FC2ブログ
2015/04/29
2015/04/26
2015/04/24
2015/04/21

2015年04月

        

5月2日は日帰りで奈良へ  今日はもちろんお仕事~

category - 日記
2015/ 04/ 29
                 


猫じゃらしで遊んでいたのに、スマホで写そうとしたら手が止まったナナちゃん

最近は家の周囲の土地勘が出来てきたのか、外の時間が増えてきました。
野良猫に追いかけられやしないか、変なものを舐めないだろうかと
心配の種はありますが、それはのみこもうと思います。

-------------------------------------


GWが始まりましたね。
オットと長女の勤務先はそれぞれ4大型連休がありますが、
私と長男の勤務先は、それぞれ普段より忙しくなります。

私は5月の1日2日と連休を頂いて、後は仕事です。
2日には、オットと日帰りバスツアーで奈良に行きます。
東大寺にて、この日、聖武天皇祭が執り行われるそうで、
日にち限定のツアーがあったのを見つけたので、申し込みました。

オットは長いこと、バスツアーなんて嫌いだったのですが、
年を取って、疲れないのがいいという風に気持ちが変わってきたようで、
こんなツアーがあるよと言ったら、じゃあ行こうかと言いました。

GWの土曜日なので、道も大混雑していると思いますが、
バスでしたら、根でも座っている時間が長いだけです。
駐車場の心配も、食事の心配もなく、お任せです。
混雑期、中高年の気楽なお出かけにはいいですよね、バスツアー。

道が混むことが予想されるためか、奈良には行くんですが、
行先は東大寺と興福寺の2か所のみ。
練り行列、法要があり、鏡池舞台で、舞楽が奉納され、
能が奉納されるとのことで、目的のメインはそれです。
興福寺の北円堂特別開扉もあり、運慶の彫った仏像もみられるとのこと。

滞在時間の倍以上の時間、バスの中というツアーですが、
楽しんできたいと思います。
聖武天皇の時代の復習もしておこうかな。
私、物理だけじゃなくて歴史にも疎いんですよ。(笑)

里中満智子さんの漫画、「長屋王残照記」って、確かあの時代。
これは読み直しておこうと思います。

学生時代、勉学に励まなかったワタクシは、
歴史の復習も漫画にお世話になっているのよ。(爆)


奈良にはまってから、天上の虹というシリーズも読みました。

作者はやはり里中満智子さんで、天智・天武天皇の時代を

女性の愛という視点から描いていますが、なかなか面白いですよ。




ふ~ん、5月2日は、私のお世話をしてくれないわけね。

長女さんが代わりにしてくれるって?



            
スポンサーサイト



            
                                  
        

リサ・ランドール著 「ワープする宇宙」 読み始めてつまづいてます(爆)

category - 日記
2015/ 04/ 28
                 
すごく面白くて読み進めたいのに私には難しくて出来ない本に出会いました。
その本とは、リサ・ランドール著 「ワープする宇宙」

日本語版が2007年に出版されているもので、
中古本をポチして読み始めて、難しくてつまづいてきました。

若いころにもっと勉強しておけばよかった、という気持ちには
普段、あまりならないんです。
もちろんたくさん勉強してきたから、ではないです。(爆)

本格的に研究したいわけじゃあるまいし、
これは面白そうと思ったことがあったら、
自分のレベルに見合った、簡単に説明してくれる本を探せば、
そこそこわかるし、それで満足できてきました。

しかし、この本を買ってから、もっと勉強しておけばよかったと
思っても仕方ないことを思ってしまう私がいます。

ハーバード大学の物理学教授が、一般の人にもわかるように
数式など一切使わないで、図も多用して書いた
「ワープする宇宙」という本をポチしたんです。

何年も前に日本でも話題になった本でしたが、
その時は、物理学の本を読む気などゼロでした。

著者はリサ・ランドールさんというクールビューティな美女で
確か、来日して講演もしています。

この本が・・・めちゃくちゃ面白くて理解したいのに、
難しくて、読み進むうちに??になってきてしまいました。
とても完読できそうにない・・・。(涙)
物理なんて、学生時代もチンプンカンプンだったからなぁ。

一般人に向けた、すごく噛み砕いた本だというのは、
読んでいて、強く感じるんです。
彼女は、ミクロからマクロまで知りたい人なのだと感じました。
こういう謎はこういう理論で説明が付く!という知的興奮を
ぜひたくさんの人に伝えたいという気持ちも溢れている本です。

