脊椎カリエス、帯状疱疹、癌と、次々にたくさんのプレゼントを
神からいただいてきた。
そしてそのたびに、私は平安を与えられて来たのである。



少なくとも、人間たる者は、医者になるとか、
政治家になるとかいう目標よりも、どんな生き方の医者になりたいとか、
どんな生きかたの政治家になりたいかを、問題にすべきではないだろうか。



キリストに従うことは、十字架を負うことなのだ。(中略)
わたしにとって身体が弱いということは、一つの十字架である。
だがわたしは、この十字架を神がわたしのために用意してくれた十字架として、
喜んで負っていかねばならない。



この世には、いわゆる役に立つ人間ばかりが生きているわけではないのです。
重病人(中略)身動きもかなわぬ老人等々。
しかし、神はその人々の命と、健康でバリバリと働いている働き盛りの人の命とに、
何の差もつけてはおりません。

どの命も神の前には等しく尊い人間として、同一視されています。



九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、
人間はまずその不満を真っ先に口からだし、
文句をいいつづけるものなのだ。
自分を顧みてつくづくそう思う。
なぜわたしたちは不満を後まわしにし、
感謝すべきことを先に言わないのだろう。



一家の中に病人がいるために、家族は忍耐することを知り、

人間としての優しさを学ぶことも出来るのです。

私は、人間として一番大切な優しさを培ってくれるのは、

一見何の役にも立たぬかに見えるこうした弱い人たちだと思います。



人生には確かに耐えがたい苦難がある。しかしそれだけに尚のこと、
感謝の種を数えて生きぬく者でありたいと思う。



今日の一日は、あってもなくてもいいという一日ではないのです。
もしも、わたしたちの命が明日終わるものだったら、
今日という一日が、どんなに貴重かわからない。





どの言葉も、三浦綾子さんの生きる上での決意を感じる素晴らしい言葉で、

背筋が引き締まる思いがしました。


三浦綾子さんの本はたくさん読んできましたが、ご主人の光世さんの本は

あまり読んでいませんでしたので、アマゾンでポチしました。

年末年始に(シュウトメちゃん帰宅なので、余裕があれば)読みたいと思います。



            
スポンサーサイト