FC2ブログ

2014年12月16日

        

いつも至れり尽くせりの対応をしていただいていたのね

category - 日記
2014/ 12/ 16
                 
今日は叔母の内科の診察日でしたので、仕事は休みました。
老人ホームにお迎えに行くと、いつもの看護婦さんはいなくて、
新しい看護婦さんの勤務日に当たったようでした。

最初は何とも思っていなかったのですが、
「保険証をお預けしてあるのですが」と言うと、
「そうなんですか」と言って探しはじめた看護婦さん。
見つからないとおっしゃる。嘘でしょう~?!
歯医者さんは施設から連れて行っていただいているので、
保険証を預けているのですが・・・。

結局見つかったんですけどね、今度は血圧手帳がないとおっしゃる。
血圧手帳も見つかったのですが、別のノートに血圧が書いてあり、
手帳に書き写してない!と今月分の血圧をそれから記入。

いつもの看護婦さんは、痛み止めの塗り薬の残りの量や、
1本の塗り薬で、最近は何日くらいもつか、把握していて、
「今日は〇本いただいてきてください」と教えてくださいます。

そのつもりで「今回は何本必要ですか?」と聞いたのですが、
看護婦さんはあわてて、今どれくらいあるか、見てきますねと言い、
貼り薬がたくさんありますとおっしゃる。

「叔母は貼り薬は使っていないです。ロキソニンゲル(塗り薬の名)です。」
「貼り薬じゃないんですか?ロキソニンゲル、見てきますね」と
また慌てて薬の在庫を見に行かれました。
最近の使用量も把握していないとのことでしたので、
少し多めに先生にお願いして投薬していただいてきました。

単なる申し送り不足で、この方が悪いんじゃないかもしれません。
病院に行くのにお迎えが来るから、送り出すだけと思ったら、
いろいろ言われてびっくり~だったという雰囲気です。

申し送り不足と言うのも、いつもの看護婦さんが悪いみたいですが、
その看護婦さんにしてみたら、いちいち申し送りすることではなく、
通院日はわかっているのだから、お迎えが来る前に、
それくらい把握しておいて当然だから言わなかったのでしょう。
新しい看護婦さんが、今日のドタバタから学んで、
次回から気を付けてくれますように。
でも案外そういう人ほど自己反省は少ないのよね。ちょっと心配。



私がお迎えに来たら、すぐに車に乗るものだと思っていた叔母は、
結構長い時間待たされて少々ご機嫌ななめでした。

後からわかったのですが、この待ち時間がそこそこ長かったので、
叔母をトイレに連れて行ってから、病院に向かうべきでした。

病院に行く前にトイレは連れて行ってくれるので、
いつもそのままトイレのことは聞かずに車に乗せるのですが、
こういう時は、聞くべきでしたね。
待っている間か車の中か、どの時点かはよくわかりませんが、
叔母はおむつの中におしっこをしちゃったんですね。

病院に着いて、先に尿検査の紙コップをくださいとお願いし、
トイレに連れて行ったら、かなりの量、出ちゃっていました。
尿取りパッドだけでなく、紙パンツまで漏れていました。

ところが今度は、替えの紙パンツ&尿取りパッド入れを見たら、
紙パンツが入っていませんでした。
私も確認すればよかったのですが、いつも入ってるので・・・

叔母に事情を話して、「尿取りパッドだけ替えるね。
気持ち悪いけど、我慢してね。肌に触れる部分は尿取りパッドだから
大丈夫だよね。」と何とか励まして、我慢してもらいました。



これは看護婦さんじゃなくて介護士さんのお仕事です。
でも私が今までそうしてもらってきたからそう思っただけで、
私が連れていくんだから、私の仕事だったのかもしれません。
今後はきちんと確認しようと思います。

もしかして今日、ハズレの日?と思ったら、
帰ってきてからも、車から降りるときの介助の仕方がハズレでした。(涙)

叔母は通院で疲れたのと寒いのとお腹が空いたのもあったでしょうけど、
むっとしちゃって、介護士さんを無視し始めて・・・。
介護士さんはワガママなんだから!って顔してるし。
この表情を浮かべる時点でやっぱりハズレだなと思いましたが、
「私がやりますから」と笑顔で代わって事なきを得ました。

帰ってきて、私が薬の説明(1つ増えました)を看護婦さんにしている間、
トイレに連れて行っていただいて、食事にするというので、
叔母をかまう感じで、「手を洗いましたか~?うがいもしましたか~?」と言うと、
介護士さん、「トイレに行ったので、手は洗いましたよ。
うがいをするんですか?」と面倒くさそうに言うんですよ。

こういう顔する人は好きじゃないけど、そこはにっこり笑って、
「ごめんなさいね。インフルエンザも流行ってますから、病院帰りには
うがいをさせたいんです。お願いします。
今日はマスクを忘れてしまって」と頭を下げました。
マスクはね、もって行こうと思っていて忘れたという私のミス。
冬の通院時には、マスクを持って行かなくちゃと思ってたのに。

「ああ、インフルエンザね。マスクね。そうね、うがいした方がいいかな?」
お願いしますって言いましたが、別にうがいって介護なしで出来ます。
「叔母さん、自分でできるよね?」と半分嫌味ですが言いますと、
介護士さんが部屋に叔母の車椅子を引いていきました。



今日の看護婦さんと介護士さんをハズレと呼ぶのは、
私の傲慢かもしれませんが、私はハズレだと感じました。

でも、いつも至れり尽くせりの対応をしていただいていたのね。
そうでない日があると、改めて有難いと思いますね。(笑)









            
スポンサーサイト