そしてその内容のぶっ飛んだことといったら! 
今まで読んだスピリチュアル本などかすんでしまうほどすごいんです。

まだ証明されていない理論なので仮説なんですが、
余剰次元という概念に目がハートになってしまいました。
目がハートになっても、脳みそが付いていけない悲しさ。
これが理解できたら、どんなにエキサイティングだろう!と思うのに。

どんな本?という説明が、現時点で私には出来ません。

荒唐無稽な怪しい話のようにご紹介したくないですし。

忙しいし他に読む本(しかも手軽に読める)はたくさんあるし、

このままこの本を読むのをリタイアするかもしれませんが、

読み方を変えようと思います。

私の脳みそでは、この先ふむふむと読み進むのは多分無理なので、
最初に戻って、ノートにメモしながら、勉強スタイルで読もうかなと。
それでもリタイアするかもしれませんが、それでも出会ってよかった本です。

学生時代、物理は好きで得意だったよという方がいらしたら、
多分、図書館にもあるので、読んでみてくださいね。
怪し過ぎる!と思われるか、すごい!と思われるか、分かれそうですが。

                         
                                  
        

本日はやや怪しい日記  能力の凸凹について

category - 日記
2015/ 04/ 27
                 
昨日は職場が忙しいことがわかりきっていたのに、
出勤前に毛布を洗ったりと無謀に働き過ぎました。

花粉も下火になったし、車で行くと道は混んで、
自転車よりかなり時間がかかるので、久々の自転車通勤にしました。

仕事は当然忙しく、夕食は手抜きでと思っていたのに、
魚半額の札につられ、太刀魚を購入。
半額なのは、一切加工していないお魚だけです。
普通のお魚を買うより、太刀魚は楽ではありますが、
お刺身を切って並べるより立ちっぱなしの時間が延びるのは確実。

ジャーサラダがあったので、1品は楽できましたが、
合計3品とお味噌汁の夕食を作り、食べた後はぐったりよ。(笑)
フルタイムで働いて、家事もちゃんとこなしている
スーパーウーマンには、本当に頭が下がりますが、
私にはそういう能力は全くないので、さっさと寝ました。(爆)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日は例の新しいパートさんと、またちょっとありまして、
頭にくるという気持ちは消えて、彼女にはもしかして、
大きな欠落があるのかもと思うようになりました。
彼女にあった指示があれば乗り越えられるかもと思います。

そして「能力の欠落」についてちょっと考えてしまいました。
私にもありますよ。例えば、おっちょこちょいの忘れん坊。
今までは、そういう風に考えたことがなかったのですが、
細かい所に注意が行き届くというのも、
いい習慣が身についているという他に、
生まれつきそういう能力が高い人と低い人がいるのだろうと思いました。

私はそういう能力が低いんだから仕方ないわと開き直っては、
仕事をさせていただいている以上、無責任なので、
勿論気を付ける努力をもっとすべきで、しているつもりなんですが、
それでも時々おっちょこちょいが顔を出してしまうのです。

例えば、何かの仕事をしていて、人に呼ばれて別の仕事をして、
そのあたりだとまだ大丈夫ですが、その後、補充より優先する仕事を
いくつかこなした後に、最初の補充仕事が途中なのを忘れているとか、
そういうことがあるたびに「私ってバカ!」と反省するんです。

反省するんですが、そういう失敗は皆無になりません。
皆無になってきたかなという思いも消えたころにまたやってしまいます。
この辺が(もともとの能力かな)と感じるゆえんです。
緊張感の不足から起きるわけですから、注意すべきなのはもちろんですが。

こういう欠落のある人間は、例えば、看護婦さんになってはいけません。
緊急患者さんが3人入ったので、最初に対処した患者さんのことを
忘れていましたとか・・・品物と人では違うと思いたいけれど、
全く起きないとは思えず・・・想像しただけでもぞっとします。
お菓子の出しかけも問題行動ですが、比較になりません。

能力の凸凹というのは誰にもあるもので、持っている能力が、
全部同程度という人は多分珍しいです。
全体的に高い人、低い人はもちろんいますが、
まあ、平均的ですという範疇にいる、大多数の人にも、
凸凹は必ずあると思うし、凸がいい面ばかりで、
凹が困る面ばかりかというとそう単純でもないなと思いました。

