FC2ブログ

2014年06月16日

        

自分を知る旅に出よう、もう53歳だし

category - 日記
2014/ 06/ 16
                 
昨日は、またジャイアンにイラッときた私と同僚でした。
愚痴ではないんですよ。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h068.gif

ジャイアンはジャイアンの世界の価値観で生きているので、
ジャイアンとしては正しいことを言っているだけなんだと
新たな認識が出来て、ちょっと気分が変わりました。



--------------------------------------

私たち午後パートは、15分間の休憩を取ることが出来ます。
以前はジャイアンが「今から○○さんが休憩に行って」などと指示していました。

その後、ジャイアンの心境の変化で、休憩時間指定はなくなり、
現在は「年功序列だから、先輩が行った後後輩が行く」と言い出しました。


休憩に行く前に、先輩に、もう休憩は行きましたか?と
聞けばいいだけですが、日曜でスタッフ不足というときには、
店内のどこにいるかわからない先輩を探して、
もう行きましたか?と確認する作業が実に無駄に思えるんですね。
その時間にすべき仕事が出来ないと感じて。


レジの交代も、レジのシフト時間の数分前からジャストまで、
その交代スタッフさんの直前の仕事状況によって変わります。
同時にレジを交代するなら、その際に声をかければいいのですが。


--------------------------------------


後輩である私や同僚は「年功序列というなら、
早めに休憩に行ってくれればいいのに。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h786.gif

レジとレジの間は基本1時間空いているけど、この中で交代で3人、4人と
休憩に行くためには、ロスがありすぎ。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h786.gif

私たち、遅い時間になると15分の休憩が10分になっちゃうのに。」http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h786.gif

こう始終嘆いているのですが、昨日もそうでした。
ジャイアンと私と私の少し後輩は、レジの時間が同じでした。
3人で1時間の間に15分ずつ休憩をとるわけです。

ジャイアンがぱっと探せなかった私は、仕事に忙殺されていました。
最近のジャイアンのお気に入りの仕事は野菜をきれいに並べること。
野菜コーナーをうろつけば、ジャイアンが見つかるのはわかっていましたが、
野菜売り場は広く、お客様でごった返していました。

スタッフ不足の日なので、保冷用の氷や段ボールの補充や、
置きっぱなしのカートの片付け、レジの両替など忙しく、
あのお菓子の店内在庫が少ないとか、ラムネがよく売れて補充しないととか
商品を探したり、落し物をしたお客様に声をかけられたりして、
ジャイアンを探すことはもういいや、きっと先に行ってくれるよね?
そう思っていたんですよ。

ところがジャイアンは、多分私が「休憩に行かれましたか?」と聞くまで、
行かないつもりだったらしいんです。
http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h786.gif

--------------------------------------

それを知らない私は、休憩に行けなくなりそうなので、行くと宣言しちゃおうと
14時にレジスタッフ時間でなくなってから25分後に見つけたジャイアンに
(もう休憩は済んだと思って)「休憩に行っていいですか?」と
言いかけた途端、レジの人のコールブザーが聞こえたので、走ってレジに。
両替を頼まれたので、行く途中に後輩とすれ違ったので、
「先に休憩に行ってね。私、両替だから。」と声をかけたんです。

この時すでに30分を過ぎていて、私たち2人が15分休憩をもらうのは無理でした。
でも忙しくて疲れたから、10分でもいいから休憩したい・・・。
これをジャイアンが聞いていて、後輩に言ったそう。
「私もまだ、休憩に行っていないんだけど。
http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h262.gif

両替の後で、10分の休憩に行きました。
10分と言っても、職場は地下1階で、休憩室は離れた場所の2階にあり、
従業員はエレベーターを使えないので、往復、階段なんですよ。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h786.gif
移動時間含めて10分だと、6分くらい座れるだけ。

後輩(少しだけの後輩なんです)が怒っています。
「3人で1時間の間に15分休憩に行くってわかってるのに・・・。
ジャイアンが年功序列って決めたんだよ。
なんで30分過ぎた時点で『私も行ってない』と言えるの?!」

「・・・ジャイアン、休憩はどうするって言ってた?」これは私。
「知らない。次のレジが終わった時間は今よりもっと忙しいけど、
行けなかったからってしっかり行くんじゃないの?
私達がそんなことしたら、罵られるよね。4時過ぎは忙しいのに?!って。」

「・・・私がジャイアンを探して、『休憩は行きましたか?
お先に行ってくださいね』って言わなかった当てつけなんだね・・・。

ジャイアンは私に直接はまず言わないんだよね。
私の説明は一切聞きたくないっていう感じで。だからあなたに言うんだね。」

私が後輩から聞いたことをジャイアンに告げ、申し訳ありませんでしたと言えば、
少しはジャイアンの溜飲が下がることは知っていましたが、
私はそんなこと、しませんでした。
これもきっとジャイアンをムッとさせてるのがわかっていたけど。


--------------------------------------

私も後輩も、よけい疲れが増した感覚で、短い休憩を終えました。
正直、本当に面倒くさいし頭に来ていました。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h779.gif

ふっと、こう思いました。
(この間、全て鏡という日記を書いたけど、これはどんな鏡なんだろうhttp://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h003.gif

私は正しい!という鏡かもしれない、と感じました。

ジャイアンは、先輩なので、仕事がとても忙しい中、休憩を取るために、
混んだ店内で、後輩が先輩を探すことのストレスを知りません。

ジャイアンにとっては「後輩は、先輩にお先に休憩にどうぞと
一声かけるのが礼儀。その最低の礼儀も守れないkoalaは最低の女」
そんな感じで怒っているのではなかろうか?
私だって、すぐに探せれば、ちゃんと声をかけるのだけれど、
これだけの人込みで、仕事も次々にあるのに・・・という私の状況は
ジャイアンには理解不能なのではなかろうか?

