FC2ブログ
2014/08/18
2014/08/12
2014/08/05

2014年08月

        

紫陽花のさし芽 その後

category - 日記
2014/ 08/ 18
                 
紫陽花のさし芽をしてから、一か月以上経ちました。
実はあの後、連日の猛暑に覆われた愛知県。
名古屋に近いこの地区、夏の猛暑はハンパではないのですが、
このころは特にひどかったのでした。

その猛暑が原因と思われるのですが、半分ほどは2週間以内に
葉っぱが枯れてきてしまったのでありました。
急いで庭の片隅に埋めたのですが、育たないのは消えちゃうんですね。





茎が緑色をして残っているのは、もしかして大丈夫かも・・・。






生き残った子たちの根は、もう安定していると思われるので、
このまま育ってくれたらと思います。

少し葉っぱが茶色になっているものもありますが、
そのまま葉っぱが枯れて茎だけになったものも多い中、
1か月以上この状態でいてくれるので、
頑張ってね~とエールを送っています。

しかし、紫陽花がこんなに簡単にさし芽出来るとは知りませんでした。
さし芽なんてこれまでは、ポーチェラカやマツバボタンしか
やったことがなかったのですよ。
今年はベビーサンローズもできそうなのでやってみたら成功しました。

さし芽の紫陽花さんたち、三河の夏に耐えてくれてありがとう。
このまま頑張って、いつか花を咲かせてね。


















                         
                                  
        

シュウトメちゃん、施設にご帰還

category - 日記
2014/ 08/ 16
                 
シュウトメちゃんは、無事、施設に戻って行きました。
ひどく疲れたと言って、施設に帰るなり、ベッドに横になり、
お昼ご飯を食べに食堂に行きたくないと言っていました。

少しだけ食べない?と言ってみたのですが、どうなったかな?
朝は普通に食べられたので、疲れた時に1食くらい抜いても
3時にはおやつがあるし、問題はないですが、
それほど疲れたのかと改めて思いました。

今回の帰宅は、いつもと違い、レンタル品を全部引き上げた状態でした。
一時帰宅の期間だけ再びベッドをレンタルというわけにはいきません。
ベッド+マットレス+手すりのレンタルを再開にすると
多分、冬の入所までレンタルということになり、数万円かかるけど、
3泊だけだから、もったいないかなと思って、
今回は折り畳みの簡易ベッドを使ったのです。
それで、よけい疲れがひどくなってしまったのだと思います。



レンタル品は介護保険でお借りしていますが、

長期の入所で使わないので、もったいないですよねと

ケアマネさんがおっしゃって下さったことから、

今回の夏の入所の前に、いったん全部お返ししたのです。

やはり手すりのついた電動ベッドと、手すりなしの簡易ベッドでは
起き上がるときの大変さが、全然違うのは当然。



施設の相談員さんがシュウトメちゃんの部屋を訪問して、
一時帰宅の様子や、退所の希望などを聞いてくれました。

シュウトメちゃんが、家は疲れる、少しでも長く施設にいたい、
そう話したので、夏の避暑入所と冬の避寒入所の間に、
ガス抜きになるように、ショートステイを入れますか?とのご提案。

どうなんだろう?行ったり来たりは本人が疲れる気もするし、
家が疲れて辛いなら、行ったり来たりしても、ガス抜きになって
辛さが減るような気もします。

やってみないとわかりませんが、シュウトメちゃんは昨年、

自宅に帰った後、疲れるストレスから胃が悪くなり、

緊急避難で、ショートステイした経験があるので、

その案はよさそうな気もします。

とりあえずその方向でプランをご提示いただくことになりました。




さて、施設から帰宅したらもう12時。
私は仕事が入っていましたので、大急ぎで仕度。
今日は・・・・めちゃくちゃ忙しかったです!