ある能力で凸、つまり優秀な人は見ていて素晴らしいと思うし、
見習いたいと思うし、いいことばかりのようですけれど、
ある意味、その能力において凹の人というのが理解できないので、
相手の凹が怠けている、バカみたいとしか目に映らないのかと思うような
言動をとることがありますけど、これは凸の反作用の凹かなと思います。
高慢な人でも何でもないのですが、多分凹の人が不可解すぎるのでしょう。

年を取ってから、世の中には、いろんな能力の凸凹を持った人が、
いろいろな運命を背負って生きているのだとしみじみ感じるようになりました。

自分はその中のひとしずく。
傲慢にならず、卑屈にならず、どんな凸凹を持っていても、
それは自分が背負うことにして生まれてきた性質なのだと、
胸を張って生きていきたいと思います。
人の凸凹にも、過剰反応しない方が健全だと思いました。

実際、自分の凹の部分に焦点を当てると、胸を張るのは難しいですが、
この凹には、どんな凸があるのだろう?と考えたり、
自分のこの凹を否定したくなる気持ちの裏には、

どんな価値観が隠れているのだろうと自分を見つめたりできます。



怪しい発言で申し訳ありませんが、多分、私の心に訴えかけてくる凸凹は、
全部自分の中にある凸凹なんだろうと思います。
言葉にすると、矛盾しています。

ある能力の凹があると認め、凸の人を素晴らしいな、見習いたいなと思うとき、
その凸は私の心に訴えかけているので、私の中にあるという意味ですから。

上手に言葉にできませんが、しかし私は、その凸は、
今、この世に生きている際に発現していないだけで、私の中にはあると思います。
その凸が発現しにくい状況でしか経験できないこと、
理解できないことを、経験し、理解するために、
その能力は凹になっているのだと思います。
だからその状況は変えられないという意味ではないですよ。
その経験、理解は卒業出来ることかもしれません。

怪し過ぎてわからない表現とは思いますが、
波長の似た方だけにピンとくると思って、あえて書きました。

今日は夏日です。
愛知県27度という予報で…4月で異常ですね。
自転車で仕事に行きます。
皆様、いい一日をお過ごしください。

                         
                                  
        

マンマ・ミーアを観てきました

category - 日記
2015/ 04/ 26
                 



友人と、劇団四季の「マンマ・ミーア」を楽しんできました。
前から3番目の席を友人がとってくれました。
友人は劇団四季が大好きで、いつも素晴らしい席を手配してくれるんです。
ありがとうございます~。

アバの名曲が全部日本語で。(笑)
ダンスも歌もレベルが高くて素晴らしかったです。

内容を深く考えて・・・というストーリーではないので、
いい声~!ダンス抜群~!って、楽しむだけ。
生の舞台を観るのは久しぶりで、とても楽しかった!

夕方からの舞台だったので、終わると、晩御飯を食べる時間。




劇場から駅に歩いて帰る途中で見つけたお店に入りました。


この日は駅まで友人のご主人が送迎してくださるということで、

乾杯しようということになりまして、生ビールで乾杯。

すみません、右端のビール、結構減ってますね。(笑)


彼女はバリバリ仕事していますので、責任ある立場にいて、

いろいろ悩みもあるのですよね。


鳥開という鶏料理のお店で、焼き鳥や手羽先、蒸し鶏のサラダ、

鳥茶漬けなど、鳥料理が全部とても美味しくて、

美味しいものを食べながら、おしゃべりを楽しみました。

ちなみに画像は1枚だけです。
この撮影後はおしゃべりと食事に集中しておりました。(笑)

彼女がyou tubeで「テレフォン人生相談」を聞くのが好きだと言うので、
帰宅して少し聞いてみたところ、これがとてもよかったです。
はまりそう。(笑)

昨日も今日もしっかりリフレッシュ出来ました。

有難いことです。



                         
                                  
        

シュウトメちゃんのショートステイ入所と友人とのおしゃべり

category - 日記
2015/ 04/ 24
                 
今日はシュウトメちゃんのショートステイ入所日。
午前中はばたばたと忙しく過ごしました。
一緒に荷造りして納得してもらえば、
後から持って行く服を足したりしないだろうという私の目論見は、
大誤算であるとわかりました。(笑)

