FC2ブログ

2014年05月19日

        

賢者テラさん  人生がマリオのゲームだとしたら

category - 日記
2014/ 05/ 19
                 
土曜日に私が行ったという講演会は
賢者テラ ソロライブ
「泣かぬなら そういうタイプのホトトギス」
講演会って古いのね。今はライブっていうのね。http://my.plaza.rakuten.co.jp/img/emoji/h264.gif

面白かったです!
3時間、休憩なしで語り続けたテラさん。

私はテラさんのブログのファンなので、時々まとめ読みしているのです。
(ファンって言うなら毎日読みなさいよねぇ?
毎日午前0時くらいに更新されているようです。)

短い小説もたくさんアップされています。
普段あまり本を読まない人でもとっつきやすく書かれていますが、
私が特に好きなのは、聖書の新解釈シリーズで、
特に先日のはすごかったです。
ちょっととんでもないキリストの話
ちょっとどころではないと思いますけど。

テラさんは、実は以前、熱心なクリスチャンで、神学校に通い、
途中でスピリチュアルに目覚めさえしなければ、
神父になるはずの方でしたので、聖書には精通しています。

その神学校は、体育会系だったそうで、
日曜日の説教の練習の際には、「そんな話し方では信者さんが飽きる!」
「そこ、おかしい!」などの檄がとぶ状況だったとか。
テラさんの声はちょっとおばちゃんが入ってる高めの声なんですが、
非常に聞き取りやすいのはその修行のおかげ?
3時間休憩なしの語りがあっという間だったのも、
内容が興味深かったことだけではなく、話術も巧みなのでしょう。
多分、教会向きのモードではないですが。(笑)

-------------------------------------

もしも、人生がマリオのゲームだとしたら、
人生のどこでどんなコントローラーを私たちが操作したとしてもOKで、
全部想定内だというのが1年半ほど前までの思いだったのが、
今は「どこでどんな操作をするか、どんな結果になるかもすべて決まっている」
そんな考えでいるそうです。
このことはブログで知っていまして、そこが腑に落ちなかったので、
聞きたいと思って出かけたといういきさつがありました。

テラさんはでもこう言いました。
(メモしたわけではなく、記憶で書いていますので
多少違う部分はあると思って読んでください)

「真実は一つじゃありません。
この考えに反発する人は、いや、人生は決まってなどいない、
前向きにチャレンジして変えていくんだという選択をしてください。
あなたの宇宙ですから、あなたに合うものを選べばいい。
どんな内容の話でも、一部の人にはしっくりきて、
一部の人には反感を買います。それでいいんです。
自分は反感を買う覚悟で発言しています。」

「人生を自分の選択でコントロールできるというのが励みになる人も、
コントロールできなかった、起きることが起きたということが
救いになる人も、両方存在します。
自分が目を離したすきに、子供が飛び出して事故で死んでしまった。
そんな場合は、自分さえ目を離さなければと自分を責め続けてしまう。
・・・すべては決まっていると今の私は思っています。」

あみだくじのような線をホワイトボードに描き、
自分であみだくじの横線を引くようにジグザグな線を描いて
「以前は、こんな風に進むのが人生と思っていました。
でもね、この縦線を全部生きるんですよ、われわれは。
だから、こんな風にジグザグに進む必要がないんです。」
(この説明、すごい!と個人的に思いました。)


-------------------------------------


「人生を自分の選択でコントロールできるとしなければ
とても救われないと感じる人、死んだほうがマシと思える人もいるでしょう。
しかし、映画は最後まで見ないとわからない。」

「途中で、こんな映画、つまらないと言って席を立ってもいいんですよ。
退席というのは自殺のことです。
でも、映画がつまらないかどうか、最後まで見ないとわからないじゃないですか?
皆さん、普通に映画を見に行く時には、どんな映画なのか、
おおよそ理解していきますよね?
でも、人生という映画は、予備知識ゼロで見に来たんです。
だから、先が見えなくて怖いんです。
ただね、映画ですから、ちゃんとストーリーがあるんですよ。
とんでもないことが起きたとしても、あなたのいるのは映画館の席です。
映画が始まっているんだから、最期まで見ましょうよ。
きっと何かが起きますよ。」

この話の前に、テラさんの今までの話がありました。
発達障害が発覚し、リストラにあったり、引きこもりしたり、
熱心なクリスチャンになって、神学校に通ったり。
ある本屋に、キリスト教関連の本を買いたくて出かけたときに、
横が精神世界のコーナーで、間違えてそちらに行ったそうなんです。
ストイックなクリスチャンだったので、聖書関連のコーナーに
まっすぐに行くタイプだったそうです。
精神世界のコーナーで「神との対話」を手に取ったそう。
ご存知の方は、キリスト教の本ではないことがわかりますよね。
テラさんは、神というタイトルなので、当然キリスト教の話だと思い、
手に取って読んで、衝撃を受けたそうなんです。
キリスト教の教えよりも、こちらのほうが真実だと思うほどに
この本の内容に感動してしまったんです。

その後、スピリチュアルな目覚めを経験し、ブログを始め、
それが人気になり、現在に至る、という経緯ですが、
まさに波乱万丈です。

リストラされる前、発達障害が発覚する前は、
自分の能力のなさを感じて辛かったと思います。
知らないうちに人を怒らせたり傷つけたりする脳の持ち主と
自分のことを感じて、引きこもっていた時に、
今の姿を見せられたとしても、信じなかったでしょうね、テラさんは。

「今、辛いところにいても、とにかく映画を最後まで見ようと
思って欲しいです。何かが起きるから。」

-------------------------------------


前にテラさんのブログに「死にたいんです」と書き込んだ人がいました。
テラさんは、その人が本気で死にたいなどとは全く思っておらず、
こちらの出方を試しているだけだとハッキリわかりました。

「相手するのが面倒で、死ねば?って返事したら
読者がガクンと減りました」って笑って言っていました。
そのへんがすごくテラさんらしいと思いました。

「人生が苦しくて自分のブログに来るのはわかるけれど、
自分はスピリチュアルのことをこんなにわかっている、
こんなに高いところにいるぞというのを誇示したくて、
優越感を感じるためにコメントする人たちがいるんですよ。
そういう人たちに気に入られようとは思わない。」

「逆に大好きと言われても、エゴの部分では嬉しいですけど、
ちょっと投げ飛ばしたくなりますね。
依存しちゃダメだ、あなたが宇宙の王だって言ってる。」

「人生は引き寄せの法則だと言って、愛とか夢とか希望とか、
そんな言葉をちりばめたほうが売れるのですが、
身も蓋もないけど、人生は決まっている、
映画を見てるようなものだと思ってます。」

この「映画を見てるようなもの」についてはまた明日書きますね。


            
スポンサーサイト