FC2ブログ

2015年02月19日

        

保護主さんから連絡がありました

category - 日記
2015/ 02/ 19
                 

保護主さんからお返事があり、詳しい説明をしていただきました。
猫を完全室内飼いにするために、外出のたびにゲージに入れるというのは、
私の勘違いだったことがわかりました。

保護主さん宅から私の家に移るにあたって、不安がいっぱいになるので、
新しい場所での生活の音や人の動きに慣れさせるために、
2週間、ケージだけの生活をさせるそうです。

その2週間の間は、ゲージから出し入れするのではなく、ずっとゲージで、
水やえさ、トレイ掃除の際に、撫でてあげるのだそうです。

2週間ほどすると、家が変わった事にそれなりに慣れるので、
ケージのドアを開けたままにしておくのだそうです。

猫は、ゲージに痛ければいるし、部屋の中を歩きたければそうするので、
玄関のドアの開け閉めの際に気を付ければいいそうです。

それ程脱走に神経質にならなくてもいいのかな・・・
でも心配。フクちゃんは時々、私が帰宅してドアが開くのを待っていて、
ダッシュで外に遊びに行ったっけ。

今、話が進んでいる猫ちゃんは、ものすごく警戒心が強すぎて、
里親になろうと申し出たおうちで引きこもってしまい、
うちでは飼えませんと保護主さんのところに2回帰ってきた猫ちゃん。
それほど怖がりな猫ちゃんは、ダッシュで脱走などしないかな・・・。
とりあえず、ゲージに入れっぱなしなのは最初の2週間で、
その後の心配は必要なかったみたいです。

            
スポンサーサイト



            
                                  
        

猫ちゃんについて心配事が・・・

category - 日記
2015/ 02/ 19
                 
この間の日記に書いた猫ちゃんですが・・・
応募したところ、お返事がありました。
トライアルさせていただけるようで喜んでいました。
しかし、ケージの件で想像していなかったことがあり、
心配になって、お問い合わせのメールをしたところです。

完全室内飼いにするためには、脱走の危険がある機会には

猫ちゃんはケージに入れる必要があるみたいです。

今までケージというものを使ったことがないので
まったく気が付きませんでした。

私が応募した猫ちゃんは半年くらい野良猫生活をしていたので、
いろいろ怖い目にもあったからでしょう、籠城癖があるとのことでした。
撫でられるのは好きだけど、抱っこは嫌いらしいです。
でも爪切りの時は、おとなしく抱っこされているということで、
人慣れしにくいのが難点だという認識しか私にはありませんでした。

籠城癖があって高い所に座っているのが好きなのは、
フクちゃんも同様だったので、似ていて可愛いと思っていました。

抱っこが嫌いで捕まえにくいということは、
脱走に危険があるから(玄関を開け閉めする予定があるから)
ケージに入れておかなければという際に、
長時間かかったり、ケージに入れられないという可能性が大きそうです。

うかつにも、その点を全く考えておりませんでした。
脱走防止のいいテクニックとか道具があるだろうから
アドバイスいただけたらと思っていただけでした。

そこそこ忙しい生活をしており、脱走の危険がある際、探してつかまえて
ゲージに入れることに、毎日長い時間をさけません。

我が家は生活のメインの場所,キッチンやお風呂、洗濯機などが
全て母屋にありますので、離れと母屋を毎日何度も行き来します。
そのたびに玄関を開け閉めします。

離れに住んでいなければ、玄関の鍵を閉めるだけでいいですが、
我が家では、家事の間、ずっとゲージになってしまいます。
そんなこと、まったく想像していなかったです。

居間の猫ドアは、ふさぐための猫ドア扉があるので閉められますが、
部屋の扉が引き戸なので、猫ドアが付く前、フクちゃんも前足で開けていました。
大人の猫なら簡単に開けられると思います。

また、午後1時から6時まで働いているので、帰宅した際、
猫が玄関に待機していて飛び出して脱走という可能性を思うと、
その間、ずっとゲージということに・・・。
フクちゃんはこの地域で育った野良ちゃんなので、近所を知り尽くしていましたが、
新しい猫ちゃんはそうではありません。

家事の時間と仕事の時間と外出する前はゲージに入れるとしたら、
我が家の場合、あまりに長時間になります。
そんなに長時間ケージに入れて飼うなら、保護主さんのところにいたほうが幸せです。
専業主婦さんにもらわれていったら、幸せになれそうです。

koala家にきて、例えば出勤前にゲージに入れることに成功せず、
帰宅時に脱走して、知らない土地で戻ってこれなくなるのが、一番怖いです。

フクちゃんは地元育ちの野良猫ちゃんを保護して飼った猫だったので、
戻ってこられなくなる心配は、ほとんどありませんでした。
もちろん、車にひかれてという心配はあったのですが。
あと、想像もしていなかったけれど、急な脳梗塞とか心臓発作などの体調不良で
帰ってこられなくなる心配もあったのですが・・・。
このことを思うたび、フクちゃん、頑張って帰ってきてくれて本当にありがとう!と
フクちゃんが愛おしくて涙が出ます。

脱線しました。
とりあえず、今は保護主さんのお返事を待っています。