FC2ブログ
2015/04/18

2015年04月18日

        

鍼治療に行きました

category - 日記
2015/ 04/ 18
                 
今日はオットと鍼治療へ。
シュウトメちゃんをデイサービスに送り出してから出かけました。

通い始めて1年になり、現在、治療に通わなくても、
生活に支障は全くないのですが、
私もオットも、当分は通うつもりです。

治療に通ううちに、自分の体のこわばりが自覚できてきました。
特に痛くない=正常、と思っていましたが、
「痛みが強く出てしまうまで、体をこわばらせない」方法として、
腕のいい鍼治療師さんにかかるというのは
いい選択だと思うようになりました。

腕が悪いけど自信がある先生が一番怖いそうですよ。
そんな人いるの?って思いますが、いるそうです。(怖)

腕が悪い自覚がある人は、無難な鍼を浅くさすから、
あまり効かないけれど、危険は少ないとか。

それ、経験あるのでわかります。(爆)

鍼でこわばった体がほぐれていくのを感じますが、
生活している間に、またこわばってきます。
3歩歩いて2歩下がる~。
(この歌詞がわかるのは50代以上かな・・・?)

老化って、あちこちが固くなることかもしれません。
ほんと、50歳過ぎてから、体がすぐ固まるんです。
柔軟体操は大事!

固くこわばった体をほぐす方法はいろいろあると思います。
私はたまたま鍼に出会って、それが良かったですが、
鍼をしていればいいかといえば、やはり姿勢に気を付けたり、
運動したりする、日々の自分の体との付き合い方が、
適切でなかったので、鍼が必要になったと感じています。

今日の鍼は、膝の横と内ももと首と上腕。
聞いただけで恐ろしいでしょ?
1年も通って、信頼してますけど、さしはじめはやはりちょっと怖いです。
(先生には内緒)

点滴の針を刺すよりも痛くないです。
たまに痛い鍼もあるのですが、その時には
少し痛いですがと断っていただけます。
それはそれで怖いですが、覚悟してないともっと怖いですよね。

鍼を刺して待っている間に、もう緩んでくるのがわかりました。
抜いていただいた後は、ああ、全然違う、と実感。

この状態がずっと続けばいいのですが、
次の治療はこちらの都合で3週間後。
来週は友人と、劇団四季のマンマ・ミーアを観に行きます。
再来週は、オットと奈良へ行きます。

本当は2週間に1度くらいがいいのですけど、鍼は3週間後。
その間に「3歩進んで2歩下が」ってしまうんですよね。
でも、単純計算で、1歩ずつ前進しているはず・・・?







チューリップ、満開です。
            
スポンサーサイト