特に今回シュウトメちゃんが不安だったのはジャケットらしく、
20日のショートステイ用のジャケットが8枚も入っていました。

「ジャケット用のハンガーを4つしか用意してこなかったけど、
ジャケット、4枚じゃ足りないかなぁ・・・。カーデーガンとベストもあるし、
洗濯したら持ってくるし、足りそうかとも思うけど・・・」と相談してみると、
「4枚でいいかもしれないな」と答えてくれたので、
「もし足りなかったら電話してね。とりあえず持って帰っていい?」と
お願いして、持って帰ってきてしまいました。

備え付けのクローゼットに入らない分は、袋のままクローゼットに入れましたが、
それでも入りきらない、床に置く袋は、1つで済みました。


さて、シュウトメちゃんを施設にお願いしたら、私は友人とランチへ・・・




サラダとパスタのセットを注文。ドリンクはなし。

美味しいパスタをいただきました。
向かい側のは友人のパスタ。






お店を変えて、ケーキセットを。

私は上、友人は下のスイーツをいただきました。

いろいろおしゃべりして、有意義な時間を過ごしました。

私は言ったほうがいいことを黙ってしまうことがあるタイプで、
彼女は言わなくてもいいことを言ってしまうことがあるタイプ。

「いつも誰が見ても適切な言動が取れる立派な人」に
なりたいけどなれないタイプという意味では似ています。

友人が凹んでいる様子だったので、
「いつも誰が見ても適切な言動が取れる立派な人」なんて

めったにいなくて、私たちみたいなおっちょこちょいは、

割といるものだと思うよと言いました。



もちろん適切な言動を取るように注意することは必要だと思います。

それとは別問題として、おっちょこちょいなタイプの人間は、

どの社会でも、多分、一定数いると思うんです。

この世には、ありとあらゆるパターンの人間がいるんだもの。


おっちょこちょいだという自分の欠点に凹んだ経験は、

他の人の欠点に寛大になれるという利点もあると思います。

少なくとも、同じような失敗を上から目線で責めることはないですし。

しつこいけど、利点があるから欠点はそのままでいいという意味ではないです。


欠点は、自分はここに気を付けたほうがいいという気づきなのだから、

気を付けたほうがいいに決まっています。

利点もあるので、そのことで自分をいじめない方がいいと思うだけ。


友人を車で送って行く途中に、ミササガパークという公園の近くを走ったので、

「ここは芝桜と薔薇がきれいなんだよ」と教えてあげました。

「じゃあ、今度行こうね」なんて会話をした帰り、

薔薇はこれからだけど、芝桜って今では・・・?」と気になって、

帰り道に寄ってみたら、やはりそうでした。

これは満開の手前なのか、満開を過ぎてしまったのか、どちらなのかな・・・?









薔薇はまだまだ先という感じで、たまに咲いている程度。



ナンジャモンジャは満開でした。
この花、母が好きだったので、よくデンパークに見に行きました。
好きな花を子供に言っておくといいですね。
いい思い出だもの。
この花を見るたびに、母が好きだったなって思います。

家に帰ってから、夕食つくりの前に、今流行だというジャーサラダを作りました。

煮沸消毒した瓶にドレッシングを入れ、固い野菜から順にカットしたものを入れ、

上の方はシャキシャキ感が欲しい葉物にして瓶のふたを閉めます。

冷蔵庫に保管して、1日程度置いてから、食べる前に振り、

ドレッシングを馴染ませたらサラダボールに入れて食べるそうです。

冷蔵庫で4~5日保存出来て、作り置きで野菜不足をカバーできるすぐれもの。


明日の朝ごはんでとりあえずいただく予定。

欲張って人参、キュウリ、新玉ねぎ、コーン、アボガド、ミニトマト、キャベツと

7種類入れてみました。

ハムや茹で海老を入れたり、マカロニ入れても美味しそう。


盛りだくさんの一日で充実していました。
明日はウフフのミュージカル。
マンマ・ミーアは、映画でしか見たことがありませんが、曲は大好き。
ただ、知っている歌詞はアバの歌詞であって、劇団四季の歌詞は全く知らないです。
ミュージカルは久しぶり。楽しんできます~。

                         
                                  
        

昨日はいい日、今日も多分いい日

category - 日記
2015/ 04/ 23
                 
昨日は疲れたけどいい日でした。

シュウトメちゃんと義姉は1時間ほど一緒に過ごしました。
多分、義姉はお参りしないだろうなとは思ったのですが、
お墓の花とお仏壇の花を新しいものに替えました。
私は不精なので、頻繁には替えていないので、いいきっかけでした。