今年入ったバイトの子が「お客さんの数、ハンパないっすね」と
現代語で語ってきました。(笑)
「年末もこんな感じですか?」と心配そうに聞くので、
「こんな感じ。でも、今日は特別だよ。人手がないから。
年末はもうちょっと人手がいるんじゃないかな。」
ちょっと安心した顔のバイト君。

でも、実はそれは私の希望的観測で、人手がない日だって、
もちろんあると思うわ~(爆)

明日はやはり今日くらい忙しいことでしょう。
有難いことです・・・。(苦笑)
                         
                                  
        

シュウトメちゃん、自宅はやはり何かと大変のよう

category - 日記
2014/ 08/ 15
                 
シュウトメちゃんが自宅に戻ってきましたが、
自宅生活が想像以上に大変なようで、本人、凹んでいます。

同じような人は、何人も施設に入居していますし、
お互いそんな話をしているので、覚悟はあったようですが。

車椅子も借りてあるので、廊下の移動は車椅子でできますが、
部屋と廊下の行き来は、自力での車椅子移動は困難です。
私が手助けすればできますが、移動したいときに私を呼んで、
手伝ってもらって廊下に出て、また行先の部屋に入るのに
手伝ってもらって・・・という手間と時間が、手伝いなしで移動できる
施設の自由さとは雲泥の差。

トイレに行くにも、施設は車椅子のまま水洗トイレに行けますが、
自宅では、伝い歩きでポータブルトイレに行くしかありません。
ポータブルトイレの置いてある部屋の前の廊下は
当然、エアコンが効いていないので、温度差があります。
毎日何回も使うトイレなので、ストレスが溜まるようです。

-------------------------------------

施設はそもそも、体が不自由になった高齢者が動きやすいように、
いろいろな面で考慮されて作られています。
koala家は、40年以上前に、舅とシュウトメちゃんが
その当時の家の様式で建てた家です。
全然違って当たり前なのだと思います。

何度も介護リフォームを繰り返したとはいえ、
建て直しはもちろん、床をはぐことも断固拒否で、
想像するだけでも身震いすると言ってきたシュウトメちゃんなので、
車椅子で部屋を行き来するような大規模なリフォームはしていません。

-------------------------------------

そろそろいつ頃、施設から自宅に戻るか決めないといけませんが、
シュウトメちゃんの心が揺れていて、決まらないようです。

生活しやすい施設に、なるべく長く置いていただこうか、
やはり暑さがやわらぐ頃から、寒くなる前までの時期は
自宅で過ごそうか、決めかねていると言います。

-------------------------------------

話を聞いてあげて、ゆっくり考えればいいよと言うことしかできません。
自分がどう過ごしたいか、ですから。
そういうことを自分で決められる環境で有難いです。

もし、私もとても体調が悪かったら、
もっと施設にいてくれないと困るということになり、
自分は帰りたいのに、嫁のために帰れないという不満が、
逆に、お金がもったいないから家に帰れということになると、
それはそれで、お金のために快適な施設を諦めるという不満が、
シュウトメちゃんの中にくすぶることでしょう。

そういう外側の規制はないから、好きな方を選んでくださいと
シュウトメちゃんの目の前に選択肢が出ています。
どちらを選ぶかは本人の意思で決めること

私はきれいごとを言う気はなく、もちろん施設にいる期間が長い方が
体力的にも精神的にもとても楽で有難いです。

でも、嫁が面倒を見てくれないから・・・と被害者意識に燃える
シュウトメちゃんを何度も見てきているので、
それを避けられた方が、お互いの精神衛生にいいですし、
以前のように、わしは死ぬまで家にいる!と言われて、
私はいつまで介護を続けないといけないんだろうと
ブルーになったことを思えば、今の生活はとても楽していますから、
もっと早く、すぐに楽になりたいというほどの気持ちはありません。

-------------------------------------

今、お世話になっている施設は、かなり行き届いた施設です。
老人ホームではないので、ずっとそこでというわけにはいきませんが、
数か月の入所には対応していただけますし、生活は快適だと思います。

