FC2ブログ

2014年11月19日

        

賢者テラさんのライブ その2

category - 日記
2014/ 11/ 19
                 
私たちには本当は「欠け」はないという話に大きくうなづきました。

欠けを埋めるという発想から自由になろう、というのです。
昨日の日記に書いた現状も○だが、◎にできるかもと考えて、
現状は×だからそれを〇にという発想をやめようというのです。

これは長年「欠け」を感じ、「欠けを努力で埋めなくては」と思い、
それができなくて「私はダメだ。もっと進歩しなくては」という思いを、
大事なこととして評価してきたけれど、年を重ねて考えが変わってきた
今の私にはとても納得できる話でした。

ここから先の黒い文字の文は私の感想で、テラさんの言葉ではありません。
私はある時は、頑張った結果「進歩」した気になり、
私はやればできる子~と悦に入りました。
またある時は、努力が面倒だったり実を結ばなかったりして、
私は怠け者で能力が低いから思ったようには進歩しないという
自己否定の気持ちが湧いてきました。

今振り返ると、全て人との比較の産物だったと思います。
あの人みたいに出来ていない自分とか、
あの人以上にできている自分とか。

プラスの差が自分の価値で、マイナスの差が自分のダメなところ。
そう思っていたし、その感覚が抜けてきた今も、
それはやはり残っているのですが、今の私はそれを
「この世ルール」と思っています。
私は肉体を持って生きているkoalaとしての人間の側面と、
それを超えた魂という側面を持っているので、
この世ルールとあの世ルールがあるのを自覚した方が生きやすいんですよね。



テラさんは、この話を、夜回り先生のたとえ話で語ってくれました。

夜回り先生、水谷修さんが、繁華街を回って非行少年たちに声をかけます。
「いいんだよ」と言います。
今、あなたが存在している、その価値の確かさは、
たとえあなたがぼろぼろになっていても絶対に変わらないよという真実があります。

しかし、現実問題としては、暴力団に入って犯罪を犯してたら、
覚せい剤を止められなかったら、それは「よくない」でしょうよ?
それは現実世界の上での真実。

物事にはすべてその2極性があって、それはワンセット。
「いいんだよ」も真実で、「よくない」も真実。
この2極の視点をバランスよく持てるのが大事。


いいお話を聞いたなぁと素直に思いました。

ここ数年、自分でも感じていたことなんですが、再確認できた気がします。



貧乏と金持、これが対極に見えることがワナ。

この世には豊かさしかない、違うのは豊かさの種類。

経済の豊かさ、人間性の豊かさ、感受性の豊かさ、才能の豊かさなどと同様、
貧しさも豊かさのバリエーションの一つ。
だって、この世で生きていなくてはできない、得難い経験なのだから。

だからもし貧しいからいやだと感じているのなら、
貧しい自分はよくないという発想から出発しないで、
貧しいという経験は充分味わったから、そろそろ豊かになってもいいかなと
そんなスタンスがいいんじゃないか。

宝くじで大金を手にした人を追跡調査したら、
8割の人が不幸になっていたというデータがあるそうです。

扱いきれない大金が降ってきて、不幸になった人たちは、
経済の豊かさを手に入れたけれど、別の豊かさを失ってしまったわけで、
お金が試練のこともあるという話でした。

この世には豊かさしかない。
そんな風に考えたことはなかったけれど、
全ての経験、辛いという思いすらも、
人類の経験のあらゆる形の一つのバリエーションなのかもと思いました。

テラさんのライブの話はこれで終わります。
読んでくださってありがとうございます。

            
スポンサーサイト