FC2ブログ
2015/12/21
2015/12/21

2015年12月

        

今年もありがとうございました

category - 日記
2015/ 12/ 31
                 
今年もあとわずか。

シュウトメちゃんは、施設から自宅へ来たことが嬉しいのですが、
移動ですっかり疲れてしまったようで、トイレで立ち上がれなくなってしまいました。
しばらく休んで、介護して何とか立ち上がることができて、
ベッドまで移動できたので、よかったですが、体力の低下は想像以上でした。
たまたま疲れたせいかもしれませんけど。

ベッドで寝ころびながら、テレビで紅白を見ています。
そのうちテレビを見ながら寝てしまうでしょう。
オットが昨日買ってきた新しいテレビも喜んでくれてよかったです。

自宅の裏にお寺がありまして、毎年そこで除夜の鐘をつきます。
そのまま地元の神社に初詣に行くのが恒例ですが、
私はシュウトメちゃんが気になるので、除夜の鐘だけにしておこうかな。
地元神社も近くなので、大丈夫なんじゃないかとオットは言うのですが。

今年一年、独りよがりな日記をアップしてきたような気がしますが、
お付き合いくださった皆様、本当にありがとうございました。
皆様のブログを訪問させていただくのも、とても楽しみでした。

来年もどうぞよろしくお願いします。
皆様にとっていい年になりますように。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

実家に寄ってきました

category - 日記
2015/ 12/ 30
                 
年末にはいつも、実家のお仏壇のお参りに行きます。
子供も一緒に行くことが多いですが、今年は夫婦だけで行きました。

明日からシュウトメちゃんのお世話があるので、年始に実家には来られませんから、
カップ麺の年越しそば(どん兵衛)と鏡餅とお神酒をお供えして、
お供花も、正月用の、松の入ったお花にして、お線香をあげてきました。

お正月には来られないけど、また来るからね、ごめんね、と
お仏壇の両親に声をかけてきました。

「今年はこの家の片づけを進めるからね」という声もかけてきました。
ついでに?ごみ袋3つ分の可燃物を持ち帰ってきました。
ごみ袋は実家にたくさん置いてあるんです。

アルバムの一部や、私や弟の学生時代の表彰状類のほか、
父が集めていた通行手形の鈴を取って、可燃物ごみにしました。
昔から、どこかへ出かけると、通行手形をお土産に買っていた父でした。
通行手形は鈴が付いているので、これは金属ゴミになります。
切り取って、鈴は金属ゴミの袋に入れてきました。

こうやって、少しずつ、処分していくしかありません。
サクサクとは進まないんですよね。
(鹿児島がいくつもあるけど、鹿児島が好きだったのかな?)とか、
(松本城、私も行ったな~)とか、(沖縄でも通行手形って売ってるんだ)とか、
心が動く中での整理なので、効率が悪いんです。
まあ、効率なんて考える方が無粋なんですけどね。

自宅にもまだやることは残っているので、ゆっくり整理などしている時間はなく、
ごみ袋3つを持って帰ってきました。
風があったので、除草剤を撒くのはやめておきました。
来年は、実家と叔母宅の整理を頑張ります~。(それなりに。爆)

明日は大晦日。
シュウトメちゃんが帰ってくる!
何だか実感がないままなんですが。
部屋の準備は出来ているし、たった3泊4日なので、何とかなるんですけどね。

                         
                                  
        

仕事納めでした

category - 日記
2015/ 12/ 29
                 
私の職場自体は、年末まで営業していますが、
30日、31日はお休みを頂いたので、私は今日が仕事納めでした。
同僚に「よいお年を~」とご挨拶してきました。

今年いっぱいで退職する人が2人います。
新年にはもうあの2人がいないんだと思うと少し寂しいですが、
1人は準社員さんだったのが、正社員で転職、
もう1人は家業のお手伝いをする決心をしたということで、
新天地での活躍を期待してのお別れなので、
寂しいと言っているより、エールを送るべきですよね。

