FC2ブログ

2014年08月02日

        

本日は鍼治療とシュウトメちゃんの施設の夏祭りの日

category - 日記
2014/ 08/ 02
                 
トリガーポイント鍼治療に通いだして、今日で多分7回目。
前回の鍼は痛かった・・・。
その後の眠気とほぐれ具合もすごかった・・・。
効き具合もすごかった・・・。

火・水と仕事が休みだったので、
粗大ごみなどをさくさくと処分できたのも、
治療の甲斐あっての、体の軽さだったと思います。

----------------------------------------

koala注
一般的な鍼治療は痛みがないと聞いています。
ここの先生の治療法はちょっと違うので、
鍼って痛いの?やめようかなと思わなくても大丈夫です。
ただ、鍼って、下手な先生だって多分いらっしゃるので、
リスクはある治療法かなと思います。

----------------------------------------

私は学ばないサルのようなイキモノなので、
さくさく動けるとなると、ついやりすぎて、
2日後に「やりすぎちゃった感」が漂いました。
しかし、やりすぎても、軽い痛みとこわばりで済んでしまうすごさ。

動いた割に、調子いいので、今日の鍼はそれほど痛くないかも?
そう思って出かけたのですが、今日は先週より痛い鍼でした。
先生は具合を見ながら、この程度の痛みなら大丈夫か、
痛すぎるか聞いてくださるので、安心は安心でしたが。

この辺は固くて多少痛い、などという私の説明に
ふんふんとうなづきながら、各箇所の筋肉の具合をチェックし、
本日の治療方針を決めた先生が「今日のはちょっと痛いです。」と宣言。(涙)
調子いいのに痛い鍼を??

「前にも言いましたが、koalaさんはあおむけに寝た時に、
膝の上あたりが浮いているんです。これが非常に良くない。
膝の周辺もね、かなり良くない。今は症状が出ていなくても、
年を取った時、膝が痛くなる予備軍です。」

・・・・非常に良くないとあらば、痛い鍼、我慢いたします。

----------------------------------------


「この間はどうでした?眠くなった?」
「眠くて仕方なかったです。本当によく眠れました。」
「今日もですよ。緊張が高い筋肉がゆるむんですから。
しっかり寝てください」

そういうことだったの?
先週は、そのまま日帰り温泉に行って余計に体を緩ませて爆睡したっけ。

しかし、今日は午後からシュウトメちゃんの施設の夏祭りに行くのよね。
帰宅してすぐにお昼寝して、夏祭りから帰ったらまた寝ようかしら。
先週の眠気があればそんなの楽勝、という気がしました。

----------------------------------------


痛い鍼、我慢いたします・・・という決意はすぐに吹っ飛びました。
最初の2本は「大丈夫です」と言ったのですが、3本目は・・・・
「いたたた・・・痛いです」とギブアップ宣言。
先生も、「そうですね。痛いよねこれは。やり直します。」と
ややソフトな痛みの鍼に変えていただきました。

病気や怪我でいたいなら、問答無用で我慢するしかないし、
私も「いたたた・・・」なんて言わないと思います。
実際、激痛と言うほどではないですが、できたら耐えたくない痛み。(笑)

凝っている場所を指で強く推すと痛いですよね?
指が尖った棒ならさらに痛みが増すことでしょう。
棒よりも細い鍼は、皮膚表面を突き抜け、凝りのツボの奥まで届くと
想像していただけばわかりやすい痛みかなと思います。

皮膚に刺してから、ぐっと奥に差し込むときに痛いんです。
一旦そうなってしまえば、待っている時間にはほぼ痛みはありません。
重だるい感覚はずっとありますが。(苦笑)

----------------------------------------


9時半からの治療で11時終了。
ベッドで待っている時間は長くなく、マッサージか鍼を刺すか、
鍼を刺した状態でいるか、そんな感じの1時間半です。

重だるく、筋肉の緊張がほぐれてふにゃふにゃになった感じで、
これは眠くなるという予感がありました。

シュウトメちゃんの施設の夏祭りは14時受付開始、15時からなので、
急いでお昼を作って食べてベッドに。
眠くなるまで読書と思っていましたが、5分もしない間に睡魔に襲われ、
目覚ましを仕掛けた13時半まで熟睡しました。

----------------------------------------


夏祭り、シュウトメちゃんは、知り合いにも何人も会って、
イベントも楽しんで、ご機嫌が良かったです。

昨年の夏祭りは、私はボランティアさんに頼んでしまって、
シュウトメちゃんは死にたいほど辛かったと言っていたので、
驚いて今年は早々と職場で休みを申請しておきました。

会場にはボランティアさんや職員さんに引率されたお年寄りも
たくさんいたので、少しホッとしました。
家族の付き添いのないのは例外的存在でみじめだったと言われて驚いていたので。
多分、仲のいい人がみんな家族が引率してくれていて、
それと比べて自分は・・・と落ち込んでしまっていたのでしょう。

夏祭り自体は2時間ほどのイベントでしたが、シュウトメちゃんは
終始、落ち着いて楽しんでいました。

夏祭りが終わって部屋に行ったら、同室の方の娘さんとお会いしました。
同室の方は、私がその方の娘さんと似ているとおっしゃっていましたが、
私がお会いするのは初めてでした。
その方は私より確実にお若いので、似てるなんて申し訳ない!
でも、顔と言うより、雰囲気が似てる!体型も!(笑)

----------------------------------------

シュウトメちゃん、お盆は13日午後から16日午前までの一時帰宅になります。
16日の夜は施設にいないともったいないのです。

ちょうど市の花火大会の日なのですが、シュウトメちゃんの部屋は4階で、
施設の場所は割に花火大会の近くにあるものですから、
車椅子で廊下に出れば、花火がいながらに鑑賞できるのですよ。
施設のお友達と、きれいだねぇと言いながら、
エアコンの効いた廊下で鑑賞する花火。
ある意味、素晴らしい特等席です。

----------------------------------------


お盆に義姉たちが来るかどうか、まだわかりません。
毎年、お盆の時期にはシュウトメちゃんに会いに来てくれるので、
多分、今年も大丈夫かとは思うのですけれど、
オットが、自分から打診する気はないと言い出したのです。

シュウトメちゃんは会いたいでしょうから、自分で施設から、
13日午後から16日午前まで一時帰宅すると、
電話で義姉たちに知らせるとは思うのです。
でも、ふっと「会っても嫌なことばかり言うしなぁ」と
こぼしていたので、もしかしたら連絡しない可能性も。

義姉たちも、さすがに父親のお墓参りには来ると思うのです。
お墓からkoala家は徒歩1分なので、母親に顔を見せに
家に寄ってくれるとは思うのですが、こちらからの声掛けがないと、
「来いって言われなかったから行けなかった」と言われるかも?

私は完全に「いい嫁になる」ことから手を引いていますので、
余計な干渉をする気はありません。
親子の問題に口をはさむのは余計なお世話と今は理解しています。

この件に関してはまた明日の日記で。

とりあえず、オットと私は、腰も肩も快方に向かっていて、
シュウトメちゃんは施設で元気にしています。
有難いことです。
            
スポンサーサイト