FC2ブログ

2015年08月15日

        

シュウトメちゃん、ベッドからの転倒

category - 日記
2015/ 08/ 15
                 
昨夜というか、今朝の午前1時頃のこと。
シュウトメちゃん、ベッドから落ちました!

夜中の1時に目が覚めて、テレビをつけようと思ったらしいです。
普段、施設でも自宅でも、電動ベッドの柵に、小物入れをぶら下げてあり、
リモコンはそこに入っているのですが、この2日間のベッドは、
家にある簡易ベッドで、柵はないものです。

落ちないように気を付けてねと言ってはあったのですが、
そう落ちる心配はないだろうとたかをくくっていました。

寝ていて落ちることはなさそうでしたが、
夜中にリモコンが欲しくなって、いつもあるところになくて、
手を伸ばして探していて、バランスを崩してベッドから落ちる可能性というのを
私もオットも、考えていなかったです。

幸い、骨折などの大事には至らず、おでこと鼻を床でぶつけてしまい、
後で青くなってきそうだ・・・という程度の被害で済みました。
不幸中の幸いです。



お正月とお盆の帰宅時は、たった2晩寝るだけだからと、
電動ベッドのレンタルはしていませんでした。
しかし、どうも危うい感じなので、お正月の時は借りないといけないねと
話していた矢先のことでした。

ベッドに柵がないからね、くれぐれも気を付けてねと
念を押してはあったのですが、夜中の1時となると
あまり意識がクリアじゃなかった可能性も高いですね。




その後も、いろいろありましたけれど、

無事、施設に送り届けてきました。


帰宅の3日間の間、義姉たちにも会えたし、上の義姉の長男さんが、

2日連続で顔を出してくれて、シュウトメちゃんも幸せだったと思います。


老けたなぁと思うのは、義姉たちが来て、おしゃべりしてくれるんですが、

自分に興味のない話をされると、寝ちゃうんです。

以前は、義姉たちに会うと嬉しくて、寝ちゃうなんてありえなかったのに。

まあ、わが娘の声が聞こえているだけでも幸せでしたでしょうが。






施設から自宅に帰ってくる人たちが異口同音に言うのは、

家は疲れる!家なんかに帰るもんじゃない!ということだとか。


施設がどんなに快適な造りになっているか、再確認するのでしょうし、

それでも帰れる家があることを、嬉しく思う気持ちが隠れてますね。


シュウトメちゃんを送って行ったら、施設に残っている人たちは、

なかなか楽しそうなゲームに興じていました。

小学校運動会の玉入れゲームのお年寄り版という感じのもので、

それを見て、ありがたいなぁという気持ちが改めて湧きました。


今日は市の花火大会があるのですが、それは廊下から見えるんです。

夕食が済んで、ちょっと休憩したら、廊下に出て花火鑑賞。

4階なので、見晴らしがいいと思います。

みんなで、きれいだねぇと花火を眺めているシュウトメちゃんを想像して帰りました。



ベッドから落ちて大変だったけれど、大したことなくて本当に良かったね、シュウトメちゃん。
            
スポンサーサイト