FC2ブログ
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/17
2015/07/14
2015/07/11
2015/07/10

2015年07月

        

ツバメちゃんたち

category - 日記
2015/ 07/ 21
                 
6月に、6時間以下の勤務のパートの休憩がなくなって、
休憩所に行く途中のツバメの巣を見る機会もなくなっていました。
もちろん、仕事後に見に行くことは出来ますけれど、
わざわざ見に行くこともなかったです。
元気かな~、大きくなったかな~と時々思い出していました。

実は、自転車の通勤時に通る信号の近くに、
ツバメの巣があるのに、気が付いたんですよ。



可愛いです

このツバメちゃんたちは、私が毎日、仕事への行きかえりに
ツバメちゃんたちの姿を見て喜んでいるのを知りません。
毎日元気をもらってるよ~、ツバメちゃんたち。ありがとう~。

職場の休憩所に行く途中の巣の中にいた
ツバメちゃんたちも、もちろん同様。

そのうち元気に巣だっていくのでしょうね。

                         
                                  
        

玄関前の画像   電話リレーサービスへのご署名のお願い

category - 日記
2015/ 07/ 20
                 
日記を書いていての連想で、聴覚障害者・視覚障害者の方たちが
電話が必要になった時に使える「電話リレーサービス」のことを思いました。

最初の方は普通の日記ですが、後半より電話リレーサービスの話になります。
前半は飛ばしていただいてもいいですが、後半を読んでいただけると幸いです。




台風は去って行ったので、人工芝と植木鉢とソーラの灯グッズを戻しました。
いわば、台風後の画像。

画像を見て気がつきましたけど、途中で人工芝、曲がってますね。(笑)
今から支度して出勤なので、またあとで直そうかな。



こちらはこの間アップした、台風前の画像。
このままだとコンクリート部分に太陽の光が当たってすごく眩しいのです。

全体に人工芝を敷いてしまえばいいのでしょうが、それも大ごとですし、
とりあえず現状でいいかなと思っています。

計算外だったのは、人工芝が台風ほどでなくても、
強風でめくれてしまうこと。
幅1M×1.8Mというのを買いましたが、継ぎ目ごとに鉢を置いて、
重しにしないといけないので不便です。

ここにあると曲がるのに邪魔、というところは置かないでいますが。
もっと幅が広くて、長さもあるものを買うとよかったです。

これを買ったときは、1枚ずつが重くなくていいと思って買いました。
重しがなくてもめくれないなら、それは正しい選択でしたけどね。

でもまあ、この人工芝があるのとないのとでは、眩しさは段違いです。
母屋から洗濯物を持って外に出ますが、母屋は昔の日本家屋で暗く、
外に出た途端、コンクリートが眩しくて、夏に困っていました。

サングラスを使っていましたが、それも面倒ですし、
人工芝を敷いたこと自体は大正解でした。



目は大事です。見えることに感謝。
視覚障害の方が生活しやすい社会になりますように。

視覚障害者の方のブログは知らないのですが、
たまたま出会った聴覚障害者の方のブログは愛読しています。
読み逃げなんですが。


耳が聞こえない人は、救急車が呼べないんですよ!
夜間診療所への問い合わせもできません。
相手とのやり取りができませんから。
クレジットカードの解約手続きでも困る人が多いそうです。

それで「電話リレーサービス」というものがあるそうです。



公的な活動ではなく、民間企業・団体が行っているので、制約があるそうです。

・会員料金を支払わないと、サービスを受けることができない
・営業時間外(深夜)にサービスを受けることができない
・通訳オペレーター不足で、すぐに電話できないことがある
このサービスを公的なものにという署名活動がありまして、
連想からですけれど、ここでご紹介させていただきます。

・ 急病で救急車を呼びたいとき
・緊急に人に確認したいことがあるとき
・さっき降りたタクシーに、忘れものをしてしまったとき
・夜間にガスが出なくなり、風呂に入れないとき
・宅急便の再配達をお願いしたいとき

こういう際に、電話の代行をしていただけるというサービス。
これを電話を提供する企業に対して、義務化していただけないかという署名活動で、

署名のあて先は総務省になります。

目標は1万人で、現在2314人の署名が集まっており、あと7686人の署名が必要です。

詳しくは↓をクリックしてください。






                         
                                  
        