ショートステイの荷物を、シュウトメちゃんと一緒に準備しました。
特に服は、好みもあるので、いっしょに選ぶのがいいですね。
前回、長期入所した時は、私が揃えたのが不足ではないかと心配したシュウトメちゃんが、
どんどん衣類を足してしまって、すごい量になりました。
減らすことには同意してくれず、施設の小さな収納に収まる量の3倍はあり、
衣類の詰まった大袋を部屋に並べることになり、私は肩身が狭かったです。
今回は、大丈夫そうでよかったです。

叔父(シュウトメちゃんの弟さん)の声を電話ですが久しぶりに聞き、
皆さんお元気そうで安心しました。
もう一人の叔父が退院したのですが、詳細も聞けて安心しました。

叔母の老人ホームに行って、足の冷え対策の、
小さなホットカーペットを持参して、やってみたら効果ありそうで、
施設のスタッフさんも、快く置かせてくださいました。
叔母も嬉しそうで笑顔でしたし、よかった、よかった。

長い間の雨で土が湿っているので、草取りもはかどりました。
こちらはきりがないのでほどほどに。

これで家じゅうの掃除もはかどってピカピカです!と言えたら最高ですが、
とてもそんな余力はありませんでした。(爆)

さて、今日は仕事ですが、明日、明後日はお休みを頂いています。
明日はシュウトメちゃんのショートステイ入所、その後お友達とランチ。

明後日は、家の電気工事。(まだリフォーム終わっていないんですよ・・・)
ただ、私は午後から友人と劇団四季のマンマ・ミーアを見に行くのでお出かけです。

今日も、暖かなお天気のいい日になりそうですね。
皆様もいい一日をお過ごしください。
                         
                                  
        

シュウトメちゃんのショートステイは明後日から

category - 日記
2015/ 04/ 22
                 
今日上の義姉がシュウトメちゃんに会いに来てくれました。
シュウトメちゃんが「帰ってきたよ」と電話したためですが、

元気そうで、機嫌もよく落ち着いていて、とてもいい感じでした。


人は悲しみが多いほど人には優しくなれると歌にありますが、

自分が悲しいことに出会って、人の悲しみも理解できるという意味では

それは真実でも、別の一面ではそうは言えないですよね。


自分の悲しみで手いっぱいだったら、余裕がないですから、

ある程度の心の安定があって、初めて優しくなれるとも言えます。


義姉は今、精神的に安定していると思います。

シュウトメちゃんも今、精神的に安定しています。

そういうタイミングで、優しい感じの1時間を過ごせてよかったと思います。


義姉は今日、半休を取ってあったそうで、

1時間ほどおしゃべりして、職場に向かいました。


私は今日、シュウトメちゃんと一緒に、ショートステイの荷物準備のため

お休みを頂きました。


いっしょに準備して,目の前に広げて納得してもらわないと、

足りないかもしれないと不安になったシュウトメちゃんが、

どんどん荷物を足してしまうのがわかったので、

いっしょに準備して、服も1枚ずつ広げて、これとこれとと確認してもらって

袋に詰めていきます。


「上の服はこれだけあれば十分だよね。」と確認の言葉をかけて、
「これだけあれば大丈夫だ」と答えを引き出してから袋に入れるのが大事。

義姉が来てくれたので、予定がずれ込んだのですが、
荷物の準備が終わったら、叔母のところにも行って、
足を暖める小さなホットカーペットを試してみる予定です。

夜中にシュウトメちゃんに呼び出されたりして、目が覚めてしまうと、
つい、お腹もすいて、夜中によくないと知りつつ
小腹を満たすようなことが続いたので、体重増えてるかなと思ったら、
10日で1キロ減っておりました。ストレスやせ?(爆)

夜中にお菓子を食べる習慣が出来てしまって、
シュウトメちゃんがショートステイに入ったら、
すぐ戻ってしまうどころか、ど~んと体重が増えそうよ。(きゃ~)

今、叔父から電話があって、入所後数日したら、施設に来てくださるそう。
シュウトメちゃんは、家から電話するのが嬉しいので、
あちこちに電話したんです。
施設だと長電話しにくいけれど、家からだと気兼ねないのでいいんでしょうね。