シュウトメちゃんが、例えば、10月の初めに帰宅したいと言えば、
帰宅までの期間の過ごし方や帰宅後のデイサービス利用枠を検討の上、
10月○日などいかがですか?その場合、前後の生活はこうなりますがと
介護保険の点数や入浴の曜日まで計算して、
具体的な話を進めてくださると思います。

逆に、自宅に戻って過ごしたら、とても大変だったので、
入所期間を、なるべく長くしたいと言えば、そういう設定を検討して、
これが一番いいかという例をご提示くださると思います。

明日の朝、シュウトメちゃんは施設に戻ります。
実は明日の夜に、市の花火大会があります。
入所先は、比較的会場から近く、入所の部屋は4階なので、
高い建物も少ない周辺のことで、廊下で花火鑑賞会になるのだとか。
シュウトメちゃんはそれをとても楽しみにしています。

私が施設の人と話し合うのは22日なので、
それまでよくよく考えて、いい方を選んでほしいと思います。

                         
                                  
        

お盆あれこれ

category - 日記
2014/ 08/ 14
                 
お盆2日目の朝は「なないろざいの煮物」を作る日でした。
七種類の具の煮物のことを、このあたりではそう呼びます。

ちなみに昨日は、お素麺の日で、急いで帰ってきてくださるご先祖様が
食べやすいからお素麺なのだと聞いています。
和尚様に伺ったのではないので、違うかもしれませんが、
何だか親しみのある理由でしょう?
お疲れ様でした、と言う気持ちでお出ししました。(笑)

子どもたちが小さかった頃は、お盆は目の回る忙しさで、
朝から晩までくるくると働きまわっている上に、
シュウトメちゃんにあれこれ指図される期間でしたし、
義姉や、甥や姪たちが泊っていくので大騒ぎでしたが、
今思うと、あれはシュウトメちゃんの人生後期の花だった期間でした。
たくさんの孫で賑わっていたkoala家でしたから。

お仏壇のお世話に対する私の気持ちも、変化しているなと感じました。
昔は、お盆期間にはお盆の嫁の仕事だけに集中しろと言われ、
特別多忙だったので、お仏壇のお世話もただただ負担のひとつでした。
お盆にご先祖様が帰ってくるなんて、迷信もいいところだし、
そのための仕度が足りないと、シュウトメちゃんに怒鳴り倒されて、
ホント、嫌だわ、と感じていました。

今はそう忙しくないので、余裕があるのでしょう。
昔、亡くなったご先祖様がお盆に帰っていらっしゃるというのが、
常識だった時代が確かにあったのだ、と感じます。

その時代に生きていた魂が、お盆だから生まれた家に帰ろうと思って
帰っていらしたって、何の不思議があるものか、と思います。(笑)

同じ一族を生きている身として、最低限の礼は尽くそうではないかと思えます。

おまけに、同じ一族に生を受けた同士というのは、ご縁浅からぬ身、
もしかして、自分の前世かもしれないじゃないか、
だったら、かつての自分をねぎらうも同じ、などとまで発想は飛躍して、
お仏壇に頭を下げるにも、親しみの念が湧いたりいたしますね。
怪しいなぁ、我ながら。



シュウトメちゃんは、少々混乱気味。
昨日の夕方は、目薬をきちんと荷物に入れてきたのを
施設を出るときに確認したのに、目薬がないということで大騒ぎ。
確かに確認したと言うので、持ってきた荷物を全部チェックし、
車の中も大捜索したけれど、見つからず。
今朝、施設の部屋で探して来たら、見つかりました。

お湯がないと呼び出しがあったので、たくさんポットに沸かしたはずだけど??
と驚いて行ってみると、手元にないからないと言ったとのこと。
施設では、薬を飲む時に、お湯のコップをもらいますからね、
自分の部屋にポットはあって、その中にお湯はあっても、
手元に届いていないということで「お湯がない」と言ったのでした。
ベッド横のポットなので自分でコップに入れられますが、
家にいた時、自分でそれをしていたことを忘れたのかもしれません。