仕事納めの日には、いつもロッカーを空っぽにしてきます。
何だか辞めるみたい?
怪しいヒトなので、ロッカーの中を拭いて、
ロッカーさん(爆)に、今年も1年ありがとう、ってお礼を言ってくるんですよ。

今日は、出勤前に、お墓とお仏壇の花も買ってきました。
お仏壇の花は、アレンジされて束になっているものを買いましたが、
お墓の花は、自分でアレンジして輪ゴムで止めるように買ってきました。
実際にお墓にお花を供えに行くのは明日です。

お墓の掃除は、オットと長女が行ってくれました。
オットと長女はそこそこ長い休暇があり、
サービス業の私と長男は、休みは長くないのです。

実家分のお花も買ってきました。
明日、実家に寄って、お仏壇に供えて来ようと思います。

来年はもう少し実家に行く回数を増やし、
家の中の物の処分も進めるつもりです。

まだまだと思っていたのに、もう明後日は大みそかなんですね~。


                         
                                  
        

三浦綾子さんの言葉

category - 日記
2015/ 12/ 28
                 
賢者テラさんが、ある日のブログに三浦綾子さんのご主人、
三浦光世さんをとりあげておられました。

若い頃、愛読したものでしたが、最近は読んでいませんでした。
今はネットで簡単に名言が検索できる時代ですので、
私の好みで選んで、ご紹介したいと思います。



生きるということは、私は悲しみや苦しみに耐えることであると同時に、
平凡な日常を切り捨てずに、深く大切に生きることであるとも思う


人を励まし、希望と勇気を与えること、
これこそ本当の人間の生き方ではないだろうか。



私は肺結核、脊椎カリエス、帯状疱疹、癌と、次々にたくさんのプレゼントを
神からいただいてきた。
そしてそのたびに、私は平安を与えられて来たのである。



少なくとも、人間たる者は、医者になるとか、
政治家になるとかいう目標よりも、どんな生き方の医者になりたいとか、
どんな生きかたの政治家になりたいかを、問題にすべきではないだろうか。



キリストに従うことは、十字架を負うことなのだ。(中略)
わたしにとって身体が弱いということは、一つの十字架である。
だがわたしは、この十字架を神がわたしのために用意してくれた十字架として、
喜んで負っていかねばならない。



この世には、いわゆる役に立つ人間ばかりが生きているわけではないのです。
重病人(中略)身動きもかなわぬ老人等々。
しかし、神はその人々の命と、健康でバリバリと働いている働き盛りの人の命とに、
何の差もつけてはおりません。

どの命も神の前には等しく尊い人間として、同一視されています。



九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、
人間はまずその不満を真っ先に口からだし、
文句をいいつづけるものなのだ。
自分を顧みてつくづくそう思う。
なぜわたしたちは不満を後まわしにし、
感謝すべきことを先に言わないのだろう。



一家の中に病人がいるために、家族は忍耐することを知り、

人間としての優しさを学ぶことも出来るのです。

私は、人間として一番大切な優しさを培ってくれるのは、

一見何の役にも立たぬかに見えるこうした弱い人たちだと思います。



人生には確かに耐えがたい苦難がある。しかしそれだけに尚のこと、
感謝の種を数えて生きぬく者でありたいと思う。



今日の一日は、あってもなくてもいいという一日ではないのです。
もしも、わたしたちの命が明日終わるものだったら、
今日という一日が、どんなに貴重かわからない。





どの言葉も、三浦綾子さんの生きる上での決意を感じる素晴らしい言葉で、

背筋が引き締まる思いがしました。


三浦綾子さんの本はたくさん読んできましたが、ご主人の光世さんの本は

あまり読んでいませんでしたので、アマゾンでポチしました。

年末年始に(シュウトメちゃん帰宅なので、余裕があれば)読みたいと思います。



                         
                                  
        