さて、衣類の荷物準備は完了したので、薬やこまごました小物の準備をします。
洗顔クリームとか、コップとか、水筒、ポリデントセットなど、
結構細かいものが要りますので、私は一覧表を作成しています。

さあ、叔母のところにも行きたいので、準備を終わらなくちゃ。



                         
                                  
        

ナナちゃん、首輪で大パニック

category - 日記
2015/ 04/ 21
                 
昨日はナナちゃんの首輪が届きました。
とても可愛くて私は気に入ったのですが、
ちょっと抵抗するナナちゃん。
オットが帰宅してから協力して首輪をつけたところ・・・
ナナちゃん、大困惑!

可哀想に、気になってたまらないらしく、
噛み千切ろうとしてもできないので暴れまくり、
取ってあげようと近寄ると爪を立ててくるのでそれも出来ず・・・

しばらくして少し落ち着いたところを、何とかオットと2人がかりでつかまえ、
やっとのことで、首輪をはずしました。

少し最初は嫌がるかも、とは思っていたのですが、
あんなにパニックになってしまうとは想像していませんでした。



首輪を付けた姿は、撮影どこではなかったのでありません。
棚にぶら下げた首輪はこちら。



一晩経ちまして、少し落ち着いたナナちゃんですが、
まだちょっと動揺している感じで、普段と少し違います。

ごめんね、ナナちゃん。
まさかそんなに嫌がるとは思っていなかったんだよ~。


                         
                                  
        

完全無視する新人さんへの対処はどうしましょう

category - 日記
2015/ 04/ 20
                 
職場の新人パートさん3人のうちの1人が、
とにかく変わっていると評判。
仕事内容を注意されると言い返す人です。

3時から4時の間にしなければいけないとされる仕事がありまして、
私が知っている限り、彼女はそれを毎回忘れます。
4時にその仕事の結果を回収する役を私がしばしばやるので、
その際は、彼女が忘れたことを指摘するのは私の役目。
他の人が回収するときは、忘れていないのかどうか未確認ですが。

昨日は直接はその指摘ではなかったのですが、
それに関連する仕事の指示を、すれ違った際に彼女に言いました。
驚いたことに、彼女、私を完全無視。

指示されたことが聞こえていないかのように、というよりも、
私が視野に入っていないかのように、目も合わせません。

仕事の内容にかかわるので、詳しく書きませんが、
私と彼女が店内ですれ違ったのも、そもそも彼女に小さなミスがあったんです。

ただ、私は、そのミスは、ある程度仕方ないことと思っていましたので、
咎める口調をしたわけではありません。
昨日は日曜日で、職場は混雑を極め、新人の彼女に、
そのミスをしない心配りの余裕がなくても無理はないのです。

しかし、指示をした相手を完全無視となると、問題は別。
その場はお客様がいらっしゃったので、そのまま通り過ぎましたが。

後から聞いた話ですけれど、その後、彼女には、
私の指示と同じことを別の人が指示したそうです。
彼女はすぐにその指示には従わず、「あとでまた来ます」と
早い方がいいその指示内容を後回しにしたそうです。

後回しでもとりあえず、指示に従って私のところにあるものを持ってきた彼女は、
とてもふてくされた態度でしたので、私もうんざりしました。
この人は人間としてヤバイ。

そのまま帰ろうとしたので、とにかく返事のないことに絞って注意しようと思い、
「返事は必ずしなくてはいけないものでしょう?
きちんと返事してくださいね。」と怒った顔をして注意しました。

人をバカにしたような態度で、後姿のまま振り向きもせず、

「は~い」と小さな声でつぶやいて行ってしまいました。


私はそのまま、事務所に残って片づける仕事があり、
事務所の方々も見ているので、問題を大きくしてもと思い、
追いかけて再注意はしていませんが、したほうが良かったのかも。

そういうときは「なめるんじゃないわよ!」って怒鳴るべきだというアドバイスも
先輩からいただきました。

これほど非常識な人に出会ったことがなくて、本当にうんざりしましたが、
彼女は見ていると、自分に注意しない人には笑顔で返事をしています。


「なめるんじゃないわよ!」と怒鳴る。
即座にこういう言葉が出てこない私が甘いんだと思います。
そういうことを全くしなさそうな人間は、こういう人になめられるのかも。

侮辱されたら、その侮辱に見合う態度ってあるのよね。
私のウイークポイントだと思います。

今回の私言葉は、侮辱に見合っていたでしょうか・・・

「返事は必ずしなくてはいけないものでしょう?