すべて世で受けるものを、幸せだと言いなさい。 すべて世で与えられるものを、愛だと言いなさい

category - 日記
2015/ 07/ 18
                 
今日は久しぶりの鍼治療。
鍼治療の一部は健康保険の治療対象になるのですが、
提携医院のお医者様が治療の必要を認めるという書類が必要です。
半年に一度、そのお医者様に診ていただかなくてはいけません。
何とその提携医院が、2週続けて土曜日がお休みでしたので、
6月末に電話して土曜日予約をお願いしたら、今日が最短だったのでした。

その提携医院がメンタルクリニックなので、最初は面食らいました。
メンタルクリニックに行くの?そこで診察を受けて書類を書いてもらうの?

でも、行ってみると、理由が良くわかりました。
鍼の治療院からとても近いことと、完全予約制であること。
今日は9時40分からメンタルクリニックの予約で、
10時から鍼治療の予約をとって、それで間に合いました。

待合室には、子供さんの遊ぶスペースが作ってあって、
今日はそこで2人のお子さんが遊んでいました。
患者さんがお子さんなのかお母さんなのかはわかりません。
他にはぶつぶつと独り言を言っている若い男性がいました。
いろんな人生があります。
最近、あらゆる人生が満ちているという感覚が強いので、特にそう感じました。



私の通っている鍼は、一般的な鍼治療と多分ずいぶん違うんじゃないかと思います。
今日の鍼は、足のひざ裏、そけい部、腰、鎖骨周辺と首の左右、頭。
急いでいないので、じっくりやっていただくことにしています。

患者さんの中には、今日は40分しかないのでできる範囲でお願いしますとか
言っていらっしゃる方もありまして、その辺は個人差がありますが、
私やオットは大体1時間半ほどかけてやっていただくことが多いです。

今日はオットは用事で行けず、私だけでしたが、2時間かけてやっていただきました。
鎖骨周辺とか、首の左右、頭などに鍼をうたれるのは、
先生の腕を信頼していて平気とも言えますが、
本能的には恐怖を感じるとも言えます。

しかし、効くのですよ。刺されるとすぐに眠くなるのは不思議なほど。
鍼を抜くまでの間はうとうとしています。
最後に肩のマッサージを助手のRちゃんにしていただいて治療終了。

先生は鍼の施術が終わると、ランチの買い出しに行かれました。
近くのお店にランチ食べに行くのに飽きてしまって、しばらくは買いランチにするとか。

先生は、実によく動く方で、マグロの様な回遊魚タイプですよねと
肩のマッサージを受けながら、助手のRちゃんとおしゃべり。
きっとマグロみたいに、泳ぐのを止めると死んじゃうんだねって。

この世にはあらゆる人生が満ちているので、全く逆の人もたくさんいますね。
大多数はその中間でしょうけど。



今日、賢者テラさんのブログに胸を打たれました。

どうしても、愛とか幸せと言う言葉を使いたいのなら
すべて世で受けるものを、幸せだと言いなさい。
すべて世で与えられるものを、愛だと言いなさい。

どうして人は生きているのか。
若い頃はいろんな理屈をこねたけれど、54歳になって思うのは、
生きることで得られる経験を重ねるため。

誰が見ても値打ちのある経験のためとか、心地よい経験のためとか、
そういう条件なしの「経験」のためじゃないかなと今は感じています。

すべて世で受けるもの、与えられるものの中には、
こんな辛い経験をしたくない、みじめだ、辛すぎる、馬鹿みたいだ、
そんな風に感じる内容も多いはず。

誘拐犯に子供を殺されたとか、ひき逃げされて寝たきりになったとか、
そういうむごい経験を生きている人だってたくさんいます。
そういう運命を思い浮かべながらこの言葉を読むと、
一層、ものすごい言葉です。
もちろん、むごい運命の方に、言う言葉ではないですよ。
自分に向かって囁く言葉です。