ナナちゃん、また無断外泊

category - 日記
2015/ 12/ 27
                 
また無断外泊、と言っても、猫のこと。
言葉が通じないので、告知外泊も出来ないのですが。

ナナちゃんは金曜日の午後、私がシュウトメちゃんの施設に行く際に
ドアを開けた時に飛び出していき、そのまま帰宅せず・・・
夕方、私が帰宅した時には、すぐにナナちゃんは帰ってくるものと思ったのに、
夜中になっても帰らず、朝になっても帰らず・・・
土曜も私の出勤の時点では帰っていなかったので、
とても心配していました。

猫を外に出すということはそういうことだとわかっています。
ナナちゃんの行動範囲には、多分、狭い道しかないから、
交通事故には遭いにくいですが、可能性はゼロではありません。
ワクチンは接種してあっても、他の病気をもらってくるかもしれません。

よそで迷惑をかけることに関しては恵まれていて、
猫の多い地区であり、昔から住んでいる人ばかりなので、
大目に見てくださる方が多いのです。
でも、もちろんそれだって例外があるかもしれません。

近所を探してみたのですが、出勤の際、ナナちゃんがまだ戻らないので辛かったです。
午後3時くらいに帰ってきたそうで、メールがありました。
元野良猫で、普段から外に出ていて、過去にも外泊経験があり、
去勢したメス猫という、一番行動範囲が狭い種類に属すナナちゃんが、
一晩帰らないだけで、これほど心が揺れるワタクシでした。

実は覚悟はあるんですけどね。
外に出すということは、帰ってこない可能性があるっていうことだって。
願うのはナナちゃんの幸せだけ。
ナナちゃんは危険を願わないだろうけど、閉じ込めも願わない。
2つを天秤にかけて、どちらをナナちゃんは願うだろうと考えて、
出す方を選んだ以上、リスクを背負うしかないってわかっています。
わかってても、実際に帰ってこないと、実に辛いんですよね。

ナナちゃんが帰ってきたというメールで、心底ほっとして、
忙しい土曜勤務後に自転車をこいで帰り、ご飯の支度をしても、
何だかまだ気分が高揚している自分に苦笑したのでした。

猫でも家族でも自分でも、元気で家に帰ってくるのって、
当たり前のことじゃないんですよね。
ナナちゃんが元気で戻ってきて幸せです。
子どもたちも夫も自分も、全員無事で元気で帰ってきて幸せです。

この程度の幸せだったら、割に手に入れている人が多いと思います。
「なんて有難いんだろう!」と喜んでみてもいいんじゃないかな。
「幸せになりたい」じゃなくて「今、この幸せが有難い!今、幸せだ!」という喜びを
年末(に限る必要はないけど)にかみしめていたいと思いました。

今日も自転車で出勤します。
これから先、年末にかけては、自転車の方が確実に早い。(笑)
私は今年は29日まで仕事~。
さっきやっと年賀状の印刷が終わりました。(笑)

では皆様も素敵な1日をお過ごしください。

                         
                                  
        

昨夜はクリスマスイブ

category - 日記
2015/ 12/ 25
                 
おはようございます。
クリスマスイブ、皆さんいかがお過ごしでしたか?

昨日は、午前中、シュウトメちゃんの年末年始の一時帰宅に備えて、
レンタルベッドの設置をしていただき、午後から自転車で出勤しました。

シュウトメちゃんが、大晦日から1月3日までの3晩、家で過ごすために、
玄関の車椅子用スロープと電動ベッドをお借りしました。
退所での帰宅ですと、介護保険が使えてお安く借りられるのですが、
一時帰宅は全額借りる側の負担です。
3日間などという短期間レンタルの設定はないので、基本料金が必要です。

今年のお盆帰宅の際、ベッドは家にあるのを使えばいいのでは、とケチ心を起こし、
ベッドのレンタルはパスしました。
自宅にあるベッドを使って、柵がないベッドの左側を壁に押し付け、
右側にあまり寄らないでねと言い聞かせておいたんです。

ところが、夜中に、寝ぼけたシュウトメちゃんが、いつもなら右側の柵に付けてある
テレビのリモコン入れのカゴを探しているうちに、ベッド下に落下しました。
夜中にテレビのリモコンを探すかも?という想像をしていませんでした。

