FC2ブログ
2014/07/05

2014年07月05日

        

連休でした

category - 日記
2014/ 07/ 05
                 
金・土と連休を取ってありました。
昨日は友人に会いに稲沢市に。
友人は仕事でしたが、午後2時から7時20分まで空いていて、
その間に私が訪問することになりました。



こんな可愛らしいお店でランチ。
自然食のお店で、発酵玄米ランチをいただきました。




ここはNPO法人のお店だそうで、ハンディキャップのある方と健常者の方が
協力してお仕事していらっしゃるようです。



優しい味のランチをいただきました。



ボケちゃった。
デザートも3種類ついていました。

友人はフルのお休みの日が割に少ない仕事で、
そういえば、最近は会った後、彼女には仕事が待っているということが
少なくありません。
この日も、仕事を終えて、彼女が帰宅したのは遅かったんじゃないかな。
ご主人は単身赴任中なので、気楽ではありますが、大変です。

----------------------------------------

最近、土曜日の朝は、オットと鍼灸院に通っています。
今日は14本、足に鍼をうちました。痛くないですが。
全身のマッサージも受けて、体がかなりほぐれました。

先週、首のマッサージと鍼を重点的にやっていただいたら、
首の凝りがかなり軽減した気がしたので、そう言うと、
「それはよかった。でも、まだまだなんですよね。
ホラ、ここを押すとず~んと来ませんか?」なんて言いながら
首の前側をプッシュ。・・・ず~んと来ます。痛い。
「首もまだまだ治療が必要ですけど、今日は足の横の痛みと
足の裏の痺れがあると言うことなので、そちらの治療をしましょう。」
オットは足と腰に鍼をうったそうです。

帰宅して、家でお昼ご飯を食べてのんびりしてから出かけ、
日帰り温泉と岩盤浴で汗を流して帰宅しました。

----------------------------------------

昨日、庭の話を書きましたが、ジャングルと書きつつ、
庭に申し訳ないという気持ちが湧いてきたことを認めます。

昨日、友人といろんな話をして感じたことですが、
物や土地も、心を持っているんじゃないかって思うようになりました。

私の庭に、心からありがとうと言いたいです

昨日の画像の庭は、20年前は、とても手入れしていた庭でした。
うちの子供たちが、小学校に行く時に通って行く道だったので、
元気で学校で頑張ってきてね、という思いを込めて
この庭の手入れをしていた若い母親だった私を思い出します。

それなのに、子供が大きくなってここを通らなくなると、
私の手入れもだんだん手抜きになっていきました。

その頃は、この道を通るのは、オットとシュウトメちゃんだけになりました。
シュウトメちゃんはシルバーカーでこの道を毎日歩いていたので、
手入れが悪いことを罵られたり、忙しければ夜中でも作業しろと言われ、
実際に父が末期がんで仕事もしていた頃には、
夜中にぼろぼろになりながら、作業していました。
心の中は不満だらけで、庭への感謝などありませんでした。

振り返ると、ランドセルを背負った子供たちの姿が目に浮かびます。
行ってきま~す!という子供を見送った庭に咲いていたチューリップも。

この庭の小道にも花壇にもありがとうと言いたいです。
子どもたちに手入れしにくいジャングルの庭を丸投げしたくないので、
何とか手のかからない庭にしてバトンタッチしたいです。
「それも難しかったら、コンクリートで埋めても、人工芝を敷いてもいいからね」と
言い残して行こうかなとも思っていますが・・・。

子どもに残す土地は、まかせればいいんです。
そう思いつつも、私は親として甘いんでしょうね。
2人とも庭には興味なさそうだし・・・と思うと、
数か月に1度、機械で伸びすぎた部分を、自分で刈るか、
業者さんに刈ってもらえば済むような庭にしておいてやりたいのでした。

そういう観点からすると、今のジャングルぶりは好ましくありません。
丸投げされたら、つい放置して、もっと荒れ果てた庭になりそう。
元気なうちに、出来る範囲で、手入れの楽な庭にして、
ありがとうねと庭に言いながら、手入れしていきたいです。
それには庭があちこちにあり過ぎるんですが、
それぞれにせめてありがとうと声をかけ、思いをかけるだけはしていきたいです。







            
スポンサーサイト