FC2ブログ
2015/10/31
2015/10/28
2015/10/26
2015/10/25

2015年10月

        

鍼に行ったので体が緩んでだらだらです~

category - 日記
2015/ 10/ 31
                 
今日はオットと鍼へ。
いつもは和食屋さんでランチすることが多いですが、
今日は気分を変えてカフェでサンドウイッチを食べました。



たまにはダイエットの敵のデザートも。
ホントに「たまには」なんだろうか?(秘密)









昨日のブログに少し書きましたが、今作りかけの庭はこんな感じです。


緑の生地は除草シート。
端っこにはガーデニング資材が仮置きしてあります。




仮置きしてあるブロックはこんな感じで下は何もありません。
ここに土を入れて花を植える感じです。
所々、ブロックを2つ重ねて高低をつけてみたけど、
高低をつけたほうがいいのかどうもまだ思案中です。



前回、足りなかった分のバークチップも買い足して敷きました。
まだ敷いていないグリーンの厚手除草シートの上をどうするかも思案中です。

同じようにバークチップを敷くか、小石を敷くか、人工芝を敷くか・・・
ここがしっかり平らなら、他の選択肢もありますが、
凸凹のままオットが除草シートを敷いたので、レンガなどの資材を敷くのはNGです。

オットは人工芝が楽なんじゃないかと言います。
人工芝も、凸凹はNGですが、凹んだ場所の上に川砂を敷けば、
そこそこ平らになるので、それでもいいかなぁとも思います。
ある程度ちゃんとした人工芝を敷けば、10年くらいはもちそうです。

人工芝を敷くよりは、バークチップや小石の方が簡単にできるのですよね。
バークチップは、自然の物で気持ちいいですし、
いらなくなったら燃えるゴミに出せるのが利点。
小石は、バークチップより重いので、重しになるのが利点。

コストはそれほど大きな差はない気がします。
バークチップは小石より少し高いかも。

人工芝はピンキリなので、何とも言えません。
そう高級なものを敷く気はありませんが、あまり安いのもすぐダメになりそうなので、
人工芝にするのなら、芝の長さが3センチ前後のを買おうかと思っています。
しかし、この部分の前の場所にも対策が必要なので、
人工芝をロールで買って、全部人工芝にした方が統一感があるかも。



鍼をしてきた後の身体はだらだらと緩んでいるので、
こんな作業の続きをする気は起きません~。(爆)

何を敷くか、ぼちぼち考えようと思います。




            
スポンサーサイト



            
                                  
        

気持ちのいい一日でした

category - 日記
2015/ 10/ 30
                 
今朝、目覚めた時、まず寒い~と思いました。
最近はめっきり朝晩が冷え込むようになりましたよね。

そしてこの秋初めて、下着に半そでシャツを着ました。
ついこの間まで、タンクトップさえ暑かったのに。

職場へは、出かける直前に、仕事用のポロシャツを着て行きますので、
それまでは暖かめの服を着ようと思い、着替えました。



お天気はよくて、風は弱く、温かめの服で外に出ると気持ちよかったです。

ふいに、今日は何して遊ぼう、という言葉が浮かびました。
仕事が休みなわけではなくて、人生は遊びだと思えたのです。
最高にリアルなごっこ遊びみたいだって思えたのです。

出勤前には、家族の洗濯物を幸せに干す主婦ごっこと、
夕食のおかずを2品作って出かける真面目な主婦ごっこと、
庭作りを楽しむ素人ガーデナーごっこをしよう♪と思い、
いつもより楽しんで、それらの作業をいたしました。(笑)

頭のおかしな人みたいですが・・・うまく言えませんが、
今、この時間とこの役割ごっこが出来てとても幸せだ、と感じていました。

いつまで続くかわかりませんが、
出勤前にいろいろ動かなくちゃいけなくて疲れるのよね~と
心の中でぼやきながらやるより、うんといい気持ちでした。

ぼやくくらいなら、いっそどれかをサボることにして、したいことすればいいですよねぇ。
夕食は帰宅後に何とかすればいいわけで、好きな本を読んでもいいし、
出勤は昼の12時半で間に合うので、うたたねしたっていいし、
朝風呂に入ったってかまわないし、喫茶店に行ったって、
本屋さんに行ったっていい・・なんて考えると、実は私はかなり自由だったんですよね。