すべて世で受けるものを、幸せだと言いなさい。

すべて世で与えられるものを、愛だと言いなさい。


「言いなさい」と言う言葉ではありますが、

とても言えなくったって、それを責めるものではありません。

どうしても、愛とか幸せと言う言葉を使いたいのなら  という

前提での言葉ですから。


自分に都合のいい、生きるのに楽なことしか起きない、

愛と幸せに満ちた人生しかいらないわ~、

そういう人生が送りたい~などという妄想を捨てなさいというのは、

ごく当たり前のことですが、愛と幸せというキラキラワードには、

その当たり前のことが入り込まないこともままあるので、

そんな風に書かれたのだと思います。


悲しみも苦しみも怒りも嘆きも、生きていることで味わえる、貴重な経験ですよね。


最近強く感じていた、あらゆる経験がこの世にある、という感覚が、

この言葉で一層実感を増した気がします。



                         
                                  
        

何もかも変化していくんだなと感じた朝

category - 日記
2015/ 07/ 17
                 


台風のため、いろんなものを片付けた玄関までの通路。
何もなくなると、こんな風だったんだと久しぶりに見た景色が新鮮でした。

曇り空なので、画像からはわからないと思いますが、
お天気のいい日は、このコンクリートが白く光って眩しいの。

そこで、人工芝を敷いて、そのままでは強風で人工芝が飛ぶので、
大きめの植木鉢などで人工芝の継ぎ目が抑えてあります。

この場所をコンクリートで固めたのは、そもそもシュウトメちゃんのためでした。
以前は、砂利と、私が作った煉瓦の道があった場所です。
そこをシルバーカーで歩くのに、歩きにくいということで、
コンクリートで道を平らにしたんです。

しばらくの間は、このリフォームは役立ってくれました。
先に書いた、シルバーカーで通る時、というのは、
実はシュウトメちゃんが、平らでないから困っていると言ったので、
私たちも貯金をはたいて平らにしたのですけど、
結局は、シルバーカーでここを歩くなんて、めったにありませんでした。
車の乗り降りする時限定でシルバーカーで歩いていましたね。

そんな風なので、車で送迎するときにとても役立ちました。
私の軽自動車を、母屋の玄関と離れの玄関の間にあるこの道に
すっぽりと止めることができるように作ったので、
送迎の時に、母屋の玄関に車を横付けして、
シュウトメちゃんを乗せることが出来たのは、とても便利だったのです。

シュウトメちゃんが車椅子の身になるまでは、
よろよろとシルバーカーで車庫まで行くのに比べ、
車に乗るまでの料力と時間が短縮されました。
シュウトメちゃんは早めに支度できない人でしたので、
急いでくれないと、その後の私が仕事に遅刻しちゃう~というストレスを
大幅に減らしてくれて、ありがたい道でした。

でも、そうしてくれと言うシュウトメちゃんに
少し払ってと言ったら「わしお金ないもん」と言われたっけ。(笑)
お風呂のリフォームjと同時にやっていただいたので、
2012年のことでした。もう3年も経つんですね~!

そんな記憶も遠くなっていた最近でしたが、
台風で何もかも片づけてみると、
あの頃の私とシュウトメちゃんの様子が、
ふわっと鮮やかに記憶に蘇ってきます。

あの頃は、まだ杖で歩いていたシュウトメちゃん。
まだまだ杖で歩けるかと思っていたのですけど、
時は流れ、変化していきました。

この画像の左側に私の車庫があります。
ここまでシルバーカーで歩くのが大変な程度に足が弱っていたんですね。
私が嫁いできた頃は、バスで通院していたシュウトメちゃん。
バス停まで杖で歩いて、バスに乗って・・・30年も前の話。

その頃は、画像の場所は、砂利も煉瓦の小道もなくて土でした。
草取りで腱鞘炎になって辛かった若い嫁だった私。
少しでも草取りの場所を減らしたくて、煉瓦の小道を作って、
周囲には砂利を敷いて。
一人でやりましたが、シュウトメちゃんは土が死んでしまうと怒ってて。

当時の私に、今の意識があれば、さっさと専門家を読んで、
お洒落で気分のいい通路を作ってもらっていたことでしょう。
貯金が減ったって、必要経費だわと胸を張っていたでしょう。

でもあの頃の私は、自己評価が低くて、嫁なんだから我慢しなくちゃとか、
草取りが嫌だ、気持ちいい玄関周りを見ていたいなどという理由で、
大金を使うなんてワガママとか、そんな意識が強かったのでした。

何もかも変化していくんだなと、何もないコンクリート画像を見て感慨にふけりました。


                         
                                  
        