そんな類のことはあれこれありますが、
仏壇にお参りしたりして、自宅での生活を味わっている様子です。

義姉たちには、家に会いに来てほしいとは電話しなかったそうです。
上の義姉は、シュウトメちゃんが経済的援助を止めたことを恨んでいて、
その恨みの言葉を聞くのが精神的に辛いそうです。
下の義姉さんも、長男さんが入籍したお祝いを渡しても電話もくれないので、
多分下の義姉も自分に会いたくないのだろう、
会いたくないものは仕方ない、と落ち着いた様子で言いました。
その様子を見る限りは呆けてはいません。
環境が変わったのについていけない部分が少しあるだけでしょう。



施設からお盆直前に電話があり、退所日をそろそろ決めたいですが、
本人の意向を聞いておいてくださいとのこと。
シュウトメちゃんの一時帰宅は16日までですので、
どうしましょうかと聞いておかなくては。
簡単なようで、ナイーブな問題です。
施設の方とは20日に面会して、お話することになっています。
シュウトメちゃんと話し合っておかなくてはね。
                         
                                  
        

シュウトメちゃんの一時帰宅と叔父の初盆

category - 日記
2014/ 08/ 12
                 


昨日はいいお天気でしたので、自転車で通勤しました。
帰りの風景をスマホでパチリ。
気持ちいいんですよ、帰り道の自転車はとっても。 
 
今日は雨が降ったりやんだりしています。
自転車で雨が降ると困るので、今日は車+徒歩。
オットが送迎してくれるといいのですが、
今日の夕方は、歯医者さんの予約が入ってます。
 
--------------------------------------- 
 
明日はシュウトメちゃんのご帰還です。
13日から16日の間なら、私もいい嫁でいられるわ。(苦笑)
 
施設から電話があり、一時帰宅の様子を
お盆が終わってから教えて欲しいとのことでした。
シュウトメちゃんは、施設から帰る日がまだ未定なんです。 
残暑がやわらいだ頃にというアバウトなことになっています。
そろそろ決めないといけません。
 
帰宅を早くしたいのか、なるべく施設にいたいのか、
シュウトメちゃんの意向を知りたいということです。
 
以前、決まっていた帰宅日を、シュウトメちゃんの嫌いな人が
施設にいて、毎日地獄だと言うので、変更していただいた経緯があり、
とてもご迷惑をおかけしてしまいました。
私は、それほどご迷惑なことと思わずに、
本人が早く帰りたいと言うのですが、変更可能でしょうかと
お願いしてしまったんです。
それほどご迷惑なことと知っていたら、決まってことだからと
シュウトメちゃんを説得したのですが、世間知らずでした。
 
昨年は10月の6日に帰宅してきたのですが、
17日に蜂窩織炎で入院しています。
 
お盆の帰宅中に、いつごろ帰宅したいか、
シュウトメちゃんに考えてもらおうと思います。 
 
生活自体は、施設の方がうんと気楽だと思います。
バリアフリーで、トイレもお友達の部屋にも自分で行けるし、
一人で家にいることを思うと、困ったらいつで手助けしてくれる
スタッフさんがいます。話相手も事欠きませんし。
でも、家で過ごしたいという気持ちも当然あるでしょうし、
自宅で過ごすには、夏の暑さの後で、冬の寒さの前の時期しか
考えられないので、悩むところです。
非常に贅沢な悩みです。(笑)
 
--------------------------------------- 
 
今日は今から、実母の兄の初盆なので、お参りに行きます。
ブログには書いていませんでしたが、7月末に叔父が亡くなり、
ほんの身内だけでお葬式をしたとの連絡がありました。
私の感覚では、とりあえず亡くなったら身内にはすぐ連絡と
思っていたので、死を知らず、叔父にお別れを言えなかったのは、
ちょっと衝撃でしたが、何か御事情があるのでしょう。
未亡人になった叔母の調子が悪いのかもしれません。