出勤前に作った夕食のおかずは、おからの煮たのと里芋とひき肉の焼いたもの。
里芋コロッケと最初思ったんですが、カロリー高いよね、コロッケって。
で、ひき肉に味付けして炒めたのと、ゆでた里芋をつぶしたものを混ぜて団子にしておきました。
帰宅してから、ミニハンバーグの形にして焼きました。美味しかったです。
他には帰宅してから肉野菜炒めとサラダとリンゴ入りヨーグルトを作りました。

庭は以前画像をアップしてから、あまり作業していませんでした。
今朝は資材を買い足して、ちょっとイメージを仮に形にしてみました。
まだ決定ではない、思案中のデザインです。
画像、またアップしますね。

出勤前にかなり動き回って、自転車通勤で、
職場もなかなかの賑わいで忙しかったですが、
明日は休みと思うのもあるのか(笑)、そんなに疲れ切ってはいません。

気持ちのいい一日でした。


                         
                                  
        

シュウトメちゃんのトイレ介助からの連想~私は効率を捨てて、生活をゆっくり味わう世代

category - 日記
2015/ 10/ 29
                 
昨日は、シュウトメちゃんと遠足に行きましたが、
付き添いの大事な仕事は、車椅子を押すこと、話相手、
それにトイレの介助、です。

叔母の方が、一足先に、車椅子の身になりましたので、
練習を重ねているワタクシは、なかなかトイレ介助、上手なのですよ。
根拠のない自画自賛です。だってこれ、人と比べないものね。
車いす用トイレの個室の中の物語(爆笑)ですから。



長いこと、効率よく仕事をこなせるのがマトモな大人、という感覚がありました。
特に、社会人になったら、これは欠かせないですよね。

それができなかったとき、判断に難があれば、私は頭が悪い、ダメだ、という感情が湧きました。
体力に難があれば、まだ頑張れるはずなのに、ダメじゃないか、という感情が湧きました。
つまり「効率よく働けない=役に立たない=ダメ」という法則が、
脳みその中に、で~んと居座っていました。

しかし、50歳を超えますと、知的にも体力的にも、
ダメダメちゃんになってきます。
それにいちいち「私ってダメなんだ」なんて反応していたら、
もう、身も心も持ちません。(笑)
他の面で円熟してきたりしていますので、問題ないと思っています。
基本的にはそう思っていますが、やはりそのへんは割り切れていない部分もありまして、
失敗しますと、あ~、私ってバカ~!とため息が出たりするのも事実。

自分を責めることは激減していて、生きるのがとても楽になっていまして、
真剣にダメ出ししてたわけではないんですけどね、
例えば、気を付けないとこういうポカをしちゃうなという考えが湧いたのに、
大丈夫なんじゃないか~って行動して、結局ポカしちゃったりすると、
私ってバカだ、ダメなヤツだ、という気持ちが湧きます。

湧くものは仕方ない。(笑)
ああ、私は今、自分がバカだなぁと思って、切ないんだな、
よしよし、切ないよねぇ、なんて自己完結会話などしたりして。



シュウトメちゃんや叔母は、そんなレベルじゃありません。
トイレで、介護士さんや私に、ズボンや紙パンツを下ろしてもらい、
おもらししていたら、即座に発見されて、尿取りパットの交換をされる立場です。

私たちがトイレに行きたいと思ったら、すぐに行けば済みますが、
身体が不自由で、手助けがいるとなると、早めに呼ばないと、
間に合わなくなるのが日常なんですよね。

もっと早く、トイレに行くと言えばよかった、なんて思うかもしれませんね。
おもらしした尿取りパッドを交換されるのって、
心がそれを平然と受け止めるまでに、少しかかりそうです。
2人とも、もうすっかり慣れていることと思いますが、
最初はどれほど嫌だっただろうかと思います。

いつか自分もたどる道かと思えば、今、例えば食器を落として割って、
バカだなぁと自分を嘆くのも、その日のためにはいい練習になりますね。

効率よく仕事をこなすことが大事だった時代は、もう過ぎ去りました。
仕事していて、このセリフはないよねと自分で一瞬つっこみましたが、
若い人と同じようには、効率的に仕事できないのは真実ですもん、
私は私の持ち味で(物は言いよう)頑張りたいと思います。

