FC2ブログ

2015年11月17日

        

シュウトメちゃんは自己中

category - 日記
2015/ 11/ 17
                 
シュウトメちゃんは、無事、施設入所しました。
カリウム不足のために病院に行く件も、施設側で対処してくださるそうで、
私は、先日診察・投薬していただいた病院の先生に、
検査結果の用紙のコピーと、紹介状を書いていただいて持参するだけ。
ありがたいことです。

ところで、入所の際、シュウトメちゃんのいないところで、
ちょっとお話が・・・と、施設の主任さんに呼び止められました。
いいお話でないことは明白。(爆)

「今回の部屋の相部屋の人も、シュウトメちゃんは多分気に入らないことでしょう、
施設では、みんなが自分の気に入る人と相部屋にということはしかねます、
要望の多い方は、個室の方が、ストレスなくていいんじゃないでしょうか。」
そういうお話でした。

つまり、苦情が多い人で、大変迷惑しています、何とかしてください、
出来ないなら個室代を払ってください、という意味ですよね。
それをガツンと言うと角が立つので、柔らかくおっしゃったわけですが、
大変厳しい表情でしたので、顔で「ガツンと言いたいところですが」と表現されていました。

「すみません・・・それは本人がかなり言いふらしているということですね?」と聞くと、
「はい。」とのお答え。私の想像以上であったか・・・。



この前に入所した時の同室の方のいびきがうるさくて眠れないと
大騒ぎしたことは記憶に新しいです。
そんな事を言い触らされたら、その人はとても嫌な気持ちになるんだから、
職員さんに言うだけにしておきなさい、入所している人に言うんじゃないよと
くぎを刺したんですけど、言い触らしちゃったのか。ばかだなぁ。

職員さんに言うだけならいいという言い方をしたのは、
シュウトメちゃんは不満を嫁に言うだけなどといいうことに耐えられる人ではないと
わかっていたから、ガス抜きの場を作ったつもりでした。
仲良しの人にはこそっというんだろうなとは思いましたが、
〇〇さんはいびきがすごくひどいんだって、と噂になるほど、
言い触らしたということなのでしょう。

あり得るけど、それなりにはショックでした。
自分がそう言われたらどんなに辛いか、考えたら言えないでしょう?と
シュウトメちゃんの良心に訴えて、それでいいかと思っていたのですが、
そもそも人の立場になって考える癖がないシュウトメちゃんには、
そんな言い方では、全く効果なかったんですね。
前の同室の方は、どんなに不快な思いをされたかと思うと、胸が痛いです。
でも、私が謝るには、いびきの件に触れなければならず、
それも不躾なことだし…心の中でお詫びするだけです。

本当にねぇ、こんな人、個室に行け、と思ったことでしょう。
今の施設代だけでも、シュウトメちゃんの年金では足りないのに、
高い個室代をシュウトメちゃんのために出すことは出来ません。
本人に言い聞かせて、慎んでもらわなければ。
しかし、それが難しいです。

あの人が嫌、この人も嫌、なんて言うけれど、
自分も相当嫌な人だよ、シュウトメちゃん。
しかし、それをまともに言っても、嫁にひどいことを言われたと言う
被害者意識に火をつけるだけなのですよね。

シュウトメちゃんは自己中。
自己中の人は自分が好き、というけれど、
心の奥底で、シュウトメちゃんは多分自分が嫌いなんだと思います。
だから余裕がなくて、外界で起きることにまともに振り回されてしまうように思います。
まあ、世の中そういうこともあるよね、とは思えなくて、
こんな目にあった!!と大騒ぎして、周りにも訴えて。
今回の大騒ぎで、一体何度目だったか、わからないほど、
何度も大騒ぎしてきたシュウトメちゃん。



シュウトメちゃんは、ある意味、ホテルのお客様気分です。
不快なことが起きるなんて、あってはいけないことなんです。
自分はお金を払っているお客様で、スタッフさんはサービス業。

しかし、施設はリゾートホテルではなく、生活の場です。
時々不快なことが起きるのは当然のお約束みたいなものです。
シュウトメちゃんは私が知り合ってから30年以上、
とにかく愚痴や文句の絶えない人で、私とも衝突してきたんですが、
そういう記憶は飛んでしまうのか、こういう施設の人間関係は
ものすごく大変で辛いものだと被害者の顔をするシュウトメちゃん。

