FC2ブログ

2014年08月24日

        

自宅の取り壊し問題

category - 日記
2014/ 08/ 24
                 
昨日は土曜日、夫婦で鍼の日。(爆)

鍼治療の後、軽トラックを借りに行き、実家に行きました。
実家の木の枝を、お盆休みに剪定したのですが、
木くずを整理して持ち帰ることまではその時出来なくて、
昨日することにしていました。

折悪しく、東海地方の天気は大荒れで、
庭の低い部分に水が溜まってしまいました。
仕方ないので、雨具を着て剪定ゴミを軽トラックに乗せ、
燃えるゴミの処分場に運んできました。
2往復する予定でしたが、1回にして、切り上げました。
残りはまた私が軽自動車で運べばいい量でしたし。

実家も空き家になって6年目です。
実家の隣にあった叔母の家まで空家になっています。

お隣の方の我慢も限界になってきたようで、
いつまで空家にしておくつもりかと聞かれます。
空き家に放火でもされたら困るのです。当然です。
、実家を取り壊すと言うのは、仏壇の処分を意味します。
家を壊すのも淋しいことですが、仏壇の処分を思うと心が重いです。

今年の12月は、母の7回忌ですので、
お坊様に相談しようかと思います。
私としては、もう少し・・と思いますが、
実際に、嫌な思いをなさっているお隣の方の気持ち、
何もおっしゃらないけれど、近くに空家は困ると
思っていらっしゃるに違いないご近所の方の気持ち、
いろいろ考えるのですが、結論が出ません。

母の13回忌まで家を壊さずにというのはあまりに迷惑なのか、
2年後は父の13回忌なので、それくらいがめどになるか、
もっと早く、母の7回忌を機会にすべきなのか、
何度となくオットと話してきたのですが、優柔不断で気持ちが決まりません。

叔母の家も一緒に壊すことになるでしょうが、
本人はずっと家を壊したくないと言っています。
でもねぇ・・・野中の一軒家じゃないんですから、
いつかは壊さないといけませんし、
叔母があの家に帰って住む日はもう来ないのですから、

了解してもらわないといけません。


自宅のリフォームが済んだら、実家の片づけを進めていこうと思います。

とりあえずいつ壊すことになっても、片づけは必要ですし、

業者に任せて全部廃棄処分ね、というのは楽ですが、

出来る範囲で、私が心を込めて片付けてあげたいと思っています。






            
スポンサーサイト