家の仕事については、効率は捨てていいと達観しつつあります。
1度、これは一緒にする方が効率いいなと思ったら、
手帳に書いておきますが、全部そんな風にしてないし。

生活をゆっくり味わう世代になったんだわと思う、今日この頃です。


                         
                                  
        

シュウトメちゃんと遠足に

category - 日記
2015/ 10/ 28
                 
今日はシュウトメちゃんの施設の遠足で、デンパークへ。

実は朝、友人から電話があったのですよ。
もしも今日休みだったら、映画に行きませんか?というお誘いの電話。

うう。遠足の付き添いよりそっちの方が100倍楽しそうだけど、
まさか当日ドタキャンなどできませんわ~。

お友達と映画を見て、おしゃべりして、ランチしたいよぅ~という声は封じ込め、
私は前世、シュウトメちゃんにたくさん借りを作ったのかもしれないから、
借りはしっかり返しましょうね~と自分に言い聞かせて出発。



デンパークは私の実家のすぐそばにある公園です。
シュウトメちゃんの写真もいろいろ写しましたが、それは載せられませんので、
シュウトメちゃん抜きの方で。(笑)





強風の中のお散歩でしたが、日差しが強かったので、寒くなくてよかったです。

ランチは、ちゃんと施設から、その人に合わせたお弁当が。
シュウトメちゃんは、ご飯が柔らかめ・減塩食です。
私はお弁当を食べた無料休憩所で売っていたチーズバーガーを食べました。
ちゃんとこの施設で作ったパテを使っていて、普通に美味しかったです。




とにかくいろんなところに、ヒョウタンで作ったお化けカボチャ風の飾りが揺れています。



アップにしてみました。これが揺れてると、なかなか可愛いのです。

シュウトメちゃんに似合いそうなストールがあったので、
これどう?と言って勧めてみました。
嬉しそうに選んでいるシュウトメちゃんはなかなか可愛かったです。

デンパークの中にあるフローラルプレイスという温室内にある売店には、
プチプライスの小物がたくさんあるお店があって、
実家の母のものも、時々ここで散歩の想い出に?買ったものでした。
実家からすぐなので、年間パスポートを買って、一緒に歩いた公園です。

でもシュウトメちゃんは、ここは2回目。
最初に来たのは、下の義姉を誘って3人で来たんです。
私はお節介なので、たまには娘と出かけたいだろうなと思って、
義姉に、付き合ってくださいませんか、と頼んだのでした。

でも、ランチしたり、喫茶店に入りたいと言われたりして、
どこに入っても、私が誘ったのだからということか、
全額私の支払いだったので、ちょっと懲りて(ケチくさい?)
お誘いはそれっきりになったのでした。
あれはあれで、行っておいてよかったと思いますけどね。




一番の見どころ、フローラルプレイス(温室)の画像はシュウトメちゃんのばかりでした。
ブロガー精神ゼロですねぇ。(爆)

この公園は、手作りソーセージと手作りアイスが美味しいんです。

帰りには、全員でアイスを食べました。

シュウトメちゃんはイチジク、私はイチジクワインをチョイス。
この公園のある安城市は、イチジクで有名なんです。
イチジクワインはワインでイチジクを煮たのが入っているんですけど、
煮る過程でアルコール分は飛んでいるから、飲酒運転の心配はないのよ~。

しかしそのアイスの画像もありません。ブロガー精神、ゼロは確定。(爆)

シュウトメちゃんが楽しそうだったので、いい遠足でした。

送迎は施設のスタッフさんがしてくださるということで、
現地集合、現地解散でしたので、私はそのまま実家に行きました。
庭の手入れをしないと・・・なかなか行けないんですよね。

ごみ袋はたくさん実家に置いてあるので、草取りをし、
植木の葉が散ったのを集めて、ごみ袋に詰めて帰宅しました。


                         
                                  
        

命はそんなにやわじゃない  杉浦貴之さん

category - 日記
2015/ 10/ 27
                 
突然ふっと思い出して検索して見つけたHPがあります。
杉浦貴之さんという末期がんのサバイバーの方で、
余命半年、2年後の生存率0%という宣告を受けた方です。


自分史はこちら↓

母が末期がんで闘病中、通っていたビワの葉温灸の診療所に、
杉浦さんの出していた小冊子「メッセンジャー」が置いてありました。
ビワの葉温灸の診療所は愛知県西尾市にありまして、
杉浦さんは西尾市出身の方だったのでした。

