FC2ブログ

2014年05月12日

        

「感謝感謝だよ」

category - 日記
2014/ 05/ 12
                 
ネット友のブログにおばあさまのことが書かれていました。
高齢で施設入所されていますが、こんなことおっしゃるそうです。
「こんなに面倒見てもらって、家じゃできないから、もう感謝感謝だよ」

なんて可愛らしいおばあちゃまなのでしょうか。
私は感動で胸がじ~んとしてしまいました。

家族を心配させて自分に興味を向けさせたいっていうのが皆無。。
「有難いこと」に意識が向いています。
こう言われたら、家族も安心していられますね。

このおばあちゃまに、嫌なことが何も起きないわけではないでしょう。
でも、被害者意識も皆無。

この言葉が始終口から出るというのは、
もちろん、いい施設に恵まれ、いい家族に恵まれ、
心から有難いと思っていらっしゃることとは思いますが、
感謝して生きていくのだという決意の結果だとも思います。

-----------------------------------

見習いたいです。
自分が恥ずかしいです。

そういう気持ちで、昨日の日記を読み返したのですが、
なんだかんだ言っても、介護の面から言うと、
昔よりうんと恵まれた状況にいるのに、
義姉を心の中で裁いている部分があるから、
昨日の日記にもそれが出ていると感じました。

「裁くな」という聖書の言葉を、ずっと前から
その通りだと思っているのにね。

もちろん、第一の気持ちとしては、私自身は母を亡くしていて、
シュウトメちゃんは生きている、というのがあるのです。
今ならシュウトメちゃんが、そう呆けてもいないから、
いい時間を持てるのに、もったいないという気持ちがあります。
でも、きっとそればかりではないんですよ。
心の中では、親にあんなに冷たいなんてと裁いている私。

お節介が問題というより、その裁きの思い上がりが問題でした。

-----------------------------------

ネット友のおばあちゃまの「感謝感謝だよ」を
私も口癖にしたいです。
人に言わなくてもいいので自分の中で、ですけど。

冬と夏に長いこと入所してくれるようになって、
私の負担は格段に減って、シュウトメちゃん自身の性格も
うんと丸くなって・・・・感謝感謝だよ。

義姉さんたちがいちいち介護に口を出して、
もっとこうしてあげて、こんなことはしないで、と
うるさい人だっているのに、私は・・・感謝感謝だよ。

いいお天気で、鳥が鳴いてて、花がきれいで、
なんて気持ちのいい日。感謝感謝だよ。

いくらでも書き続けられそう。(笑)

幸せって、とても特殊な、あまりにも過酷な環境の場合は別にして、
よくある状況で生きている場合は、環境の問題ではないですね。

起きてくることは同じでも、どう解釈できるか、
感謝の視点が持てるかどうか、
そういう個人の心の方向性の問題かもしれません。

            
スポンサーサイト