FC2ブログ

2015年02月09日

        

オットは早朝高血圧

category - 日記
2015/ 02/ 09
                 
オットは高血圧で薬を飲んでいるのですが、
朝と夜に血圧を測るようになったところ、朝の高さが要注意レベルでした。

血圧というのは、朝は活動に備えて高くなり、
夜は休息の時間なので、低くなるものではありますが、
朝の血圧の高い時には危険がいっぱいらしいのです。
そういうことは今回調べて初めて知りました。

とりあえず、血圧の薬を朝だけ飲んでいたのですが、
夜にも飲むようになりました。
まだ飲み始めたばかりで、効果はわかりません。

早朝高血圧で検索すると、たくさんヒットしますが、
血圧が高いと、心臓や脳などに負担がかかり、
脳卒中や狭心症などが起きやすいのだそうです。

起きるときに部屋を暖めておき、目が覚めてから布団を出るまでに、
布団の中で手足を動かしたりなどしてから起きるといいらしいです。
オットにそうしてねと言っておきました。

今までは、居間だけ暖めておきましたが、寝室も朝に暖房を入れて
布団から出るときの温度差を少なくするようにしました。
そういえば夜中のトイレで倒れる人が多いという話を聞いたことがあります。

--------------------------------------

オットは太り過ぎで運動不足なので、軽い運動をした方がいいのです。
その場で足踏みするだけでもやろうよというのですが、
茶化すだけでその気ゼロです。

仕事がハードだったときは、運動なんかしたら死んじゃうかも?でしたが、
今はそういう環境でなくなって久しいです。
心身を緩める時期がいただけて有難く緩まってきたと思いますが、
健康管理も考えて運動してほしいという欲が私にも出てきました。

以前、レッグマジックサークルというのをネット購入したのですが、
あれも片隅でオブジェとなって久しいです。

食事量は、以前に比べて減らしていますが、体重は減らないみたい。
同じような食事を食べている私は特に太らないですが、
これは仕事が立ち仕事だからなのでしょう。

ちなみに私は、自転車通勤のために体重が減ることもありません。
最初は500g減ったんですけどね。
その分、おやつを食べちゃってるかも。
私の体重は、見かけはともかく(?!)健康上問題ないです。
気持ち的には、ぺっちゃんこの腹筋の見えたお腹が欲しいですけど、
激しいトレーニングなんかしたくないので、ぽちゃ腹でけっこうです。(爆)

立ち仕事と自転車通勤と家事のある私は、
オットに「一緒に歩こう」などと誘うことは出来ません。
近くのプールで一緒に歩こうか?と誘ったことはありますが、
昔の水着が着られないという返答だけで、きっと気がないのでしょう。

車で10分かからない場所に温水プールがありますし、
20分かければ、夜遅くまでやっている温水プールもあるという
いい環境に住んでいるんですよ。

両方とも市のプールなので、格安で通うのにいいんですが。
私は以前、ダイエットを思い立って少し通ったことがあります。
10年以上前ですが、効果ばっちりでした。
この時は水中ウォーキングではなくて、ばしばし泳いでたので、
特に効果があったのでしょうが、歩いたって効果あると思います。
水中の運動は腰痛持ちには重力がかからなくていいのでは。
バタフライと平泳ぎはマズイですが、クロールや背泳ぎはいいと思います。
血圧の高い人は、ゆっくり泳ぐ方がよさそうですけど。

--------------------------------------

シュウトメちゃんの部屋は寝室部分にアコーディオンカーテンを付けて、
エアコンの効率をアップさせるのですが、
寝室でない部分もそこそこスペースがあるので、
シュウトメちゃんがいない間、そこを運動スペースにしちゃおうかしら。
そこで軽い運動をした後でないと、ご飯を食べちゃダメとか?
ストレッチとレッグマジックサークルで合計5分とかでも、
毎日続ければ、違うと思うのですよね。

以前は本当にタイトなスケジュールで過労死が心配でしたが、
昨年から、そういう面ではとても安心な職場に変わったので、
オットも心身ともにリラックスできている感じです。
そこにプラス少しだけでも運動を。
私ももう一頑張りして食事のカロリーダウンに気を付けて。
それで何とかならないかなと思ってます。

本人もわかっていると思うんですが、わかっていないのかな?
「シュウトメちゃんの次はあなたを介護しろっていうこと?」と
辛口のコメントをさらっと言っておきました。
過去に、自分のためだよって言っても無駄だったので。
くどくど言うのは好きじゃないので、辛口のをさらっと一回だけ。

いい方向に向かいますように。

            
スポンサーサイト