FC2ブログ

2014年12月24日

        

今受けている恵みの裏には犠牲の存在があるということ

category - 日記
2014/ 12/ 24
                 
大好きなブロガーさんのブログにこんな言葉がありました。

晩御飯のおかずの焼き魚は、私のために死んでくれた。
何の条件も付けずに。

この言葉にとても胸をゆすぶられました。

別の有名ブロガーさんは、こんな言葉を書いていました。

自分が今在るを得ているのは、様々な物事の犠牲の上に
成り立っているという現実を直視すること。

--------------------------------------------

同じ日に、この2つの言葉に出会ったことにメッセージを感じました。

この世にはこの世のルールがあります。
この世のルールの上に生きるということはそういうことなのだと思います。

ある事柄で、食べられる焼き魚のような道を経験する存在があれば、

それを食べて満腹するような道を経験する存在があります。


焼かれた魚は、koalaではなく天皇陛下に食べていただきたかったとか、

私は焼かれてもいいから、小魚は助けてくれとか言いません。


また、満腹する私がいる一方で、飢えて死ぬ発展途上国の子供がいます。

あまりに不公平なので、koala家の収入の半分を寄付してください、

それでも発展途上国の人に比べれば格段にいい暮らしができますと言われたら、

ごめんなさい、できませんと答えるでしょう。


ある事柄で、光を歩く存在があれば、その裏に、
必ず闇を歩く存在がいることを断じて忘れるなと、
喝を頂いた気持ちになりました。

今、自分が置かれた環境を、「感謝」を持って生きていくというのは、
自分のために犠牲になる道を歩む存在があるという、
現実から逃げない上での「感謝」なのですよね。

--------------------------------------------

私のSF的かつスピリチュアル的な脳内妄想イメージが、
どんどん怪しさを増しております。
真面目すぎるという自覚のある方、多分、頭に来るから読まないでね。(爆)

昨年、私のブログを毎日読んで、ご自分のブログで悪く書くという
ブロガーさんのブログを読んで、動揺したものです。
もうあの方はその遊びを卒業してくれたかな?
してらっしゃらなければ、精神病院に直行しろ!と書かれそう。
私はそのブログを読まないことにしたのでその後は分かりませんが。

--------------------------------------------

お遊びの妄想ですから、真理とか悟りとか、そんなのじゃないんですよ。
ここから先、妄想モードですから、覚悟して(笑)読みたい人だけ読んでね。

一度に経験できる人生は一種類だけなんですが、
私はあらゆる経験を味わってみたいエネルギーのひとかけらなんですよ。

同じようなかけらがそこらじゅうに飛び散っていまして、
私に食べられる魚になったり、発展途上国で飢え死にする子供になったり、
傲慢な成金になったり、絶世の美女になったり(いいなぁ)、
静かな森の中の大木になって、いろんな経験をしてるんです。

場所も時代もバラバラの、いろんな経験をして、
それを潜在意識の中で共有しているんです。
koalaという人生は、その中のひとかけらである私のエネルギーに見合った
シナリオが用意されているので、それを経験するために必要なものも
全て与えられる仕組みになってるんですね。

だから、シュウトメちゃんに罵られて、反論して、切れられた時なんて、
「嫁姑の確執ってこれなんだよ!罵られるって悔しい!
ヒステリー起こされると嫌な気持ち!」っていう経験をするのが私の役目で、
残りのかけらちゃんたちは、潜在意識の中で、なるほど!すげえ!って。(笑)

--------------------------------------------


これ、かなりお気に入りの妄想なんですが、気の合う人いますかね?
気の合うやつ、いねが~? (なまはげ並み?)

でも、もし辛いことがあった時に、ちょっとこの妄想を使って
楽になれる人がいたら嬉しいです。
なまはげ並みなので、確立低いですが。(爆)

いいお話で始まったのに、妄想で終わって申し訳ないので、

最後にいい言葉をもう一度載せて、ちょっと軌道修正をはかってみます。(笑)


晩御飯のおかずの焼き魚は、私のために死んでくれた。
何の条件も付けずに。



自分が今在るを得ているのは、様々な物事の犠牲の上に

成り立っているという現実を直視すること。


            
スポンサーサイト