FC2ブログ

2015年04月28日

        

リサ・ランドール著 「ワープする宇宙」 読み始めてつまづいてます(爆)

category - 日記
2015/ 04/ 28
                 
すごく面白くて読み進めたいのに私には難しくて出来ない本に出会いました。
その本とは、リサ・ランドール著 「ワープする宇宙」

日本語版が2007年に出版されているもので、
中古本をポチして読み始めて、難しくてつまづいてきました。

若いころにもっと勉強しておけばよかった、という気持ちには
普段、あまりならないんです。
もちろんたくさん勉強してきたから、ではないです。(爆)

本格的に研究したいわけじゃあるまいし、
これは面白そうと思ったことがあったら、
自分のレベルに見合った、簡単に説明してくれる本を探せば、
そこそこわかるし、それで満足できてきました。

しかし、この本を買ってから、もっと勉強しておけばよかったと
思っても仕方ないことを思ってしまう私がいます。

ハーバード大学の物理学教授が、一般の人にもわかるように
数式など一切使わないで、図も多用して書いた
「ワープする宇宙」という本をポチしたんです。

何年も前に日本でも話題になった本でしたが、
その時は、物理学の本を読む気などゼロでした。

著者はリサ・ランドールさんというクールビューティな美女で
確か、来日して講演もしています。

この本が・・・めちゃくちゃ面白くて理解したいのに、
難しくて、読み進むうちに??になってきてしまいました。
とても完読できそうにない・・・。(涙)
物理なんて、学生時代もチンプンカンプンだったからなぁ。

一般人に向けた、すごく噛み砕いた本だというのは、
読んでいて、強く感じるんです。
彼女は、ミクロからマクロまで知りたい人なのだと感じました。
こういう謎はこういう理論で説明が付く!という知的興奮を
ぜひたくさんの人に伝えたいという気持ちも溢れている本です。

そしてその内容のぶっ飛んだことといったら! 
今まで読んだスピリチュアル本などかすんでしまうほどすごいんです。

まだ証明されていない理論なので仮説なんですが、
余剰次元という概念に目がハートになってしまいました。
目がハートになっても、脳みそが付いていけない悲しさ。
これが理解できたら、どんなにエキサイティングだろう!と思うのに。

どんな本?という説明が、現時点で私には出来ません。

荒唐無稽な怪しい話のようにご紹介したくないですし。

忙しいし他に読む本(しかも手軽に読める)はたくさんあるし、

このままこの本を読むのをリタイアするかもしれませんが、

読み方を変えようと思います。

私の脳みそでは、この先ふむふむと読み進むのは多分無理なので、
最初に戻って、ノートにメモしながら、勉強スタイルで読もうかなと。
それでもリタイアするかもしれませんが、それでも出会ってよかった本です。

学生時代、物理は好きで得意だったよという方がいらしたら、
多分、図書館にもあるので、読んでみてくださいね。
怪し過ぎる!と思われるか、すごい!と思われるか、分かれそうですが。

            
スポンサーサイト