幸せになれる考え方

category - 日記
2015/ 07/ 16
                 
今日、庭に出た時に、お隣のおばあちゃまに会いまして、世間話をしました。
この方は元気はつらつで、ご主人と、お百姓をしておられます。

シュウトメちゃんよりはずいぶん若いと思いますが、
台風が来ますねという話で、伊勢湾台風の話題が出ちゃうというご年齢。

伊勢湾台風の時には、このあたりの家は、つぶれた家はなかったけれど、
たくさんの家の屋根が飛んだということでした。
「だけどね、みんな戦争を知っとるもんだから、屋根が飛んで困ったけど、
空襲よりいいよねと言い合って笑ったよ」とのこと。

幸せになれる考え方だなぁと思いました。

「たくさんの家の屋根が飛んだよ。仕方ないねぇ。
でも、つぶれた家は、この辺ではなかったね。」

伊勢湾台風は、死者・行方不明者が5000人を超える被害がありましたから、
確かに、屋根が飛んだくらいなら笑っててもいい被害ですが、
実際に「空襲よりいいよね」と言い合って笑えるかと考えてみると、
私は自信ないなぁ、見習いたいなぁと思いました。


                         
                                  
        

判断ミスしちゃった~

category - 日記
2015/ 07/ 15
                 
昨日のこと、商品出しをしていたら、レジのブザーが鳴りました。
70歳くらいに見えるご夫婦が、ラムネを手にして何やらご立腹。
パッとラムネの瓶を見て、付属の、ビー玉を瓶に押し込む部品を
捨てちゃったんだなと思いました。

ラムネ瓶の封を切ると、プラスチックの蓋が取れるのですが、
その蓋の中央部分が、ラムネの瓶のビー玉を押し込む部品になっています。

以前、そういうお客様がいらっしゃったことがあったので、
数年前までは、その部品が1つ、非常時用に保管してあったのですが、
めったにないことですし、保管してあった場所も店内リニューアルでなくなりまして、
今、そういう事態になったら、ビー玉を何か固いもので、
下に向かって突くしかないかなぁとその瞬間思いました。

その説明をしますと、そのご夫婦は、ラムネの瓶の封なんて切っていない、
これは不良品ですぐ取り替えろとおっしゃる。

本当に封が付いていなかったらそれは不良品ですけれど、
瓶の蓋は濃い青で、封は白いビニールなんです。
もしもそういう不良品が混じったら、気が付かないはずがありません。
商品を持ってくる人も、それを店内に並べた人も、時々巡回して
補充の必要はないかと見回る人も、レジでそのラムネを通す人も、
誰もそれに気が付かないなんてありえないんです。

お客様ご自身も、白い中にたった一つ濃い青のものがあったら、
おかしいなと気が付くと思うんです。

しかし、お客様が嘘をついていると指摘するわけにはいきませんので、
売り場に封がないラムネが並ぶのは不自然ということを、失礼のない言葉を選んで説明し、
封を切ったことをうっかりお忘れになっていたのでは?という
ニュアンスで言ったのですが、ご夫婦2人とも、目は少し泳いだものの、
封なんか切っていない、のどが渇いたから買った、
何かでこじ開けるなんて待っていられない、すぐ新品と交換してと
却って意固地にさせちゃったようです。

普通なら値段に関わらず(ラムネは税込で1本95円)社員さんを呼んで、
対応を変わっていただくんですが、昨日はすごい人手不足でした。
午後のパートさんがたくさん休んでいたのと、アルバイトの子も体調不良で休んでて。

店内に社員さんは見当たりませんでしたので、
事務所か奥の作業場で仕事していると思われました。
忙しい社員さんを呼んでくるほどのこと?とつい思ってしまいました。

社員さんを呼ばないでどうするかですが、簡単なのは、
担当したレジ係さんに、封が付いていたかどうか聞くことでした。
でも、ここで私はためらいました。

相手のご夫婦は、95円のラムネをもう1本買うことも、
買わないで、何とかこじ開けるのも拒否して、
封を開けたことをしらばっくれて通そうとしている、
あまり普通とは言えないお二人です。
そんな恥をかかせるようなことをしたら、余計揉めるかもしれません。
ここで揉めているのも、すでに他のお客様の邪魔になっています。