きちんと返事してくださいね。」

全然足りないよね。

でも、「なめるんじゃないわよ」って私の語彙にないから、

どうしても無理してる感が出る気がします。

借り物の言葉で対決ってすっきりしないし。



「人が仕事の話しているのに返事もしないのは侮辱ですよ?!
どういうことなんですか?
きちんと私の眼を見て説明してください!」
せめてこういう風に突っ込んで説明させるところまでやらないと、

この手の人には、効果ゼロなのかもしれません。

職場はお客様がいらっしゃるところなので、
いない場所で、特別忙しくない時でないと話せませんけど、
私は彼女に話して完全無視されて、それを注意するというの、
実はこれで2回目です。

前は「お先に休憩に行ってきました。良かったらどうぞ」
これ、注意でもなんでもないのに完全無視されました。

実は、行く前に、彼女に「今から休憩に行くので、
帰ってきたら交代でどうぞ」と言おうと思っていたら、
店内を見回してもいなかったので、言えなかったんです。
彼女は時々いなくなるんです。トイレが多い?(謎)

目もあわさず、返事もせず、ぷいっと行ってしまいました。
いい年したおばさんなんですが。


休憩から返ってきた彼女に、「さっき、返事もなかったけれど、

聞こえてたんですか?」

「聞こえてました。」

「返事がなかったから、聞こえていないかと思っちゃいました。

これからは返事をしてください。」

「はい」



こういうやりとりをして、また次も返事しないのは、

確かになめられてるんでしょう。
私の対処の言葉では足りなかったということです。

社員さんが注意しても口答えするらしいので、相当大変ですが、
職場で仕事関連の話をされて無視してはいけないこと、
無視は相手に対する侮辱なので許されないこと、
この2つは、社会人として、最低クリアしてもらわないと困ることです。

こういう性質は、もう彼女の仕事に支障が出ているので、
もう少し強い言葉が必要なのだろうと思います。
私は普段、余程のことがないと、きつい言葉は口にしないので、
そういうことが必要な時もありますよという天の配剤かしら~。(爆)
言葉で何とかなるのか?っていう問題はありますが、そこまで知らない~。


                         
                                  
        

みんな 時とともに 変化していくことばかり

category - 日記
2015/ 04/ 19
                 
シュウトメちゃんはここ2日ほど頭痛がありましたが、
今朝、それがなくなったということで、安心しました。

激しい頭痛ではなく、熱もなく、食事は普通に食べることができ、
デイサービスにも行っていたので、さほど心配はしていませんでしたが、
家に帰るとあれこれ疲れるのは、見ていてわかったので、
体調を崩さないといいけれどと思っていました。


--------------------------------------


50代60代のシュウトメちゃんは、旅行が好きでした。

変化が好きだったってことです。


今は旅行よりももっと小さな変化でもうんと疲れてしまう。

そういうお年頃になったのだと思いました。

お年頃と言っても、個人差が激しいので、年齢じゃないですね。

変化が好きだった頃のシュウトメちゃんに、

私は従ってあげたけれど、不満がいっぱいでした。


家族旅行で自分も連れて行けとよく言われました。

勿論毎回ではなくて、年に1度くらいはということでしたが。

自分のホテル代は払うからというのですが、条件が多かったのです。


電車や新幹線は車椅子でも疲れるから車で。

車に酔いやすいから、近場で。

車椅子で動けるところを観光。

ホテルはバリアフリーの部屋を確保。


私たちは近場の行き飽きたような観光地に子連れで行き、

シュウトメちゃん中心のプランを立てて、

どこに行っても、シュウトメちゃんのお世話をしながら、

毎回、シュウトメちゃんの食べられる食事を考えるのに追われ、

子供がぐずるような旅行に毎回10万は飛んでいくのでした。


でも、そういう元気な時は、ずっと続かないのだと、
あの時の私は知らなかったので、必要以上にムカついたんですね。

振り返ると、この間の日記に書いた電気代、水道代もそうですが、
子供にお金がかかるのに、シュウトメちゃんにつかわされてと、
たかられている感が強くて、余計に不満が大きかったのね、私は。(爆)