リモコンがない、ない、ここにあるはず、と寝ぼけた頭で探している間に、
おもらしもしてしまいまして、パジャマも下着も布団もシーツも濡れ、
その状態で床に落ちてしまいまして、大変でした。

夏でよかったです。真冬にこうなったら、風邪ひいてしまいますよね。
高血圧ですから、薬は飲んでいますが、そちらも心配なところでした。
真冬で、落下に気が付くのが遅かったら、命取りにもなりかねません。
夏でしたから、裸になって蒸しタオルで体を拭いても寒くなかったはず。
本当に夏でよかったと家族で感謝したものでした。

これに懲りまして、やはりレンタルは必要と思いました。
ベッドの柵だけ別売りで売っている商品もあるのですが、
レンタルで借りられる手すりは、入所先の施設のベッドの手すりと同じタイプで、
ベッドから起き上がろうと思ったとき、レバーで立ち上がる場所だけ開閉し、
開いた部分を90度でロックできるので、立ち上がり補助棒としても優秀なんです。
マットレスも、床ずれ防止効果の高いものです。
今のお年寄りは、こういう点では本当に恵まれていますよね。



さて、ベッドの設置も済み、仕事に行き、帰りがけにお肉屋さんが
売り切れていた鳥のもも肉を納品に来てくれたので、
4本買って帰宅しました。
もちろん、自転車でしたよ~。運動、運動。(笑)

もも肉が職場で手に入らなかったら、チキンは翌日焼くことにして、
シチューにしようかなと思っていたので、ちょうどよかったです。

鳥のもも肉は、もちろん、事前に味をしみこませてから焼いた方が美味しいでしょうが、
そのままぶすぶすとフォークで穴をあけ、ハーブ塩をすり込んで焼き、
仕上げに今年は、あさくまのステーキソースで味付けしてさらに焼くと、
それなりに美味しいクリスマスチキンの出来上がり。
チキンが焼ける間に、圧力鍋でポトフを作り、サラダを作り、
フルーツを盛り合わせれば、それなりにクリスマス。

ケーキは今日、適当に買ってきます。
昔は子供たちと一緒にケーキの飾りつけなどして楽しかったなぁと思いつつ、
今は自分で作らないワタクシでした。
美味しいケーキ屋さんに注文していた時代もあったけれど、
だんだんこだわりがなくなりまして。(笑)

でも来年は、美味しいケーキがあると職場で聞いたので、それを注文する予定です。
忘れていなかったら、ですけど。

子どもたちが小さかった頃のクリスマスも楽しかったけれど、
おじさん・おばさんになった夫婦で、家で乾杯してるクリスマスも平和でいいですね。

クリスマスのご飯くらい家族で食べたらいいような気もしますが、
我が家はみんな帰宅時間もバラバラですし、子供ももういい年だし、
普段、別に食べていますから、クリスマスも別々に食べました。
イブに自宅でご飯を食べる私の子供たち・・・(爆)



世の中にはありとあらゆる人がいるので、私みたいな中くらいが多いでしょうが、
超豪華なイブを過ごす人もいれば、おなかをすかせた寒く辛いイブを過ごす人もいます。

貧富はわかりやすいですが、それは状態のほんの一面ですよね。
幸せを感じるのも辛さを感じるのも、状態は千差万別です。

ありとあらゆる人生を生きる人々がいる、自分はその1つだ、と感じるようになってから、
意識して、その感覚を広げるようにしています。
その一つである自分にも、他者にも、尊敬の念を持とうと思います。
そんな思いに浸ったイブでありました。

I wish you a merry Christmas.