ここで、「私では対応できませんので、責任者を呼んでまいります」と
言うべきでしたね、私は。
そう思ったのに、今日はこんなに忙しい日だし、95円のことだしと思って、
「わかりました。お客様は封を切ってもいらっしゃらないし、
封も見ていないのですね?では交換いたします。」と言ってしまいました。

ご夫婦は、ご主人がそのラムネをとても飲みたかったから買ったそうです。
飲まない奥様の方が、のどが渇いていたのに散々待たされたとか、
いろいろ苦情を言いながら、「あんた開けてね。飲めないと困るから」
もちろん私がお開けするつもりでいましたけど・・・・
「あちらに椅子がございますので、座ってお飲みになりますか?」と誘導しました。

椅子が置いてあるのは、目と鼻の先で、ご主人は足が悪そうにも見えないのに、
ご主人はずっと文句を言っていて、呆れましたが、
目の前で封を切ってラムネを開けてお渡ししました。

交換して、新しいラムネの封を開け、お渡ししてその場を去り、
この件を報告しましたら、え?koalaさん、それで交換しちゃったの?と言われました。
怒られはしなかったですけどね、呼ばなきゃダメでしょうと言う言葉を
優しく飲み込んでくれたのでしょうね。
あのご夫婦も、責任者ですと社員さんが出てきたら、態度が違ったかも。

私はこういうトンデモナイ系のお客様に出会う率がとても低くて、
今まで楽してきているんですが、いい勉強になりました。
ラムネの件などは、大問題にはなりそうにない内容ですし、
やはり話が通じなかったら、社員さんが忙しかろうがちゃんと呼ばないとね。

でも、夫婦ってきっとこんな風に似るんですね。
絶対に最初の説明で、あ、あれ捨てちゃったけど、あれが要ったのかと
気が付いたと思うんですよ。目が泳いだもん。
でも、しらばっくれて、新しいのと交換させた方が得、と思ったんでしょう。
こういう価値観が一致していないと、一緒に行動なんかできません。
でも、対応する私を見て、コイツなんかちょろい、と思われたんだろうか・・・
それは少し悲しいことでありました。


                         
                                  
        

寄せ植え画像

category - 日記
2015/ 07/ 14
                 
一週間くらい前に作った寄せ植えの、中央の白い花が開花しました。



全体に実際よりも白っぽく写ってしまいましたが、丈の低い花はピンクで、
中央の丈の高い花は、白と紫の2本です。
上から写すと、高低がわかりにくいですね。

これを作ったのと同じ日に、コキアも植えました。




今は「コキア」と呼ぶのが一般的ですが、
私の子供の頃は「ほうき草」の名が一般的でした。

もっと大きくなるので、このプランターで6本では多かったですね。
植え替えしようか、このままでもそれなりに育つだろうからこのままか、思案中。

画像だけ見ていると、なにやら涼しげですが、外はとんでもない暑さ。
自転車通勤が辛い季節がやってまいりました~。(笑)

帽子と日焼け止めクリームは前から必須ですが、
昨日からは、冷えピタと保冷剤入りスカーフも必須の仲間入りに。

冷えピタは見えるとかっこ悪すぎなので、背中と胸元に。
胸元は、心臓の悪い人は避けたほうがいい貼りポイントですが、
そもそも心臓が悪かったら酷暑の中自転車通勤しませんから大丈夫。

スカーフの首に当たる部分には小さな保冷剤を3つ並べてくるくると巻いてます。
これがあるのとないのとでは大違い。

まだ使っていませんが、これでも辛いという季節になったら、
服にスプレーすると涼しくなる商品を使います。
これは持参もして、信号待ちなどの際にも振りかけます。

そこまでして自転車通勤しなくてもという感じですが、
今日は車~っていう日もあるので、ご心配なく。(笑)



                         
                                  
        