多分、そうなのですよ。
私に言わせたら、想像力の不足だと思うんですが、
氷の不足はジャイアンは氷の残量を見に行かないから知らない。
小麦粉やお菓子や飲み物の店内商品の不足状況も、
ジャイアンは売り場を見に行かないから知らない。
ただ、礼儀を知らない馬鹿後輩がちっとも先輩にお先に休憩にどうぞという
出来て当然のあいさつに来ないと怒りながら、休憩に行かずに
野菜をきれいに並べている・・・そういうことだったんでしょう。

ジャイアンから見たら、ジャイアンが絶対に正しく、
礼儀知らずの後輩koalaが人間としてありえないのでした。

これからも、忙しい日に探すのは難しいから、
レジに入る前に、言っておくのがいいかも。
「今日は忙しくて探せなくなるといけないので・・・。
レジが終わったら、どうぞお先に休憩して下さいね。」
まあ、それで怒ったら知らない~。
http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h264.gif


--------------------------------------

「私は正しい」という鏡は、気が付いたらそこかしこに。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h317.gif

昨日の日記では、とても仲の良いkoala姉弟ですが、
両親を介護していた時は、結構黒雲が出ていたんです。

私と弟は性格が違うのはわかっていたのですが、
「普通はこうするでしょう?」
「普通はこう考えるでしょう?」
ということで食い違いが大きく、相手が無神経に思えたのですね。


父が大腸がんが見つかり、発覚当時、転移して腹水も発生した状態で、
余命半年と言われて、私は介護生活に入りました。
とはいえ、当時は母が元気だったので、私は時々行くだけでした。

弟はアメリカに住んでいましたが、リーマンショック前で、
日本への出張も多かったです。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h068.gif
奥さんもバリバリに仕事をしている女性で、弟に合わせて、
日本への出張をスケジュールに入れ、休みを入れて、
夫婦お互いの実家に行けるように計画していましたので、
合計10日以上は日本で過ごしていました。

うちの両親とは、新幹線の駅前のホテルで1泊という形で、
会ってくれていました。

父は大腸がんだったので、お腹が急にゆるくなったりしましたし、
抗がん剤投与期間だと、疲れも激しかったので、
こちらへの到着時間が分かったら、早めに教えて欲しい、
大体の時間でかまわないからとお願いしていました。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h441.gif

日本に来るときは、いつもレンタル携帯電話を利用するので、
こちらでは電話番号もわからず、メールで、今回の電話番号を
教えてもらうまでは、連絡の取りようがありませんでした。

弟夫婦は、まず東京に泊まります。
飛行機が東京着なのと、奥さんの妹さんが東京にいたのです。

でも、当日になっても、なかなか時間を教えてもらえませんでした。
父は、午前中かもしれないからと、朝から身支度していました。
「疲れるでしょう?連絡が入ったらしゃきっとすればいいから
ちょっと横になっていてね~http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h415.gif」と明るく父に言ったりしていましたが、
心の中では弟にむかついていました。
http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h779.gif

朝から待った父に、結局、午後3時過ぎに連絡が入り、
夕方6時半くらいに着くからと連絡が入ったりしました。
弟夫婦がホテルに注文してあった献立が、天麩羅セットだったりhttp://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h350.gif

父は、孫と夕食を囲めるのが嬉しくて、幸せな顔で、http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h415.gif
美味しいなぁと笑顔で食べていましたが、
お腹を下してばかりいる人に天麩羅?!と
私は心の中で怒っていました。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h779.gif

後でお腹を下すに決まってるのに。
末期がんの人を待ちぼうけさせないでと頼んでるのにと
「私は正しいモード」で頭に来ていました。

--------------------------------------


私の性格では、親が大腸がんの末期だと言われたら、それについて調べますから、
こういうことをされることは「ありえないこと」でした。

弟にしてみれば、片道17時間の長旅を、小さな子を連れてするわけです。
実家のある市の隣の市で仕事があるので、実家のある市の駅前のホテルに泊まり、
奥さんは少しでも長く自分の実家にいたいだろうに、
弟の実家のある市に1泊してあげてるわけです。
それで満足してくれないってありえないことだったのかもしれません。

冷静に今振り返ると、事前に私の説明が足りなかったのです。

抗がん剤を受けている期間の父が、どんなに体力が落ちるか。
どれほどお腹を下しやすいか。
食べたほうがいいものと、食べない方がいいものは何か。
それを説明しないで、わかるはずと思い込んで、
心の中で不満に思っている私は、自分を正しいと思っていました


--------------------------------------

常識っていうのは、人それぞれ、結構違うものなんですよね。

でも、私の中ではそうじゃなかったのです。
「私は正しい」ので、その「正しさ」を理解しない相手が無神経。

本当は、私が出来るのは、自分の正しさを押し付けることじゃなくて、
自分はどうしたいかを選ぶことだけ。
相手には相手の考える「正しさ」があるのだという理解が
私には欠けていたなぁと思います。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h317.gif

みんな自分の正義を信じて生きているんだよね。
その正義は偏っていて、多面体のほんの一部しか把握していないけど、
きっとそれはお互い様なんですよね。

あることにムカッとする時に、私は何に対してムカッとするのかよくわかります。
自分を知る旅に出よう、もう53歳だし。
http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h415.gif

そう感じた6月のワタクシでした。

            
スポンサーサイト