FC2ブログ

2014年06月12日

        

私を写す鏡の誰かも私だったんだね~ 堀木綿子さん

category - 日記
2014/ 06/ 12
                 
昨日は、職場のジャイアンがお休みの日でした。

たいてい誰かが「今日は平和だよね」「穏やかな気持ちで仕事出来るね」
などと、ちょっとひどいことを言います。
「この間、またこんなことがあった」などという愚痴もあったりします。

悪いけど、やはり穏やかな気持ちで働けるのは気持ちいいです。
ジャイアンのルールで動かないと気に入らなくて、
文句ばかり言ってくるのに、当然すべきことをスルーするので、
一緒にいるだけで疲れるのでしょう。

ジャイアンはいつも自分と周りを比べて、上にいないと気が済まないから、
あんたはこういうところがダメ!ここに気をつけなさい!
なんでこうしないの?!などなど、とにかくウルサイ。

上から目線で注意するのだけれど、その内容は参考にもならないし、
自分には限りなく甘い。
人に難癖つける前に、もう少しまともに仕事してよねと
みんなが口を揃えてしまいます。

でもね、こんな話を聞いたんです。
○○さんってこういうところが嫌だよね、という悪口で終わってはダメ。
そこで起きている自分の気持ちを見つめましょう、って。

----------------------------------

私を写す鏡の誰かも私だったんだね~ 堀木綿子さん

ここに書く話は、全文の要約ではありません。
とてもスピリチュアルでいいお話で、全文を書きたい気もしましたが、
あまりにスピリチュアルな部分を一般向けに要約するのは
私には難しいかな?と思って、内容を限定して要約しました。
全文を知りたい方は、ぜひ聞いてみてください!お勧めです。
この要約とは、話の広がりが全然違うので、目からうろこが落ちますよ。
昨日の日記に書いたようなことも、別の視点で見られるようになったけれど、
あまりに怪しいので、日記ではスルーさせていただきます。

さて、ここからは堀木綿子さんのお話です。

----------------------------------

自分が望むのものをはっきり知るためには、
私たちはどうしても、嫌なものを見なければならない。

この人の中の何がそんなに嫌だと感じるのか。
私はこのようでありたくない。
だったら、どうありたいのか。

私はこうしたい、私はこれが欲しい、
私はこれを選んでこうするんだ。

その望みをはっきりと、徹底的に知るためには、
望むものの逆を見せつけられることが有効だから、
だからその人が鏡として、そのイヤな部分の役割を演じてくれている。

なんであの人はああなの!と怒るだけで終わるのは、
その人が鏡になってくれていて、自分に向き合うことを
容易にしてくれているのに、そこから逃げてしまっているということ。

見えなかったものを見るために、オイ!見ろよ!と
一生懸命鏡になって、嫌な役目をして見せてくれているのに。


----------------------------------



あの人の言い方は命令口調で気に入らないね!と感じたら、
では私は優しく、相手のことを思いながら伝えようと思って、
それを実践すればいい。

私なんてどうでもいいんです、としつこく言う相手にイラッとしたら、
でが私ははっきりと自分の気持ちを大事にして表現しよう。
私はこうしたいんです、私はこれが欲しいんです、とはっきり言えばいい。

鏡になってくれる人を見て、
今、私には何が出来ますか?
私は何をしますか?
私は何を思いますか?

私たちが自分の心をどう扱うか、それだけ!
----------------------------------

今、置かれている人間関係の中に、大事なポイントがある。

あまりに親に理解がなく、衝突ばかりして、故郷を出た、という場合、
故郷から離れるためには、理解のない親が必要だったとも言える。

あなたがあなたらしく輝いて生きるために、
私が支えて、陰になるよ。鏡の役割をするよ。
あなたが本当に輝きだしたときに、
私はその役割を終えられる。
そしたら、猛スピードで私も輝きだすよ。

そんな筋書きが、協力体制が出来ているってすごいこと。
もう誰も馬鹿に出来ないよね。


そんな話でした。
            
スポンサーサイト