母の場合は2年後生存率どころではなく、
いつどうなってもおかしくない、しいて言えば余命3か月、
半年は難しいという宣告を受けていました。

その先刻を聞いたのは私だけで、母自身は聞いていなかったのが救いでした。
先生は余命についてなんて言っているのかと聞かれるたびに、
「あの先生は余命は当たらないから言わない方針なんだって。
お父さんの時でもそう言えばそうだったじゃない。
半年って言われたけど、3年近かったでしょう?
それもそこそこ元気で、いろいろ旅行なんかにも行けて。
当てにならないなら、言わないっていう方針もわからないじゃないわよね」
そんな風に言い切って、ごまかしてきました。
本人が余命なんか聞くと、洗脳されると思っていました。

杉浦さんは、そんな私にとって、ヒーローでした。
小冊子「メッセンジャー」を読んだ当時は余命宣告から9年目でした。
母が死ぬなんて想像しただけで辛かったので、
余命宣告9年後にして、元気に飛び回っている杉浦さんと
その仲間の存在は、私には、明るいニュースでした。

ビワの葉温灸を1時間してもらうと、母の身体はぽかぽかになって、
顔色もよくなって、母も気持ちよくなったと喜んでいたものです。
その後は、西尾市から少し行くと蒲郡市の海辺へ出るので、
カモメを見て散歩したり、ランチに行ったりして、歩き回ってから、
母を家に送って行ったものでした。

母は亡くなりましたが、余命は大幅に更新しましたし、
最後の入院からホスピスの日々を除けば、
そこそこ元気で、私と出歩いていました。
アメリカから母の所に向かう、弟の声を私の携帯で聞きながら、
幸せそうな顔で、母は旅立ちました。

間に合わなかったと弟が泣いていましたが、
あなたの声を聴きながら、一筋涙を流して、笑顔で亡くなったんだよ、
生きているうちに何度も来てくれて、お母さんは喜んでいたし、
今、自分の所にあなたが向かっていると思いつつ、
声を聴いて、あの世に逝ったんだから、お母さんは幸せだったよと弟に言いました。
(弟はアメリカのオハイオ州にいて、飛行機だけでも17時間かかるんです。)

そのうち、私は杉浦さんのことを忘れて行きましたが、
たまたまふっと今朝思い出して、どうなさっているだろうと思い、
お名前で検索したら、とてもお元気そうな日常を送っておいででした。
今年でその宣告から15年目を迎えているそうですが、
お子さんも生まれて、日本各地でトークライブされているようでした。
24日~27日は北海道ライブ!なんて書かれていました。

私自身はトークライブに行ったこともないのですが、
たくさんの人が杉浦さんの影響で元気に、前向きになっていらっしゃることでしょう。
何だか心が温かくなって、ご紹介したくなったので、書きました。

                         
                                  
        

枯れた木に猫が・・・

category - 日記
2015/ 10/ 26
                 



木の中に見える丸いかたまり・・・あれはナナちゃん。



やっぱりそう。(笑)



ちょっと下に降りてきたところ。
でも、この木は、今年枯れちゃったみたいで、
多分枝が弱いので、折れないか心配なところです。
オットは猫の体重くらいなら大丈夫だと言うんですが。

この木は、長男が小さいころ、よく木登りしていた木で、
お友達と一緒に登ったりするので、
その時も、何人か登ったら折れやしないかと私は心配し、
オットは、同じ枝に登るなと言ってあるから大丈夫だと言ってました。
落ちたって大怪我する高さではないのですが、
よそのお子さんが落ちちゃったらと思うと、ひやひやしたものです。
人間の子供が登っていたんだもの、
枯れても猫くらい大丈夫よね・・・と信じたいけど、どうなんでしょう。

そもそも、どうして枯れちゃったんだろう…病気?
初夏に葉っぱが落ちてきて・・というあやふやな記憶だけがあります。
枯れた木を放置しておいてもシロアリの心配はないのかな?
誰かご存知だったら教えてくださいね。