長女の誕生日

category - 日記
2015/ 07/ 13
                 
今日は長女の誕生日。
日曜日なら全員の都合が良かったので、家族で食事に行きました。
高級料亭ではなく、個室居酒屋さんの予約がしてありました。

「蒸し焼き ぶち」というお店だったので、蒸し焼き料理が多く、
あれこれ頼むたびに、机の上にタジン鍋が並んで何だかおかしかった。
美味しかったし、楽しかったです。

先月は長男の誕生日がありましたが、こちらは本人の希望で、
周るお寿司屋さんに行きました。

日曜の夜なんだから予約できるお店がいいのでは?と思ったけれど、
本人の希望通りにしたら、待ち時間1時間でした。
外食産業が流行るのは景気がいいってことですよね。

子供がいい年なので、家族で食事なんて誕生日くらいしか行かないのですが、
行ける間に、もう少し行ってもいいかも?という気がしてきました。



お店に行く前に、シュウトメちゃんの所にみんなで寄りました。
勢ぞろいで行くと、やはり嬉しいみたいで、喜んでくれました。

シュウトメちゃんが家で暮らしていたころは、家族で外食といえば、
シュウトメちゃんがOKのお店でないと、ということで、
条件がいろいろあって、難しかったです。

杖で歩けた頃は、掘りごたつがあるお店で、NG食材が少ないお店か、
車椅子を市の施設から借りてきたうえで、車椅子OKのお店。
家族での外食は楽しいというより、手のかかるイベントで大変なことでした。
シュウトメちゃんのお気に入りのお店に、奉仕の気持ちで連れていくか、
今日はごめんねと言って、子供たちの行きたがるお店に行き、
シュウトメちゃんはお留守番にしてもらうか、どちらかでした。
すごく遠い遠い過去のことのように思えます。

昨日、居酒屋さんの個室でわいわい言って食事して乾杯して、
昔はこんなの、想像できなかったという思いが湧きました。



長男29歳、長女26歳。実家住いっていうのは、
甘やかし過ぎのバカ親あってこそ、なので、
私のウイークポイントではあるのです。

長女がブラック企業に勤めていたころは、
自宅通勤でよかった、でないと倒れちゃうと思いましたが、
今はまともな会社にトラバーユできたしね。

とりあえずは、特にペットを飼っていると私たちには便利、
家事に関しては子供たちが便利と、お互い便利です。

私が子供たちの食事を作るのは夕食だけで、
朝食やお弁当(長男は作りませんが)と皿洗いは各自。
急ぎの洗濯物は各自、そうでないものは、必要に応じて
各自でポイント洗いをしてネットに入れてあるものは私が洗って干します。
仕事休みの日は洗濯物を干すのを頼みます。

母屋と離れに分かれて暮らしているので、鬱陶しさはないです。
同じ屋根の下だと、鬱陶しく感じるような気がします。
いい年した子が、何時に帰ってきたとか、今テレビ見てるとか、
全部把握できちゃうのって、私は好きじゃないので。



便利は言葉を変えると依存なので、ウイークポイントなのですが、
この流れが変わることは起きてきてません。
最近は流れが変わる時は変わる、無理しないでいいやって
割り切る気持ちになっています。
夫婦二人だけで生活している友人も多いですが、
私のように、大きな子供と同居している友人も多いです。

お父さんもお母さんも今年55歳で、10年後には年金生活だって
しつこく年を強調しております。(爆)



                         
                                  
        

オットと歩いてきました

category - 日記
2015/ 07/ 11
                 
オットが朝、テレビを見ていました。
TKOの木本さんがライザップのトレーニングを受けて、
痩せて筋肉質になるという番組でした。
私も一緒にコーヒーを飲みながら見ました。
コーヒー飲み終わったら、歩きに行こうねと言いながら。

ライザップは、時給900円くらいのアマチュアトレーナーさんをパートで雇って、
指導に従った人から健康被害も出ているという結構ブラックな話題が、
一時盛り上がったので、私は疑いの目で見てしまいました。

トレーニングも食事制限もなかなか過酷なので、
もちろん、誰がこれを実行しても痩せるだろうとは思いましたが、
指導者がアマチュアだと、かなり怖いと思います。
テレビ番組で特集の時には、ちゃんとしたトレーナーさんがつくでしょうが。

劇的にムキムキになった木本さんは嬉しそうだったし、

実際にすごい変化でかっこよくなったので、

これを維持したいと思うだろうし、大成功でしたけど、

運動不足の中高年には危険だと感じました。

まあ、入会予定は全然ないのでいいんですけどね。(爆)