お坊様をお願いしての本当の初盆のお経は、
お盆期間中にあると思いますが、お誘いはなかったので、
お葬式と同じく ほんの身内だけで催されるのでしょう。
その前に、と思って、今日お伺いしますと言ってあります。 
 
叔父のきょうだいで、まだ存命なのは、私が面倒を見ている
老人ホームの叔母だけです。 
叔母も体が不自由で、高齢で、言語障害がありますから、
私からよろしくお伝えくださいとのこと。
 
まだ伝えに行っていないので、心が咎めていますが。

                         
                                  
        

押入れの片づけが終了していません

category - 日記
2014/ 08/ 11
                 
昨日は私は出勤でした。
台風が一番接近する時間帯からの仕事で、
多分、お店はガラガラなんじゃないかな~?と思っていました。
本来なら、お盆前の日曜日なので、激混み必至なのですが。
でも、台風の暴風も人出の少なさも思ったほどではありませんでした。
今日からはきっと、かなり忙しくなることと思います。

シュウトメちゃんは13日午後から16日午前まで一時帰宅します。
私の仕事休みは13日から15日まで3連休をいただいています。
これを乗り越えたら、少しのんびりできるはず。

実はね、居間のリフォームに関しては、押入れのものの移動を
ちょっとなめていましたね、私は。
もっとサクサクと整理できるものと思っていました。
普段から整理整頓ができていれば、サクサクと進んだことでしょうが、
我が家は違ったのですよねぇ。(爆)

そしてオットのお盆休みですが、例えば今日も出勤になりました。
会社が休みの間に調整しなければいけないことがいくつもあるらしいです。
オットの物の要・不要の仕分けだけは済ませてもらったので、
細かく片づけるのは私の仕事になってしまいました。想定外~。
お盆は、仏壇のある家の主婦は、あれこれ仕事があるのです。(涙)


13日から15日まで休ませていただくので、前後は出勤にしたし。
うちの職場、アルバイト学生さんのほとんどが遠方の出身の子たちで、
地元でお盆に仕事出来るアルバイトの子がほとんどいません。
現場は困るんですが、採用は現場が決めることではないのですよね。

まあ、泣き言を言っても部屋は片付かないので、
押入れにいた物たちを、家なき子にしないように、
あなたの居場所はここですよ~と振り分ける仕事を
コツコツと進めたいと思います。



                         
                                  
        

今日はこんな日

category - 日記
2014/ 08/ 09
                 
土曜日はオットと鍼治療の日。

先週、オットの鍼がものすごく効いて、
腰の痛みが驚くほど軽くなったと喜んでいました。

私は、日中は腰痛で困ることはほぼなく、
自転車通勤で坂道を頑張ってこいでも、
重い保冷用の氷を運んでも全く支障ないのですが、
起きた時にこわばりを感じて痛いんです。

これは、夜中に起きなくなったせいかも?と思って、
先生に聞いてみました。

以前は夜中に何度か目が覚めて、トイレに行ったりしていました。
それが気が付いたら無くなっていて、朝までぐっすり。
私は体にゆがみのせいで、寝た時に太ももの下が少し浮くそうで、
それが腰に負担をかけていると前に指摘されていました。
夜中に起きてトイレに行くことがなくなった分、
姿勢を変えるきっかけがなくて、腰が痛むのだろうかと。

それも多少はあるけれど、私の腰痛の根本原因は、
そけい部とお尻にあるとのこと。
そこを治していきましょうとのことでした。
夜中に起きなくなるのも鍼の効果で、いいことなので、
ぐっすり寝て、回復できる体にしましょうと言われました。

そけい部とお尻がいけないというのは、前々から
アロママッサージの先生にも言われていました。

椎間板ヘルニアになった時に通った接骨院では、
足の裏面と太ももの前川の筋肉を、しっかり伸ばす運動を
するように言われていました。

腰痛って、結果が腰に出ているだけで、問題点が別の個所にあるみたいです。




鍼治療は9時半から11時まででした。
5つのベッドにそれぞれ患者さんを並べて、順番に何度も出入りして
同時進行で治療してるんですよ。

私たちはいつも1番乗りで、オットが1番ベッド、私は2番ベッド。
いたたた・・・と言う声がお互いに聞こえます。
まあ、他の患者さんの声も聞こえるし、こちらの声も聞かれてるけど。(笑)