                         
                                  
        

庭作りの途中経過の画像です

category - 日記
2015/ 10/ 25
                 
新しいスマホで撮影し、パソコンに画像を送って載せました。
脳みそが古くなったので、たまにそういう喝を入れないといけないから、
ちょうどいい作業だったかもしれません。
そんなことで脳みそ使うって言える?と思われたそこのあなた、
喜んでください。あなたの脳みそがまだ若い証拠です。(爆)



今作っている庭の部分の画像です。
植木鉢が置いてあるあたりがとりあえず今作業中の場所。
バークチップをとりあえず3袋買ってきましたが、また買い足して完成させます。



左側の植木鉢はこんな感じで・・・



 右側の植木鉢はこんな感じです。

上の画像の右上と下の画像の左上は同じもので、
後列3個、前列2個の植木鉢を並べて、花を植えました。
後列の植木鉢には、ユリやチューリップの球根も植えてあります。
後列の上にはビオラ、前列にはジュリアンと、冬の寒さにも強い花を植えました。
長い間楽しめるはず。水やりを忘れなければ。(爆)

今までここのお花は地植えだったので、それ程水やりに注意はいらなかったのですが、
地植えならではの雑草問題に手を焼いたので、除草シートに登場してもらった次第です。

ネットで買った特別に厚い除草シートが敷いてあります。
昨日のブログで「もっと平らにしたかった」のは、この下の土のこと。

平らにしやすくするための砂も買ってあったのですが、
重いので、一袋買ってあっただけでした。
ある程度平らにした土の上に砂を撒いて、
その上から除草シートをかぶせて、上にレンガを置いてトントンと軽くたたくと、
砂は移動しやすいので、平らになるじゃないですか。

徐々に作業を進めていくものだと思いこんでいたので、
砂はまた買ってきてもらおうともくろんでいたのですが、
オットはバンバンと作業を進めて、除草シートを敷いたら、
くい打ちでシートを止めるんですけれど、それも済ませてから、
「え?平らじゃないよ、これ。砂は?」との私の言葉に、
「砂?あ、使うの忘れた。第一足りないじゃん。ま、いいか」との発言でした。
思い入れの違いですね~。

一番上の画像の手前の四角いブロックは、中に花が植えられるのですが、
平らじゃないから、真っすぐにならないんですよ~。
でも、打ち込んだ杭を抜くのは大変なので、
後日また、対策を考えるつもりです。

                         
                                  
        

今日は庭作りにいそしんで

category - 日記
2015/ 10/ 24
                 
シュウトメちゃんが施設にショートステイに行ってから、
私が張り切っているのが、庭作りです。

最初、腰に負担がかかるし大変なので、一部業者さんにと思っていましたが、
これはさすがにオットに内緒でというのはまずいなと相談したところ、
自分も協力するから、業者はやめようとのこと。

費用が全然違うし、立派な庭が欲しいわけではないので、
手伝ってくれるなら、それが一番いいかもと思いましたが、
実はその発言から1ヵ月くらい経つけれど、全く手伝うことなしのオットでした。
仕事が結構忙しく、帰宅も遅めで休日出勤も多かったので、
そんな人に頼めませんものね。

私は少しずつ資材を買いに行ったり、ネットで買ったりして、
そこそこ形にしてきました。
そして今日明日とオットが連休だと言うので、
協力してね~と、今日は、いろいろ頼んでやってもらいました。

画像を撮影しようと思って忘れてたので、また近いうちに撮影します。(苦笑)
オットに頼むと、それは楽で作業がはかどるのですが、
すごく雑な作業ぶりなので、私の思ってのと違うんですよ。

一番の違いは、地面を平らにならす作業がすごく適当なこと。
考えてみたら、オットには、美しい庭を作りたいという気持ちは皆無なんですよね。
妻が大変だと言うから手伝う、というだけ。

もちろんそれだけでもありがたいことなんですけれど、
オットにしたら、出来たら早く片づけてしまいたい仕事なわけで、
ゆっくりでもいいから丁寧にという私の希望は、かないませんでした。

最初は「ここ、悪いけど、ガタガタすぎるからやり直してくれる?」などと
お願いして、やり直してもらっていましたが、
このセリフ、何回も繰り返して言うのって、根性がいるのよね。(爆)
私、途中で根性がぽきっと折れまして、さらっと諦めました。