                         
                                  
        

今日は雨

category - 日記
2015/ 12/ 23
                 
昨日は、帰り道にかなり冷えたのを除けば、自転車通勤日和でしたが、
今日は雨で、車通勤にします。
自転車で坂道をのぼるのが、結構いい運動になっているので、
その代わりに何か運動した方がいいな~と思いつつ、
少しピョンピョン跳ねておしまい。(笑)

昨夜は、この間(土曜日)のママ友仲間の忘年会に来られなかった友人と
夜の日帰り温泉に行ってきました。
9時半位に家を出て、2時間ほど温泉でのんびりして、スーパーに寄って帰宅するので、
この友人と夜の温泉に行くと、いつも午前様。

いっぱいおしゃべりして、お湯に浸かったり、塩サウナで汗を流したりして、
スーパーで歩き回って深夜帰宅なので、よく眠れることといったら・・・。
帰るとオットはナナちゃんを抱いて就寝中ですが、
気配を感じてナナちゃんが起きてきてしまうので、
心の中でオットにごめんね~と言いました。

ナナちゃんが横でぐるぐるいうのを聞きながら寝るのって、至福なので、
そのナナちゃんが、さっと出て行ってしまうと、やっぱり淋しいですよね。(猫バカ)
私もしばらくして、ナナちゃんを抱っこしてベッドに入りました。

昨日は友人の猫自慢を聞きました。
友人の猫ちゃんは、友人がお風呂に入ると、脱衣所で待っているんですって。
「だから家だとついカラスの行水になっちゃう~」と言ってました。
50代のおばちゃん2人が温泉で猫を語る図。(爆)

昨夜は、ものすごく熟睡しちゃいました。
でもまだ眠い気がします。(ただの怠け病かも)

出勤前に寄るところがあるので、今から出かけます。

皆様もいい一日をお過ごしくださいね。


                         
                                  
        

元気なおばあちゃま、みや子さんのお孫さんのブログ

category - 日記
2015/ 12/ 22
                 

笑い療法士な理学療法士kiyomiのハッピーライフ

こんなブログを見つけました。↑画像一覧に飛びます。
普通のリンクはこちら↓

画像の4コマ漫画にカーソルを当てると、その日のブログのタイトルが出ますので、
そこをクリックしてください。秀逸な4コマ漫画が読めますよ~。

11月の他は1~3月の3か月が漫画がよく載っています。
マンガでない日のブログも、介護の参考になるようなお話がいっぱいでお勧めです。

ブログ管理人さんのおばあちゃまは5月のお誕生日で98歳になられました。
みや子さんとおっしゃる、しゃきしゃきのお元気なおばあちゃまです。
ネット友、悦子さんのお母様を連想しました。(悦子さん、無断でごめんなさいね~。笑)



このように、90歳過ぎてもしゃきしゃきのおばあさんがいます。

シュウトメちゃんのように、50歳そこそこで半身不随になってしまう人もいます。

叔母のように、定年まではシャキシャキと働くキャリアウーマンで、
定年後にゆったり過ごそうと思ったら、車椅子になっちゃったという人もいます。

両親みたいに、72歳でがんで死去、という人もいます。
3歳違いでしたが、仲良く?3年ずれて2人とも72歳で亡くなりました。

ありとあらゆるお年寄りがいるのがこの世。
お年寄りにならずにこの世を去っていく人もいますし。

あの人はいいな、この人はいいな、なんて言っていても始まりませんから、
自分の割り当て?のプログラムを、私はこの役なのねと受け入れたうえで、
ここはこういう風にアレンジできるかな?と出来る範囲でリフォームしていくのが、
私には行きやすい方法かな、なんて思っています。

できる範囲は限られるのかもしれませんが、自分好みにリフォームするためには、
事例をたくさん見て、これが好き~、こんなのは嫌い、と自分の好みを見極め、
選択範囲を広げておくのがいいのかなと思います。

老後に限らないですけどね。

ご紹介したブログのみや子さんは、愛情いっぱいのおうちで大事にされていますけど、
もし、家族に恵まれていなかったにしても、みや子さんなら、
いろんなことを笑い飛ばして、タフに明るい老後を送れそうな気がしました。

老後なんて、はるか遠い先と思っていましたが、
あと10年で、定年です。年金生活です。
びっくりぽんや~。

                         
                                  
        