--------------------------------------

大きな外側の変化はもういらない。
そういう時期が私にもきっと来るのでしょう。

変化が欲しかった時期のシュウトメちゃんに、変化をあげられて、
その点で後悔はないですし、良かったなぁと思います。
たとえその時はムカついて、文句を言っていたとしても。(苦笑)

シュウトメちゃんがあの頃とっても欲しかったものは、
単に旅行という変化だけではなかった、と気が付きました。

とても分かりやすい、ドラマのような「幸せな家族の一員」というイメージ。
シュウトメちゃんがとても欲しかったのは、それなんじゃないかな。

みんなが「おばあちゃん、大好き」と笑顔を向けて、
「家族なんだから、一緒に旅行に行きましょうね。
おばあちゃんのために、最高の旅行にしましょうね」と言って、
いろいろ気を遣って、素敵なセッティングをしてくれる。
「ありがとう、私のために」とお礼を言うシュウトメちゃん。
「そんなの当然だよ。ずっと元気で長生きしてね」と答える家族。

そりゃ、欲しいよね、そういう家族。
私が年を取っても、できることならそうされたいわ。(笑)

でも、さすがにそれは妄想だとわかっていて、
出来る範囲でそれを手に入れようと思ったのかも。

--------------------------------------

シュウトメちゃんは藤田保健衛生大学病院の先生に執刀していただいたご縁で、
その大学病院の、「脳卒中友の会」に入会していました。
いろいろアンケートに答えたり、講演会があったり、旅行があったり。

旅行は脳外科のドクターや看護婦さん、ボランティアさんが一緒で、
ホテルは一流の上安心という言うことのない状況。
そこでのツアーと家族の旅行で、まずまず恵まれていたんじゃないでしょうか。

でもだんだんと、脳卒中友の会の旅行も、疲れるものとなり、
家族旅行も子供が大きくなったら自然になくなってきて、
今は旅行どころか、外食も大変だからしたくないという風に変わりました。

思い出した!

昔はその外食でも結構もめたっけ。

シュウトメちゃんの居心地のいいお店に外食に連れて行けと

良く催促されて、うんざりしてた若いころの私。


旅行と外食くらいしか、シュウトメちゃんと離れられないのに、

シュウトメちゃんの気に入らないメニューを外食でと思うのに、
お金は一切払わないし、好きなお店には行けないしで不満でした。

こういう出来事の記憶は、人によって全然違うのでしょうね。

シュウトメちゃんにしてみれば、毎回外食に連れて行けと言うわけではなく、
自分を誘ってくれる割合があまりに少ないので、

もう少し誘ってくれてもよさそうなものだ、

私の口から言わないとわからないんだから、全く・・・と

「シュウトメとして当然の不満」を持っていたことでしょう。


「○〇さんは、よく一緒に外食に行くと言っていた」などと言いましたから。

その〇〇さんのお嫁さんは、「ごはん作らなくていいし、

全額おばあちゃんが払ってくれるから、いいかなって思って」と言ってました。

シュウトメちゃん、〇○さんに、全額払って出かけてるという話まで

聞くとよかったのに。(笑)


私もシュウトメちゃんも、自分の感覚が「普通」とか「当然」と思いこんでいて、

相手が「普通じゃない」「非常識」と頭に来てたのですよね。




--------------------------------------

今のシュウトメちゃんは、なぜか電気ポットのお湯も出せません。

ロックボタンを押してロックを解除し、お湯が出るボタンを押すだけですが、
なぜかそれが教えてもできないと言い張りましたので、
生活の変化以上のストレスはシュウトメちゃんに必要ないと思って、
じゃあ、全部やってあげるから大丈夫だよと言いました。

何十年もやってきた行為ですから、イラスト付きの説明を書けば、
出来るようになるとは思うんですが、今の変化でも頭痛が起きているので、
頭の体操とストレス減をはかりにかけて、ストレス減を取りました。

出来ることもしたいことも状況も気持ちもみんな
時とともに、変化していくのですね。

シュウトメちゃんは日曜日はデイサービスも病院もないので、
いろいろ知り合いに電話しています。

ただ、残念ながら、お出かけして不在の人が多いみたいです。


私は今から仕事に行ってきます。
元気に今の職場で仕事するのも、期限のあることなのですから、
せっかくなので楽しもうというノリで働いてきます。(笑)

皆様、いい日曜日をお過ごしください。