オットったら「手作りの味わいがあるじゃないか」なんて言うんですが、
どうみたって、手抜きのいい加減な作業が丸出しの仕上がりなんです。
私が今回オットに望んだ「丁寧な作業」というのは、高望みでしたね~。

出来る範囲でやろう、と割り切って思うようにしたら、
まあ、これはこれでいいか・・という気になってきました。
地面が平らでないと、レンガなど並べても、それが水平にならないのが、
私にとっては、かなり嫌だったのですが、オットにはそれは理解できそうにない。(笑)

かつてシュウトメちゃんが、シルバーカーでお墓参りに行くための近道を
コンクリート平板で作ったことがあるのですが、
ほんの少しの段差でもタイヤが動きにくくなると言うので、
シュウトメちゃんが段差をしつこくチェックして、ここを直せという指摘が繰り返され、
何度も夜中に.やり直したときの記憶がふいに蘇ってきました。

作業が夜中だったのは、父が末期がんでかなり悪くなったころに作れと言われて、
日中は夜中にしか作業できなかったんですね。
当時は、父のことで本当に辛いのに、こんな作業までと辛かったですが、
オットはその頃は、今よりもっと仕事に忙しくて、私一人でやり切ったものです。
シュウトメちゃんも、koalaはうちの嫁だからというので、
実家のことばかりということが、許し難くてあの時期に命令したのでしょう。

私は数ミリの段差で、何度ももう一回やり直せと言われてやり直していたのに、
オットの作業の適当さと言ったら!と思ったのですが、
汗までかきながら、すごいスピードで仕上げてくれているので、
それはそれとして、ありがたいなぁと思いました。

オットは業者にお金を払うのは高くてもったいないという理由だったと思いますが、
ああいう力のいる、腰に負担のかかる作業は、もし自分でやったら、
確実に私を腰痛にするので、そのうち不満の気持ちも消えて行きました。
今日はありがとうと、本心からお礼を言えました。

まだ庭作りは終わったわけではないけれど、シュウトメちゃんが
ショートステイから帰ってきたら、それどころではなくなるし、
再入所の頃には寒くて外の作業は辛くなる時期なので、
やるなら今でしょ!というわけで、今月はちょっと頑張るつもり。

長々と書きましたが、画像もなければ全然わかりませんよね。(笑)
実はスマホを先週新しいのに替えまして、
まだ新しいスマホで画像を撮ったことがありません。
乞うご期待?




                         
                                  
        

シュウトメちゃんから死にたいという電話・・・聞いてみたら・・・

category - 日記
2015/ 10/ 22
                 
さて、どうしてシュウトメちゃんは死にたいと言ったのか。

施設で同室になった人のいびきで、夜、眠れないからだそうです。

死にたいというのは、シュウトメちゃんは辛いとすぐに口にします。
昔からそう。

わしなんか死んだ方がいいとか、生きていても辛いだけだとか、
言うことを聞かないと死んでやるとか、どれだけ聞かされてきたことか。
毎回、エネルギー奪われるのよ、これは。

甘ったれるな、聞かされる身にもなってごらん、と言いたいですが、
実の娘には甘えられないし、私と施設のお友達くらいにしか言えないんだろうな・・・
真っ先にスタッフさんに言っただろうけれど、部屋が空いていないことには、
部屋替えも無理でしょうし、部屋替えしてもらえなかったから電話して来てるのでしょう。

施設のお友達にあんまりそんな発言をすると嫌われるので、
電話して私に愚痴を言うのは正解かも。

情けない声色で、死にたいと繰り返すので、正直なところ辟易しましたが、
話を聞いて、同情して励ませば、少しは落ち着くだろうと思いました。
答えはわかっているけれど、質問をしました。

