FC2ブログ

2015年08月08日

        

鍼の治療時間に思い浮かんだこと

category - 日記
2015/ 08/ 08
                 
今日は鍼の日でした。
大体今は月に2回のペースでオットと通っています。

オットも私も、日常生活には全く支障のない程度の状態になっていますが、
時々痛むこともあるし、根本解決を進めて予防にしたいのもあって、
真面目に通っているのです。

鍼をうつと、確実に体は緩むし、可動域は広がるのですが、
身体についてしまった悪い癖は簡単にはなくならないので、
次の鍼までの2週間で、前回鍼をうった直後の柔らかさは減じ、
3歩進んで2歩下がる、という感じで緩やかに良くなっている気がします。

今日の初めの鍼は、ベッドに座り、壁にもたれた姿勢で、
鼠径部と太ももの外側にうちましたので、
うってある場所が自分で丸見え。
普段、検診などで、血液検査で血を抜く際にも、それを見ないにしている私は、
自分の体にうたれた鍼を間近に見て、少々ひえ~と思いました。
見なければいいんですが、つい見ちゃうのよね。何故かしら・・。



鍼を見てひえ~っと思えるほど平和な日常だ、と思いました。

大体、日常生活に支障のない痛みで、のんきに治療に通える人は、
日本にはうじゃうじゃいるでしょうが、世界的に見たら、
そんな悠長な生活をしていない国の人の方が多いはず。
飢え死にしていく人がいて、地雷で大怪我をする人がいて、
悠長な生活をしている人もいる、広い地球。

昨日、テレビで、広島の原爆を経験した方の話を聞いたばかりでしたので、
余計に今の自分の平和な生活を感じたのかもしれません。

治療時間は、1時間しかないという人には1時間ですし、
遠方から来ていて集中的にお願いしたいと言えば、
今日お会いした千葉から来ていた方は、午前も治療して、
ランチタイムを挟んで、午後も鍼をうってもらうとおっしゃっていましたが、
私とオットは、治療院のベッドの上で、たいてい2時間ほど過ごします。

多少、先生や助手さんとおしゃべりもしますが、
大半の時間は目を閉じて黙っているので、
あれこれ思い浮かんだことを考えたり、寝ちゃったり。

今、腰痛治療の鍼を受けている自分の平和な世界を有難いと感じ、
穏やかな2時間を過ごしました。



飢え死にや地雷、原爆のことまで連想して、穏やかだとは、
相当無神経な女だと思われるかもしれませんが、
私は魂の永遠を信じていますので、過去世で飢え死にしたり、
残虐な死に方をしたりもしているでしょうし、
逆に残虐な殺し方をしたりもしているだろうとも思っています。
過去世と書いたけれど、感覚的には過去の私というより私の分身という感じでいます。
私の分身は、過去にも未来にもいっぱいいるんですよ。(怪し過ぎ!)

ブログに怪しいことばかり書いていますが、昔はそうではありませんでした。
「普通の主婦」に見られることが大事だったのです。
ブログ上でも、変な人、と言われるのは避けたかったです。

でもだんだん、どう見られても平気だという気になってきました。
取り繕って書かなくても、本心を書いても、
反応して面白い会話が弾むこともありますし、
koalaさんの怪しさにはついていけませんが、と正直に書いてくださった上で、
感想を書いてくださる方もおいでだったりして、楽しいです。

しかし、鍼をうっていただいて、体がほぐれていく間、
こんな七面倒くさいようなことを考えている私って、
よくよく理屈っぽくて面倒くさいヤツだなぁとも思いました。
鍼って楽になるな~!と頭も空っぽにして、まったりしてればいいのにね。

千葉から来て、長時間治療を受けるとおっしゃっていたあの方は、
もともとは愛知県出身で、千葉在住だけれど、
仕事の関係で時々愛知にいらっしゃるそう。
その長い治療時間の間、まったりしておられるのだろうか・・・?(謎)

            
スポンサーサイト