FC2ブログ
2014/08/31

2014年08月31日

        

同僚が怒られた日でした

category - 日記
2014/ 08/ 31
                 
昨日は職場の同僚が、お客様を怒らせてしまって、
レジで10分ほど怒られていました。

カートに入れたレジかご、たいていはお客様がレジ台に
載せてくださいます。
お子さんを抱っこしていたり、お年よりだったり、
手が痛そうだったりしたら、レジ係りはすぐに自分が動いて、
かごをレジ台に載せさせていただきます。

でも、そのお客様はご自分で載せてくださる雰囲気だったので、
手を出さないで、待っちゃったみたいです。

結局、お客様ご自身がレジ台に載せようとなさるときに、
ちょっと手を添えてお手伝いという形になったのですが、
お客様にとって、それは非常に腹立たしいことでした。



その辺、難しいんですよね。

商品が軽ければ、レジに立ったまま手を伸ばして、
「失礼いたします。お取りしますね」とかごを取れますし、
重い場合は、レジに立ったままだと確実に腰を痛めるので、
レジから出てカートの横に行って同様の声をかけて
かごをレジ台に移します。
でもこれは、下手をすると、「早くレジ台に載せて下さいよ!」
という表現にも受取れてしまうでしょう?
なので、あまり早いタイミングでレジ係が動くのはNGです。

でも、このお客様にとっては、レジ係はもっと早く
お客様のレジかごを進んでお取りすべきだったようです。
お客様ご自身がかごを置くときになって手を出すなんて、
あまりにも親切心が足りないと感じてしまわれたようです。

店長と同僚は10分ほどの謝罪で放免になりました。
以前、もっと理不尽な理由で、1時間怒鳴り続けたお客様もいらしたので、
それを思えばうんといいよと後で同僚を慰めました。

本音を言えば、お客様ご自身でレジ台にかごを載せていただくか、
「(例えば)手が痛いので、かごを載せていただける?」などと
声をかけていただくと、レジ係は助かります。

レジが混んでいる時に、レジからわざわざ出て、
かごをレジ台に置いて、レジに戻るのも時間を取られるのですが、
お客様の「かごを載せて」という声があれば、
時間のロスも、後ろのお客様にとって承認しやすいかなとも思います。
でもそんなのはレジの立場からお願いしたいことであって、
お客様にはお客様の感性がありますから、どうしようもないですけどね。



でもね、以前、1時間怒鳴り続けたお客様がいらっしゃると書いたけれど、
そのお客様はもう来ないかと言えば、普通にご来店されています。
その後、特に怒鳴り続けたことがあるとは聞いていません。
怒鳴る現場を見てしまった者としては、びっくりの事実なんですが、
いろんなお客様がいらっしゃるのですよね。
嫌味ではなく、勉強になります。

私は運が良いみたいで、このお店でお客様に怒鳴られたことはありません。
前に勤めていた写真店では怒鳴られたことがありました。
期限の切れたサービス券を、申し訳ありませんが、期限が切れていますので・・・と
お断りしたら、すごい勢いで、大声で怒鳴られたっけ。
ホントにいろんなお客様がいらっしゃいます~。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

今日は仕事に行ってきます

category - 日記
2014/ 08/ 31
                 
今回のリフォームは、離れの土間を居間につなげるものですが、
仕事を休みにしているので、時間が出来て、
母屋の土間の片づけもどんどんはかどっています。
片づけする時間が長いと、腰に来るのですが、
それは鍼で何とかしていただいて。

昨日の鍼もなかなかでした。
ベッドの上で正座して、ベッドの上に置かれた小さな机に
もたれかかるという姿勢で太ももに鍼をうつという
えっ?!痛そう・・・という状況だったのです。
普通に打つと痛いが、この姿勢なら痛くないと言われて、
半信半疑でおまかせしたら、ホントにほとんど痛くなかったです。

片づけし過ぎて、夜中にずきんずきんと痛んだ腰でしたが、
今はかなりいい感じ。腰痛ゼロではないですが。
日曜日は、リフォーム工事がないので、私は仕事。
あと1時間弱で出勤です。



今、居間はこんな感じです。



左側の土壁から向うが土間だった場所です。



新設の窓から中庭が見えるので、
この庭の整備をして、部屋からの眺めが気持ちいいようにしたいです。
しかし、この部分のカーテンの話を全くしていないのですが、
この前の通路が玄関に通じているので、玄関に来る人に部屋が丸見え。
カーテンが必要ですねぇ。