冬の花火に見とれました

category - 日記
2015/ 12/ 21
                 


人が見てきた花火の画像見たって、特に面白くないかもしれませんが、
私はこの夏、花火をどこにも見に行けなかったのが少し心残りでしたので、
ここですぐ目の前で見られて嬉しかったので、よろしければお付き合いください。(笑)






お月様とのコラボ2点。









花火を観終わってから、バスでホテルまで帰り、ホテルから自宅へ帰りました。
夕食が軽食だったので、ちょっとお腹が空いたのですが、
時間も遅く、ナナちゃんも気になったので、コンビニに寄って帰りました。

適当におでんでも買ってくるとオットが言ったので、私は車で待っていたのですが、
オットの手にはおでん以外にご飯ものが・・・。
この一日が、オットの健康にとっていいものになるようにと思って予約したんですが、
もしかして±ゼロだったかしらん・・・。
人を変えることは出来ないのでしょう。
変えることができていたら、もっと血液検査の結果がよくなるはず。

家でゴロゴロして、たくさん食べていたかもしれないので、
それよりは健康的に楽しく過ごせてよかったと思っておきましょうか。
おかげで私は花火が見られたし。

今日は雨。肌寒いです。
自転車通勤は雨の日はしないので、今日は車で会社に行きます。


                         
                                  
        

タルゴラグーナとラグーナテンボスで過ごした日曜日

category - 日記
2015/ 12/ 21
                 
日曜日、オットに少し運動させたいと画策した私は、
蒲郡市にあるラグーナヒルというホテルの中にある
タルゴラグーナという海水プールを予約しました。
プールだけなら予約不要なのですが、観光&歩きのために、
隣接するラグーナテンボスのチケットとの
お値打ちセットがあったので、それを予約したのです。

そもそもオットが「運動するぞ~」というヒトでしたら、
市内のジムで充分なのですが、違うんですよ・・・。
前日、土曜日の友人との忘年会でも、オットと同年のご主人を持つ友人に、
11月に手術・入院したご主人の話を聞いたばかりでした。

レジャー色が強い方が私も楽しいので、いいんですけど、
たまのお出掛けに運動をつけ加えたくらいじゃ、筋肉はつかないし、
血圧が下がるとか、体重が減るとかいう効果も期待できないですが、
しないよりはまし、ですよね。
自己満足なのかな~?そうかもしれない。(爆)

早めのランチタイムに蒲郡市に到着。
ホテルではなく、地元の和食屋さんで海辺らしいランチ。




ホテルに着いて、プールの説明を受けました。
プールはフロントの下の階にあります。
ここはフロントのある階で、水着などを売っているショップがあります。
プールの説明が動画でずっと流れています。

右に階段が見えますが、ここを降りるとプールがあります。
エレベーターもありますが、階段で降りました。



この先の画像はないんですけどね、12時半くらいから5時くらいまで
プールやその周辺で過ごしました。
健康増進を目指したプールで、1~15の番号の付いたゾーンを
順番にまわると、平均40分だそうです。

15番は、普通の25メートルプールの作りになっていて、
ここでどのくらい泳ぐかで、運動量が変わります。
私たちは、さほど泳ぎませんでしたが、
そこそこいい運動にはなったと思います。

体温に近い温度の海水に漬かっているだけでも、体によさそう。
サウナや休憩スペースもあるので、プールの飽きたらそちらで過ごせました。

いろいろ予約制のプログラムもあるので、若いお嬢さんたちが、
エステ施術を受けるお部屋に移動していました。

出入口側の壁面以外は、全部ガラス張りで、海やヨットハーバーが見え、
屋外にジャグジーもあったので、ここで夕焼けを見よう!と待っていましたが、
夕焼けの頃には、ちょうど太陽が沈んでいくあたりに雲が多くて、
夕日が見えなくて少し残念でした。

ホテルからラグーナテンボスまでは、無料バスが出ています。
自分の車で行くと、駐車料金もかかるし、帰りの時間によっては、
駐車場から出るところがとても混むと聞いたので、バスで移動しました。