ワルクチを言い触らす時点で、あなたは加害者だってば。
言葉を尽くしてもそれは伝わらない・・・。

かつては私のワルクチを毎日義姉たちに電話しまくって、
義姉たちに電話で愚痴がうるさすぎる!と怒鳴り込まれ、
大好きな娘たちにそっぽを向かれたこともあったのに、
それは自分がワルクチを言い触らす癖のせいだと思わずに、
嫁に行った娘は冷たいねぇという感想を持ったシュウトメちゃん。

シュウトメちゃんの脳みその中ではいつも、自分は悪くない、
可哀想な被害者という風に、現実が変換されてしまうらしい・・・・。

誰でも、多少は、そういう自分に都合のいい変換作業を
無意識にやっていると思うんですよ。私自身もやっていると思います。
でも、こういう申し出が介護側から提示されたという現実があるわけで、
何とかシュウトメちゃんに言い聞かせる必要があります。



う~ん、私はどうしたらいいでしょうね。
あまり止められないかもしれないけれど、努力はしなくては。
とにかく、相手の立場に立ってみなさいという言い方は無効らしいので、
シュウトメちゃんが損しますよというのを強調した方がいいのかな?

とっさだったので、とにかくシュウトメちゃんにこれだけは言いました。
「個室代、高いから払えないんです。」
ある意味、シュウトメちゃんが可哀想なのは、上の義姉が離婚して
お金がないと繰り返していたころ、かなり経済的援助をして、貯金がすっからかんなこと。
定期はすべて解約して、あげちゃったみたいです。
生命保険も解約したほど。これは後で知ったので…知ってたら反対してあげたけど。
でもこれは、その時シュウトメちゃんがしてあげたくてしたことなので仕方ないです。

「この施設は条件がいいからただでさえ高いの。個室はうんと高い。
個室がいいんだったら、安い老人ホームに入るようにお願いするけど。
ここの2人部屋にいたいんだったら、入居者のワルクチになるようなことを
言い触らしちゃいけないし、個室がいいなら、老人ホームがあるから、
どっちがいいのか、自分で選べるけど、どうしよう?」

「わしは別に言い触らしてなんか・・・」

「おばあちゃんがどういうつもりかは関係なくて、
周りがどう思うかが大事になってくるんだよ。
あの人はいびきがうるさい、あの人は車椅子でぶつかってきた、
あの人はこんな嫌なことを言ってくる、そういうようなことはね、
どこにだって、誰にだって起きるようなことでしょう?
それをいつまでも、何回も人に言ってたら、
おばあちゃんの信用だってガタガタになるんだよ?」

とにかく、自分がとても損をするらしいと思わせないと。
あまりやり過ぎても、悲劇の主人公になってしまう可能性があるので、
ほどほどに、様子を見ていこうと思います。



人によって、見える世界が違うと言うのを
シュウトメちゃんを見ていて、実感しました。

施設側から見たら、シュウトメちゃんはワルクチを言い触らす加害者ですが、
シュウトメちゃんから見たら、自分は可哀想な被害者。
同じ出来事を違う立場で見ると、見える世界が全然違います。
私も同じようなこと、いっぱいしてるんだろうなと思います。

親しくしていた友人に、傷つけるつもりなど毛頭なくて、
不用意なことを言ったりしたりして、傷つけたとしても、
本人が「傷ついた」と言わなければ、鈍感な私は気が付かない・・・。
失礼なことをうっかりしても、その人が失礼ですよと言わなければ、
鈍感な私は気が付かない・・・。
もちろん、言ってくれる人もいるし、言わないで我慢してくれる人もいて、
実際に自分がどれだけ人をカチンとさせているかなんてわかりません。
少なくともシュウトメちゃんと義姉たちには山ほどカチンとさせてきました。

こんな風に書くと、koalaさんは鈍感じゃないですよと言ってくれそうな気がしますが(爆)、
みんな、自分の気持ちには鈍感じゃなくても、
自分と感性の違う(自分だったらそうされても別に傷つかない)人が、
自分の言動にどれ程カチンと来たリ、傷ついたりするかわかりません。
そんなの怖い・・と萎縮するのではなくて、
私もいっぱい不快にさせていると思います、というのを
萎縮でなく謙虚さに変えて、生きていきたいものだと思いました。

ゆめゆめ、シュウトメちゃんは下で自分は上、などという
上から目線で事に対処しないようにしようと思いました。
多分、上から目線って、何となく伝わって、反発を呼ぶような気がします。




            
スポンサーサイト