FC2ブログ
2015/11/28

2015年11月28日

        

介護 紙パンツ+尿取りパッドで漏れない裏技

category - 日記
2015/ 11/ 28
                 
先日、シュウトメちゃんのお借りしていた介護用品の返却がありました。
電動ベッドとマット、車椅子、玄関用簡易スロープなどを借りていました。
老健に入所したので、次回帰ってくる時まで不要です。

電動マットは専門の業者さんが部屋で分解して、部品で運んでくださいます。
その専門の業者さんと、レンタル業者さんの2人が訪問して下さり、
私がすることは特になく、立ち合いだけです。

専門業者さんが、ベッドを分解してくださっている間、
レンタル業者さんと世間話して、紙パンツの話になりました。

シュウトメちゃんは、睡眠薬を飲んで寝ます。
夜中に起こせば、身体はだらだらですが、たいてい起きられて、
介助すれば、ベッド横のポータブルトイレで用を足せます。
12時頃に用を足せば、朝5時半か6時くらいまで持ちます。
なので基本的には、パジャマが濡れたりすることはありません。

しかし、物事には例外というものがつきもので、
施設でも家でも、パジャマが濡れることが皆無とは言えません。
私は長いこと、これが不思議でたまりませんでした。

シュウトメちゃんは、夜中にトイレに行くことは大変なんですが、
辛くても、夜はオムツにして、オムツの中で・・・という事態には、
出来る限り逆らいたいと思っています。

施設側は、夜中のトイレ介助の手間も大変なので、
夜はオムツにしてほしいのが本音なんですが、
シュウトメちゃんの希望はもっともで、自分がそうなったらもちろん同じ思いだと感じますので、
夜のトイレ介助をお願いしていますし、帰宅時にはトイレ介助をしています。

パジャマが濡れるのが不思議というのは・・・・
紙パンツはオシッコ2回分、尿取りパッドはオシッコ4回分OKというものを
使っているので、漏れることが理解できないのでした。

何回分OKかというのは、種類がたくさんあります。
多いのを買えばいいじゃない?と思われるかもしれませんが、
薄くて履き心地のいいのは、回数分が少ないので、
使用感と機能をはかりにかけて、適当と思われるのを買っています。

漏れたからといって、紙パンツと尿取りパッドが大量の尿を吸い込んで、
重いくらいになっていた、などというわけでもありません。
乾いている部分もあるのに、パジャマが濡れてしまうのはなぜ?

この辺の疑問を、レンタル業者さんに話してみたら、
「それはね、横から漏れるんです。ハサミで切っちゃえばいいんですよ。」とおっしゃる。



左が紙パンツ、右が尿取りパッド。
尿取りパッドについている濃いピンクの紙の下には粘着テープが付いていて、
紙パンツからずれないように、テープで固定するようになっています。

問題なのは、尿取りパッドの裏にある防水シートなのだと教えていただきました。
寝ている間に出るオシッコは、ちびちびと出るわけではありません。
トイレで出すのと同じように、勢いよく出ます。
寝ている姿勢では、尿取りパッドの横と下の方に行きやすいです。
その際、下にある紙パンツに水分が流れない原因は、
尿取りパッドの裏にある防水シートだと言うんですね。




尿取りパッドの上下には、防水シートだけの部分がありますが、まずここをハサミで切り取ります。
そうすると、上下から(上にはうつぶせでない限りいかないでしょうが)
紙パンツの方に、オシッコが流れるようになります。



そして、この画像は尿取りパッドの裏面なのですが、
ちょっとわかりにくいですが、薄いピンクが防水シートで、
これを真ん中あたりでハサミで切り開いたところです。
これは紙パンツに接する面です。

中の高分子吸収体(高分子ポリマー)をむき出しにすると、
オシッコは下の紙パンツの方にも流れるので、
パジャマが濡れるような事態は避けられるというしくみ。

いいこと聞いたわ~!

昨年の年始の帰宅時に漏れちゃったときは大変でした。
エアコンはタイマーをかけて眠るので、早朝に漏れたりすると、
部屋が一番寒い時間になっています。

パジャマを着替えさせるのに、そんなに寒い中出来ないし、
部屋はすぐには温まらないし、尿で濡れた体も拭かないといけないし、
冬のこういうトラブルは、シュウトメちゃん自身も、
寒さときまり悪さで不快な出来事になります。

介護用品のレンタル業者さんは、この話をヘルパーさんに聞いたそう。
私も不思議がっていないで、さっさとそういうプロの方に相談すればよかったわ~。

施設ではそんなことはしていなかったし、漏れた時には、
汚れたパジャマのズボンを軽く水洗いしてくださったものを
ビニール袋に入れておいてくださるので、プロでもどうしようもないのだ、
避けるためには使用感チョベリバ(死語?笑)の分厚い尿取りパッドを使うしかないか、
そんな風に思いこんでいたのでした。

今年の年末年始帰宅は、その点は大丈夫だと思うと、
やはり安心感があって、ありがたいですねぇ~。

            
スポンサーサイト