この画像の真ん中のドームの中には歩いて入れるんですよ。

ラグーナテンボスは、以前はラグーナ蒲郡という名前で、
子供が小さいころ、1度行きました。
アトラクションは小さな子供向けでしたし、パスポートも結構高くて、
その後は行きませんでした。なので、この施設を実はなめてました。(笑)

でも行ってみたら、経営が変わったせいか、なかなかのものでした。
イルミネーションやマッピングショーもハイレベルでした。
敷地がそんなに広くないテーマパークで、
私たちの滞在時間は3時間弱ほどでしたが、
行く前は、2時間もいたいかなぁと思っていたくらい。(ごめんなさい~)
入場チケットだけで、アトラクションを一つも見ないで、
ここで本格的な食事もしていない上での3時間ですから、上出来と思います。
夕方から入園の場合、入園チケット+1000円でパスポートが買えるようです。
買わなかったけど。

このラグーナテンボス、トイレがたくさんあるんです。
こういう所って、結構女子はトイレに並んだりしますが、
並んでいるトイレなど、1つも見ませんでした。
広い敷地ではないのに、たくさんのトイレを作るって、
本当に親切ですごいと思います。






ドームの中に入ったところです。
中に入っても、また違った雰囲気できれいです。
スタッフさんが中にいて、親子やカップルの写真を撮ってあげていました。
ここのスタッフさんは、みんなとても教育が行き届いていて、
何か聞いてもとても気持ちよく親切で感心しました。
プログラムマッピングの案内に立っているスタッフさんには、
「どこで見るときれいですか?」って聞くと、親切に教えてくれますよ~。



ショーが始まりました。このショーは水際の前方で見るといいです。



別のプログラミングマップは2階から見ました。
自分のいる建物の壁面は見えませんので、360度見ようと思ったら
2階はNGですけど、この人ごみの中にいるのを選ぶか、
さっさと2階に上がってゆったり見るか…各人の好みにお任せします。





気温は結構低かったと思いますが、風がなくてよかったです。



ルミナリエを連想する光の門をくぐりつつ橋を渡ると、
次のマッピングショーの会場がありました。
どこで見たらいいのか見当が付かなかったので、スタッフさんに聞くと、
青いライトが続いている場所の奥の方がいいと教えてくれました。



レクサスがいろんな画面で走り抜けるというマッピングショーでした。
スポンサーはもちろんトヨタ レクサスとラグーナテンボス。(笑)
だから入り口横にレクサスが置いてあったんだ・・・と納得。

青いライトの方に進み、結構奥の方が空いていたので、そこに立ちました。
始まってみると、そこはまさにショーの中央の特等席。
会場全体から見ると、隅っこなんですけどね。



カーマッピングショーが終わったので、またルミナリエに似た門を渡って行くと、
突然ルミナリエ門の電気が消えました。
さっき通り過ぎてきた場所での光のショーが始まったのでした。
たまたまそこにいた橋の上ですが、ショーを見るにはいい場所でしたよ。
黒く見えるのは、会場にいる人たちです。

小腹がすいたので、トルコ食の屋台で、ドネルケバブを買って食べました。
長椅子があったので、そこに座って食べ、オットが別の店にコーヒーを買いに行きました。
待っている間に、スタッフさんが、なぜか長椅子を持ってきて、横に並べ始めました。

もしかして、花火の観覧席?と思った私は、その時座っていた椅子から、
「ここでも花火は見えますか?」と聞きました。
そうしたらそのスタッフさん「見えますよ。でも、こちらの方がもっといいかも・・・。
椅子を動かしましょうか?」と聞いてくださるじゃないですか。
「お願いします」と移動していただいた場所が、花火が真正面に至近距離で見られる場所で、
今年の夏、あまり花火に縁のなかった私は、思いがけず近くで見られた花火に感激。
そのスタッフさんのご親切にも感激。

ショーに連動した花火なので、ショーが真正面に見られる場所が混んでいて、
ここは花火鑑賞には穴場だったようで、空いていました。
ちょっと長くなったので、花火の画像はまた次回。