私          スタッフさんには言ったの?
シュウトメちゃん  言ったけど、部屋は替えてくれないから一緒だ。
私           多分、部屋が空いていないのかもしれないね。
シュウトメちゃん  1人部屋でもいい、入りたいと言ったけど、空いてないらしい。
私          それではスタッフさんもどうしようもないよね。
            耳栓、やってみる?
シュウトメちゃん  返事なし
            (以前同様のことがあって耳栓を持って行ったけれど、
            耳栓が気になって眠れなかったので、いらないんだと思います)
私           可哀想だけど、何もしてあげられなくてごめんね。
            夜に眠れないのは辛いよね。よくわかるよ。
シュウトメちゃん  本当に死んだ方がいい、死んじゃいたい。
私          そんなこと言わないで。お隣の人だって、意地悪でいびきしてるわけじゃないし。
シュウトメちゃん  意地悪じゃないけど、うるさくて眠れない。睡眠薬が効かない。
私          辛いねぇ
シュウトメちゃん  いつでも帰れるように荷造りがしてある
私          あのね、帰るのは11月12日って決まったから、そんな理由で変えられないんだよ。
            相談員さんにおばあちゃんがそれでいいって言って決めたでしょう?
            私ももう書類に印鑑押したし、変更するとみんなに迷惑がかかるんだよ。
シュウトメちゃん  でも、荷作りしてあるから。

というような会話を延々と繰り返しました。

シュウトメちゃん、施設に戻る前は、家は大変すぎると言っていたけど、
戻ってみたら、お隣の方のいびきで死にたくなるとは。

無理に家に戻られたら、シュウトメちゃんは眠れても、
私は夜中のトイレ介助で眠れなくなって、在宅が長引くと倒れそう。
やってみないとわからないけど。
案外、疲れ果てたら、トイレ介助で目がぱっちりなんてこともなくなり、
バタンキューになるかもしれませんしね。

そうでなかったら、夜はオムツで排尿ということにしてもらうか、
男だから嫌だというのは我慢してオットにも協力してもらうかになるけど、
それは言わないでおこうと思いました。
自分のトイレ介助で嫁が睡眠不足かもなんて想像してないでしょうし、
そんな事を言ったら、その理由で死にたいと言うかもしれませんしね。
「わしはこんな体になって、そのせいで嫁が睡眠不足になったと言うから
もう死にたい」って言われたくない・・・
そう言えば、車椅子になった時に、死にたいって言ってたっけ。

どうにかしてくれという電話ではなく、愚痴電話ですから、まあ気は楽です。

テレカが切れる前の音がして「もうカードがないから電話は終わる」とシュウトメちゃん。

私          「別のカード、まだ持ってる?」
シュウトメちゃん  「うん」

ということで電話は終わりました。
前にもこういうことはあったけど、そのうち部屋替えがありました。
今回はどうなのかわかりません。


                         
                                  
        

6時間連続で眠れて、元気に動き回れた一日でした

category - 日記
2015/ 10/ 21
                 
昨日は夜12時まで日帰り温泉につかり、友人とおしゃべり三昧しました。
帰りにスーパーに寄って、お買い物して帰宅したのは夜中の1時。
ちゃんとビールとおつまみも買ってきたのですよ。

ナナちゃんが音を聞きつけて起きてきて、猫のおやつちゅ~るをご所望。
ナナちゃんと一緒に寝ていただろうオットも起きてきて
「お土産は?」と言うので、おつまみを半分こ。
うちのオット、アルコールは苦手で家では一切飲みません。

その後、ぐっすりと寝た私が起きたのは、朝7時半。
家族は全員出勤して、家は私だけ。
あの世で母が嘆きそうな主婦ぶりだけど、
とにかく生活リズムを元に戻したい私としては喜ばしいことでした。
6時間連続熟睡って、素晴らしくない?(笑)

今朝は起きたのは遅かったけど、家事はばりばりと片付き、
ケアマネさんが来て、シュウトメちゃんの今後の話と書類の押印をし、
グラビティエクササイズに出かけて1時間半の運動、
そのまま三貴フラワーセンターに出かけて、大きな植木鉢と花を購入。

昼食の後に花を植え、市役所に行き、叔母の書類の関係で病院に行き、
晩御飯を作ってから、シュウトメちゃんの所に行き、
帰宅して、夕食前にお風呂に先に入り、オットがまだ帰らないので、
先に夕食を食べ始めたら、じきにオットが帰宅。

今、パソコンの前に向かっていますが、
何となく、怒涛の一日とでも呼びたいくらい動いた感があり、
今日は12時まで起きていられないかも。

今日からするっと元の生活リズムに戻るといいなぁ・・・