終わってから、今日は行きたいところがありました。
鍼の治療院から車で30分のブラインドのショールーム。
そしてそこから帰る途中にあるリクシルのショールーム。
多分、そこで床が見られると思って。

でも両方行こうと言うと、きっとオットは面倒に思って、
いい顔しないであろうと想像できました。
遠い方のブラインドのショールームに誘いました。
リクシルのショールームに、私が見たい床材があるかどうか不明ですし、
私の中ではほぼ決定しているので、見なくても、まあ、大丈夫。

行きたくなさそうでしたけど、
びっくりするほど興味ないみたい。
好きにしていいよって感じで。

それは私にしてみたら楽なんですけどね、
自分が自宅の居間で過ごすのに、どんなのでもいいなんて。

やはりいい顔はしなくて面倒そうでしたが、行ってくれました。
そこで実物を見て、ブラインドが決定できたので、
2つに絞ったのですが、どちらがいいのか、
カタログでは決めかねていたので、行ってよかったです。

リクシルには行きたいと言いにくい雰囲気だったので、
行こうと言うのはやめておきました。
ランチを食べて、シュウトメちゃんの施設に行って、帰宅してお昼寝。
鍼を受けた日はお昼寝は必須。(笑)

オットは宴会に。20時半に抜け出すとのこと。
私は今からお迎えに行きます。



                         
                                  
        

暑さ対策はブラの中の保冷材?今日は冷えピタで

category - 日記
2014/ 08/ 08
                 
昨日も自転車通勤しましたが、帰り道は実に快適。
そこそこ暑さも収まった中で、風を切って進むのですが、
夕焼けになる前の空もきれいだし、緑の多い場所を抜けていく時の
景色も車の時より楽しめます。

問題は出勤時の暑いので、職場についてしばらく体が熱いことかな~。(苦笑)
近道を行くと12~3分で着きますし、急な坂道もあるので、
足の筋肉を疲れない程度に鍛えてくれるのは有難いです。

首に暑さ対策で売っていた、保冷剤を巻けるミニスカーフ?を
巻いていきますが、職場ではとらなくてはいけません。
最初の1時間、これを付けていることが出来たら、汗は引くんだけど。

制服はポロシャツとエプロンなので、ポロシャツの襟のボタンを
一番上のもはめていれば、そんなに目立ちません。
ちらっと見えたところで、暑いんだなくらいにしか思われないだろうと
やっている人がいたんですが、職場のジャイアンに注意されたそう。
今は誰もやっていません。
そんな話を聞いていたので、もちろん私もやりません。

先日、同僚に「冷えピタを胸に貼るといいよ」と教わりました。
なるほど~と思ったのに、買うの、忘れてた。(涙)
でも暑い。それは現実。
汗を流した暑苦しい姿で接客したくないです。どうしようか。
・・・・保冷材の1つをブラの中心部に入れました。(爆笑)
これが涼しいの、ホントよ。

私自身が客の場合、レジの人が汗をかいていたとしても、
暑苦しいとは思わないでしょう。
暑いんだなとしか感じないですが、いろんな方がいらっしゃいます。

あんまり気持ちいいもんじゃないわねと思われているかなと

気にしながら、汗が出てくるのを感じるのは、やっぱり困るのです。

ブラの中の保冷材のおかげで、汗をかいた顔で接客しなくて済みました。

今日は冷えピタにします。(笑)

                         
                                  
        

片づけが進みました

category - 日記
2014/ 08/ 06
                 
居間のものを寝室に移動しているので、
寝室がえらいことに。(笑)

