FC2ブログ
2014/05/27

2014年05月27日

        

1/4の奇跡  柳澤桂子さんの遺伝子プールの話

category - 日記
2014/ 05/ 27
                 
「1/4の奇跡」の本を読み出しました。
考えさせられる本なので、ぼちぼち読んでいます。

まだ読み終わっていないのですが、ご紹介したいものがあったので載せます。










雪江ちゃんの養護教室の先生だった、かっこちゃんこと
山元加津子さんの本ですが、他の方の文章も載っていました。

その内容が、やはり先日書かせていただいた神谷美恵子さんの
「あなたは代わってくださったのだ」の詩について、
個人的感想を書いた内容とすごく似ていました。(そのブログはこちら→

私は今、この考えに出合うことになっていたのだろうと
運命を感じたような気持ちでいます。


-------------------------------


本文は長いので、koalaの独断で略しながら抜粋させていただきました。


私たち人間は、さまざまな人種がいます。
そしてどの人種間でも子どもをつくることが出来ます。
それを可能にさせるのは、私たち全人類が、一つの大きな
「遺伝子のプール」を共有しているからなのです。

遺伝子プールには、突然変異によって生じた、
少しずつ違う遺伝子が蓄えられています。
遺伝子プールは、過去の環境条件に適応して、
一定に保たれてきた状態を維持しようとする、
保守的な傾向を持っています。

しかし、環境の変化が起こることによって、
それまでのバランスが崩れ、ゆっくりと変化するときがあります。
その時、生物は進化してきたのです。

突然変異が繰り返し起これば、病気をもたらすような変化も
ときには起こってしまいます。
そして、病因遺伝子も、遺伝子プールに蓄積されます。

病因遺伝子を持つ人の多くは、子孫を残すことなく死亡してしまいます。
そう考えると、病因遺伝子を持つ人の数は、社会全体として
減って行ってもよいはずですが、実際にはほとんど減りません。

それは病気の遺伝子を含めた「遺伝子の多様性」こそが
人間の優秀さを、個性を生む源泉となっているからです。

けれども私たちは、遺伝子プールの中から、どの遺伝子を受け取る以下
自分で選ぶことはできません。

そして必ず誰かが、病気の遺伝子を持って生まれてこなければならない。
それが遺伝子プールの構造なのです。

個人にとって「悪い遺伝子」というものはあるかもしれませんが、
社会にとっての「悪い遺伝子」というものはありません。

もし「病因遺伝子=悪い遺伝子」という考え方があるとすれば
それはそのような考えを生み出す社会が悪いのです。  

あなたに与えられたかもしれない病気の遺伝子を
たまたま受け取って生まれた人がいる。
その人に、できるだけ快適な生涯を送れるように配慮し、
尽くすことは、健康に生まれたものの当然のつとめだと思います。


-------------------------------


この本に載っていた映画「1/4の奇跡」の感想を1つご紹介します。


私の息子は自閉症(先天性の脳機能障害)です。

そんな息子に、私はこれまで「大好きだよ。あなたは、大切な存在だよ」
と伝えてはいましたが、一方で「なんの生産性もないこの子は、
社会にとって、本当に大切な存在なんだろうか」とも思っていました。

そんな気持ちを救ってくれたのが、かっこちゃん(山元加津子先生)でした。
障害者の存在がどれほど大切なものなのか、ということを話してくれた時、
目の前のもやがパッと晴れました。

障害を引き受けてくれる人がいなければ、私たちは存在しないんだ。
なんという気づきでしょうか。

以来、息子に伝える「大切だよ」という言葉に、迷いがなくなりました。
息子は、常同行動(同じ行為を何度も繰り返し続けること)として
よく体を揺らしていますが、かっこちゃんは、それを
「宇宙とつながるための祈り」と言ってくれました。

本当のことは誰にもわかりません。
でも、息子は、揺れることで、私たちには見えない「何か大きなもの」と
つながっているのかもしれない。
そう思うと、息子が愛おしくてたまりません。
            
スポンサーサイト