FC2ブログ

2014年08月22日

        

生まれてきてくれてありがとう

category - 日記
2014/ 08/ 22
                 
生まれてきてくれてありがとう。
その言葉を、早逝した長男さんの葬儀のお礼状に
記された友人ご夫妻の愛情と聡明さを胸に刻んでいます。

この世を去っていく全ての命、
この世に生まれてきたすべての命、
今、この世を生きているすべての命に、
みんなが、「この世に生まれてきてくれてありがとう」と言えたら、
それが天国の世界なのかもしれません。



こういうことを書くと、ではヒトラーにもそう言えるのか、
他の残虐な事件の犯人たちにも?と
極論を呟く人たちがいるのは知っていますが、
そんな難しいこと、私にはわかりません。

一人一人にどういう意味があって、
この世に肉体を持って生まれるのかについては、
古来、いろんな方が語ってきていますが、
わからなくていいことだからわからないのだろうと思っています。

陰と陽はワンセットですから、多分、この世が天国になる日は来ないのです。
でも、「この世に生まれてきてくれてありがとう」という
美しい感謝の言葉が、天国へのキーワードだと思います。



お釈迦様が「一切皆苦」と呼んだこの世に生まれてくることは、
実に大変な経験だと思っています。
陰と陽はワンセット。
陽にときめくと言うことは、それを失うと苦しいということ。

では執着をなくせばいい?
昔、そんな風に思った時期もありました。

今は、そういう執着を味わう世界がこの世であると思っています。
だったらそのルールにのっとって生きればいい。
ただ、翻弄されないでもいい。そう思っています。

なるほど、私が今味わっている感情は、
私の中にこういう執着があるから起きる感情なんだろうなと理解して、
執着があるならあるままで、この世を味わえばいいのだと、
今はそう思っています。

また変わるかもしれません。
変わらないものはこの世にはないのですから。


            
スポンサーサイト