FC2ブログ

2015年02月20日

        

保護主さん ごめんなさい

category - 日記
2015/ 02/ 20
                 
一人で盛り上がって、ネットで見た猫ちゃんの里親さんになる気になっていました。
結論から言うと、オットと話し合った結果、白紙に戻すことにしました。

フクちゃんが、保護した当時、ずっと犬とともに餌をやってきた割には
警戒心が強かった猫であったこと、抱っこが割に苦手だったこと、
しかし撫でられるのは好きで、愛され可愛がられる飼い猫の立場は好きだったこと、
そんな雰囲気を持っていた、ネットで見た里親募集の猫ちゃんに、
私ならこの子が心を開くまで待ってあげられると思っての応募でした。

しかし、具体的に話が進み、ケージの話が出て、私はびっくりしてしまいました。
この、フクちゃんよりうんと警戒心の強い、怖がりの猫が、
もしも脱走してしまったら、どんなに怖い思いをするだろうと思いました。

我が家は母屋と離れに分かれており、私とオットは主に離れで生活しますが、
家の機能の大事な部分、キッチンやお風呂、洗濯機などは母屋にあるため、
毎日大げさでなく、私だけでも、20回くらいは、玄関を開け閉めしています。
他の家族の回数を合わせたら、何度開け閉めすることか。

そのたびに脱走の危険があるのを、深く考えていませんでした。
我が家の周辺は野良猫が多く、体の大きな猫もいまして、
フクちゃんがその猫に追いかけられているのも何度も見ました。
フクちゃんは足が速かったので、さっと逃げ、
高い所にかけ上っていましたけど、この子がそんな目にあったら・・・?!

私や家族に懐いてからなら、怖いからすぐおうちに帰ろうと思うことでしょう。
でも、この猫ちゃんは、あまりに懐かないために、
飼いたいと考えたおうちを2回も「うちでは無理」と返されてしまった、
筋金入りの懐きにくい猫ちゃんです。

子猫時代、いろいろ怖い思いをして、警戒心が強くなり、
やっと里親さんに馴れてきた猫ちゃんを、そんな目に?と思うと、
不安でならなくなって、そういえば!と猫に詳しい、
かつて猫を保護する活動をしていたネット友に相談しました。
早く猫が私に懐く方法があったら大丈夫ではと思ったのです。
最初から相談すればよかったのにね。

ネット友ではありますが、リアルにも会っていて、旅行したこともある人です。
詳しくは書きませんが、私はその猫をもらわない方がいいと思うと、
いろいろ理由を挙げてアドバイスいただきました。

>それに似ている仔は避けたほうが賢明かも 
どうしても比べてしまいがちになりますからね。 
身代わりではなく、その仔はその仔として可愛がってあげて欲しいです。 

これは付け足しの方の理由ですが、私はこの言葉が胸にしみました。
身代わりにしちゃいけない・・・。

話がこれ以上進む前に、お断りした方が、お互いのためと、
保護主さんに、ごめんなさいとメッセージを送りました。
引っ掻き回したみたいで申し訳ないのですが、
時間がたつほどご迷惑度が上がるのは間違いありません。

----------------------------------------

私は思ったら即行動的なところがあります。
今回それがとても保護主さんにご迷惑な形で出てしまいました。

オットと話し合いましたが、我が家はとにかく玄関の開け閉めが多く、
完全室内飼いが難しい家だという認識をしっかり持とうということになりました。

動物愛護センターに行って、殺処分されてしまう可能性の高い猫ちゃんの中から、
そういう我が家の状況でも、脱走しても戻ってきそうな性格の猫ちゃんを
実際に目で見て、選ばせてもらおうということになりました。

もともとはそうする気持ちだったのです。
ただ、動物愛護センターは土日祝日が休みで、
オットと見に行こうと思っていた私にはハードルが高かったのです。

愛知県は殺処分の数が多いのですが、その殺処分数は急速に減っていまして、
それは多分、飼い主を見つける努力をしてくださる人が増えたんです。
動物愛護センター自体も、ホームページで、保護猫(犬もですが)の画像と特徴をアップして、
里親を募集し、「お見合い中です」とか「新しい飼い主さんが決まりました」という
お知らせが貼ってあったりします。
決まった子の画像はお知らせの後で新しい募集の猫ちゃんの画像に変わります。
よろしかったら見てください。


私が一人で見に行く分には、ハードルは高くありませんでした。
一人で見に行けばいいだけのことでした。
電話してくださいとホームページにあるのに、電話したこともなかったです。

一度ここに電話で問い合わせして、行ってみて、
とにかく玄関の開け閉めが多く、そのため脱走の危険が高く、
完全室内飼いが難しい家に住んでいるけれど、
それでも飼えそうな猫はいないかと聞いてみようかと思っています。
あまり急がないで今度はゆっくりと。
とりあえず、今は頭を冷やした方がいいですね。

ペットショップは考えておりません。
もちろん良心的なペットショップさんはたくさんあると思いますが、
栃木県で起きた、大量の犬放棄事件でペット業界の闇をたくさん垣間見ました。
動物の命は、お金儲けの道具ではありません。

特定の種類の犬、猫が飼いたくてという需要があるのはわかるので、
ペットショップを否定するわけではありませんが、
非道な商売をしているペット業者は、摘発し、厳しく取り締まってほしいと思います。

少し脱線しました。
とりあえず今は保護主さんごめんなさい、です。

            
スポンサーサイト