窓際に今から運んだタンスが2つ置いてあるだけでも
かなりの圧迫感よ~。

居間にタンス?!と思われましたか?
寝室のタンスだけじゃ足りなくなってきちゃって。
ネットで購入したタンスです。

最初から、私でも動かせる重さのを買いましたので、
こういう時は、選択が正しかったわ♪と思えます。

断捨離でもっと大量に服を捨てた方がと思いつつ、
そこそこ捨てているのですけどね、やはり居間にもタンスが必要。

オットのその時期着る服と仕事用の服が、
寝室から居間に引っ越したのでありました。
それをまた寝室にお引越しさせて、寝室を狭くしております。

なかなか片づけがはかどりました。
祈ってくださった皆様、ありがとうございます。


--------------------------------------

大物を片付けた後は、友人の勤務先のお店に行きました。
名古屋のデパートで働いていた友人が、
近くのスーパーの中のブティックに転職したんです。

普段、お洋服もネットショッピングで済ませがちなので、
試着して買う楽しみを味わってきました。

自分だけで買うと、つい、似たような服を買ってしまうのですが、
「koalaさん、こういう服は好きだから何枚もあるでしょう?
こんなの着てみない?」なんて友人に選んでもらうと、
いつも選ばない服を買えていいですね。(笑)

楽しかったです。友人に感謝。
                         
                                  
        

今日は懐かしの写真を・・・・

category - 日記
2014/ 08/ 05
                 
居間の押し入れを空っぽにしなくてはいけないのに、
昔のアルバムなどについ見入ってしまい、あまり進んでいません。
子どもたちの小さいころの画像などアップしたら怒られそうなので、
自分の子供時代のを少々アップしようかと思います。
昭和のにおいがすごい白黒写真がとても懐かしくて、
今は亡き両親と過ごした子供時代が懐かしくて、
・・・・掃除が進みません。(←完全に言い訳)
 昭和のにおいのひときわ強い写真を選びました。(笑)
 
 


セルロイド人形に、ビニールで膨らませるお人形。
昭和レトロの世界です。
リカちゃん人形でなく、こういうお人形で育ったのね、私。 
 
 


パジャマ姿で失礼します。
パジャマでなくネグリジェ??縁側にいます。
 
縁側の下、全部、お風呂を沸かすための薪です。
薪にしてはサイズが長い気がしますよね?
これは薪として売っているものではなく、確か、
シイタケの栽培に使うものの不用品を
親が安く買っていたような記憶があります
 
これをさらにカットしないと多分薪に使えないですよね?
誰かカットしていたっけ?記憶にありません。 
時々、薪からシイタケが生えていました。食べなかったけど。(笑) 
 
田舎で、小さい頃は、井戸水を薪で沸かしたお風呂に入っていました。
 
 


どこかのおまつりでのひとこま。
母と一緒にいるんだけれど、
私は何に驚いているんでしょうね?
母は金魚しか見てないけど。(笑)
 
写真はお澄ましして写っているものより、スナップ写真が面白いですね。
 
 



父と雪だるまを作っています。
お隣の家の車もレトロです。
父の服はコートではなくて、どうもガウンっぽいですね。
もしかして、下はパジャマか??(謎)
2枚目のパジャマ姿の私の写真といい、この写真といい、
朝起きたらすぐに着替えるわけではない、
ちょいとお行儀の悪い家族だった可能性を漂わせる写真です。(爆)
日曜の朝なのか、出勤・登校前の早朝なのか、記憶にありませんが、
昔は雪が降ると、家の前にこうやって雪だるまを作ったものでした。
 
 


母と弟と私。
後ろに立っているおじさんは知らない人です。
 
場所はアルバムの記録によると競艇場だそうで、
一家揃ってバクチに出かけて負けたそうです。
育ちが悪いの、丸出しの写真です。
なんとなく私のポーズもふてぶてしくチンピラ風に見えてきますねぇ。 
 
さあ、気を取り直して、さくさくと片づけを進めなくては。
皆様、心の中でエールを送ってくださいませ。