さて、koala夫婦が出かけたのは、東山動植物園。

入園料500円、駐車料金800円でした。




大人の象は、日陰でずっとエサを食べていましたが、
小象ちゃんは動き回っていました。



分かりにくいけど、コアラが寝てます。(笑)
コアラ館は屋内で、エアコンが効いているので、ありがたいです。

今日の名古屋は真夏日で、かなり暑かったです。
親子連れで動物園は賑わっていました。




動物園も楽しいですが、植物園は木陰を歩く道も多く、
動物園よりはるかに空いていて、
運動になる「早足歩き」には最適でした。

水連が咲いている池を見ながら歩いたり、青紅葉の下を歩いたり、
木や陶器で出来たオブジェがあったり、小川があったりと、
変化に満ちた作りがしてあって、歩いていて飽きません。





座って一休みできる古民家の軒先には、七夕の笹の葉が飾り付けてあったりしました。
この古民家の横の自販機で冷たいお茶を買い、この縁側に座って飲みました。

たまにあるいたくらいでは痩せはしないし、筋肉ムキムキにはなりませんが、
歩く習慣をつけるのはいいことですよね。
そのくらいのペースで、できたらオットの血圧が下がる程度に
痩せてくれたらいいなぁと思っています。

しかし、今日の日記って、定年後の老夫婦の日常みたいね。
定年後も、そう遠くない未来ですが、年金をもらうまでは働かないと。(爆)
                         
                                  
        

雨の降る日は家でだらだら

category - 日記
2015/ 07/ 10
                 
タイトルはナナちゃんのことです。(笑)
人間は、雨だから仕事は休みとか、お洗濯もしないとか、
あんまりそういう風にはなりませんね。

最近はもっぱら私の椅子で寛ぐことが増えていまして、
最初のころ夢中だったキャットタワーには見向きもしません。

この画像のような姿勢の無防備さに笑えます。

前の猫、フクちゃんは、子供を産んだことがなかったのですが、
ナナちゃんは、子連れで保護されたママ猫。

痩せていたのですが、我が家に来て慣れて落ち着いたのか、
おなかがふわふわっと丸い、プチおでぶちゃんになってきました。

お腹のたるみ具合に、親近感を感じます。

やはり、妊娠・出産でお腹の皮が一度びよ~んと伸びると、
こんなぽちゃぽちゃ腹になりやすいのでしょうねぇ。
ナナちゃん、私、仲間ですよ~。

え?子供を産んだせいにするなって?(爆)





私は昨日はヨガ教室に行ってきました。

地区の運動教室で、グラビティエクササイズが月2回、ヨガ教室は月2回、

なるべくこの4回には出ようと思っています。

家でもちゃんと毎日運動できるといいんですが、
やっているのは、ストレッチくらいです。

オットはダイエット宣言はしたのだけど、仕事で疲れたというので運動なし。
少しだけでも運動すると、痩せないまでも、血流が良くなって、
身体にいいんですが、動きたくないとのこと。
お仕事、お疲れさまです。
強制することではないので、好きにするしかないですね。

本当は、疲れたのは脳みそであって体ではないので、
楽しく体を使って、ゆっくりお風呂に入って、ぐっすり寝るのが理想ですが、
それが無理なら仕方ないです。
食物繊維たっぷりの食事を食べてもらいました。

ところで、食物繊維がたっぷり過ぎて、同じものを食べた私のお腹が痛くなりました。
結局、お腹が下って、一時的にでしょうが、体重が減りました。(笑)

食物繊維、恐るべし。


オットのダイエット宣言を受けて、昔使っていた体重計をひっぱり出していますが、
お腹が下った後に測ったら、私の体重が減ったのはもちろん、
肉体年齢が2歳若返っていました。44歳です。
でも多分、しばらくすると元の46歳に戻ると思います。
この体重計、肉体年齢が出るんですよ。信憑性あるのかな?(笑)
実年齢54歳なので、40代の表示が出ると、気分的に嬉しいです。
しかし、私の見た目年齢は年相応です。残念!(爆)

普段の食事で、毎日快便の私と、同じものを食べても便秘気味のオットでは、
同じ内容の食事では合わないのかも。

オットは「3日続けて出たからびっくりした」と言っていました。


乾煎りしたおからと、えのき氷を食材に混ぜて使っています。

えのき氷は元々時々作っているので使っていましたが、

おからは割に最近始めた習慣です。


子供たちのお腹は下らなかっただろうか?と

ちょっと心配した母koalaでありました。

気を付けないと。あのレベルの食物繊維を取り続けていいのは

我が家ではオットだけだったと肝に銘じました・・・。