FC2ブログ

2014年12月10日

        

シュウトメちゃんの部屋のリフォームの打ち合わせをしました

category - 日記
2014/ 12/ 10
                 
シュウトメちゃんの部屋のリフォームの話がそこそこ煮詰まってきました。
広々として、車いすでも動きやすい部屋になりそうです。

バリアフリーに一番いいのは、廊下をすべてかさ上げすること。
そうアドバイスいただいて、そうすることにしました。

部屋の床の高さを合わせて、バリアフリーの引き戸を付ければ、
部屋から洗面所、玄関、仏間への出入りはとてもスムーズになるはず。
洗面所の出入り口も、バリアフリーの引き戸に替えます。

仏間はまさかフローリングにはしないから、自分は仏間には入らないで、
廊下からお参りするとシュウトメちゃんが言うので、
仏間の引き戸は現状のままとしました。

工事は寒いけど2月くらいにお願いしようかな・・・。
私が長期間仕事を休むことを思うと、2月が休みやすいです。
3月は私のお給料はほとんどないかな~。(苦笑)

部屋のリフォーム費用の1/4ほどはシュウトメちゃんが払ってくれそう。
全部払って欲しいけど、それを言っちゃあおしまいよ。(爆)



シュウトメちゃんの部屋の家具類は、仏間に一時移すことになりますが、
年末年始の一時帰宅があるので、施設に帰ってからしか家具の移動はできません。
そうでなくても、お正月に仏間をごちゃごちゃにしておくわけにはいきませんが。

昔、シュウトメちゃんの部屋のごたごたを処分したい!と
強く私が願っていた時期がありました。
毎日、お世話するたびにごちゃごちゃしているのを見るので、
気になって仕方なかったんですよ。

使わないものが山のようにタンスの中に溢れ、上にも積まれ、
物だらけでホコリになりやすくて散らかってて嫌でした。

今、シュウトメちゃんが一年のほとんどを施設で過ごすようになり、
部屋には軽く掃除する時以外に入らなくなって、
ごちゃごちゃが気にならなくなってから、その願いが叶うとは。
あんなに願っていた時には、全然叶わず、願わなくなって叶う不条理。(笑)

調子に乗って捨てると、きっと後でもめる気がするので、
捨てたいものの半分ほどは、ケースに入れて保管しておくつもり。

年月をかけて、徐々に捨てていくのが、
シュウトメちゃんにとっては、優しい捨て方だと思います。



山のような食器類を、かつてそうやって捨ててきました。

昔はお葬式や法事を全部自宅でやっていて、
食事も外食になったのは10年ほど前からかな?
私が嫁いできた頃は仕出し屋さんから配達していただいていました。
その前は食事のすべてを自宅で作っていたんです。

そのため、50人分ほどの茶碗、汁椀、小鉢などがありましたし、
皿と湯のみは100個くらいはあったと思います。

取っておく食器20人分くらいにしません?充分じゃないですか?
あまりに場所を取ることから、処分したかった私が言うと、
使えるものを捨てるなんてもったいないと怒ったシュウトメちゃん。
わかりましたと引っ込んだように見せて、何年もかけて、
少しずつごみ処理場に運んだ鬼嫁だったわ・・・。

あの頃は、シュウトメちゃんが嫌でした。
今は、シュウトメちゃんの悲哀を感じています。

現在、あまり一緒にいないことが大きな原因かもしれませんけど、
自分が年を取って、シュウトメちゃんの味わった気持ちを
想像できるようになったことも大きい気がします。



シュウトメちゃんの部屋のリフォーム、断捨離が
いろいろな意味で、うまくいきますように。





            
スポンサーサイト