FC2ブログ

2014年03月30日

        

とりあえず玄関のリフォームだけする、とシュウトメちゃん

category - 日記
2014/ 03/ 30
                 
シュウトメちゃんと、ゆっくり話をしました。

夕べふと思ったのですが、叔母はよく膝が痛くなり、
車いすとベッドや便座などの移動が困難になりました。


調子のいい時と悪い時があり、悪い時は、
スタッフさんの介助があっても、泣くほど痛いとか。

家を大きくリフォームしても、そうなったら、
ブザーを押すとスタッフさんが来てくれる施設でないと、
シュウトメちゃんは車いすから降りられません。
あるいはベッドに寝ころんだまま、車椅子に移動できません。

・・・・やっぱり施設のほうがいいと思うよと話しました。
シュウトメちゃんも、実は自分もそう思うと言いました。
しばらくは、お気に入りの施設に、夏と冬に避難して、
あとは家で過ごしてみるそうです。


類似のもう少し安い施設があるとケアマネさんが言っていたよと
言いますと、知らないところには行きたくないそう。

リフォームは、玄関の段差を減らす工事だけしたいそうです。
大工事するとなると、自分のものをかなり捨てなくてはいけない、
自分の作った家の床をはぐのも、私物を捨てるのも嫌なのだとか。

とりあえず、それで様子を見ることにしようと話を終えました。

ご主人は?って聞かれそうですが、シュウトメちゃんのことで
オットは私が頼めば動きますけれど、自分でやったほうが早いわ。(爆)


仲が悪いわけではなく、多分、私の年代では仲良しの方ですが、
こういうことで、私がオットを頼っていないからかもね。

シュウトメちゃんに対してオットが強く出ると、
たいていシュウトメちゃんは、自分が育てた息子に裏切られた、みたいな
被害妄想に包まれてしまって、あとのケアがめちゃくちゃ大変なんですよ。
泣きながら、「お前が小さいころ熱を出した時に、
おぶって医者まで走っていったのに」とか、そんな話まで始めるの。
オットも「そんなの親なんだから当たり前じゃないのか?」と
ムッとして反応しちゃうので、関わってくれないほうが楽。

義姉2人も、シュウトメちゃんに関しては、一切面倒は見ない、
自分たちに迷惑をかけるなと言い切る人たちです。

シュウトメちゃんの介護は、自分で出来る範囲で背負う覚悟が出来てます。
手伝ってと言えば、オットや長男長女は手伝ってくれるし、
困ったらケアマネさんに言えばいいとわかっているので、
自分と同レベルでシュウトメちゃんに関わる人がいなくても、
面倒だな、大変だな、という以上のストレスはありません。

----------------------------------

ところで昨日、介護保険の点数と言う書き方をしましたが、
正確に言うと「単位」です。
全く介護保険のお世話になっていない方はご存じないかなと思い、
少し解説しようかと思いましたので、興味のある方は読んでください。

----------------------------------

例えば、要介護1では、1ヶ月あたりの支給限度額は16,580単位です。
1単位はだいたい10円くらい。
(地域とサービスの種類でかわるらしいです)

介護保険で9割が負担してもらえるので、単位を全部使った場合、
その1割の16,580円が自己負担額ということになります。

要介護2では、194,800 円 (実際にかかった介護費用/自己負担はその1割)

要介護3では、267,500 円 (実際にかかった介護費用/自己負担はその1割)

この金額が、保険で支払われる支給限度額になります。
支給限度額を超えた分については、全額自己負担になります。

ある人があるデイサービスに行くのに、1回3万円かかるとすると、
利用単位数内の場合は、1割の自己負担で3000円、
利用単位数オーバーでの場合は、10割負担で3万円ということです。


----------------------------------

老人ホームに入っている叔母は、毎月少しオーバーして、
2万円くらい10割負担になることが多いですが、
掃除も洗濯も買い物もすべてお願いしているため仕方ないです。
最初は洗濯も買い物も、すべて私がやっていましたが、
お金を払えばやっていただけるとのことで、お願いしました。

シュウトメちゃんの場合は、普段は、利用単位数が
オーバーしないようケアマネさんに工夫していただいています。

今回ショートステイを利用するのですが、この費用は、
最初に書いた1割の負担で利用できる介護サービスの他、
基本料金と食費などがかかります。

お部屋の居住代と食事代は介護サービスではないので、
そこまで介護保険でカバーしませんよと言うのは当然ですよね。

基本料金は、施設の種類、部屋のタイプ、要介護度によって決まります。
同じ施設の同じ部屋を利用しても、料金(単位)は介護度で変わるのですよ。


以上、ざくっとした介護保険の説明でした。

----------------------------------


シュウトメちゃんのお気に入りのショートステイ先は、
施設の種類が値段の高いタイプで、加算が多い施設でもあります。
いろいろな基準を満たす施設は、加算項目が多いのです。
シュウトメちゃんは、利用単位数オーバーの料金は払いたくない、
でも、この単位数の高い施設でなくては入りたくない、という
ケアマネさん泣かせのワガママばあちゃんなのであります。

嫁泣かせでもありますが・・・
私はもう泣かないことにしたので、腰痛もありますし、
これ以上は腰が痛くて無理、とはっきり言うようになりました。

昔も言いましたが、自己主張度レベルがシュウトメちゃんのうんと下なので、
「痛くたってやるしかないだろうが!」とヒステリー起こされて、
そのうちうんざりして、結局言うことを半分以上は聞いていました。

----------------------------------

これは悪い癖をつけましたね。
シュウトメちゃんは、身をもってヒステリーの効果を学んだのです。

母親のヒステリーを見て、こんなのが俺の母親か?!と
オットの息子心がドン引きしたのを引き換えにして。
義姉さんたちも、愚痴電話の連続で、すっかり母親が嫌いになり、
必要最小限しか関わりたくないという姿勢を隠さないのを引き換えにして。

その頃からすると、うんと穏やかになったシュウトメちゃん。
ずっと関わっていない実の子供たち(オットもですが、特に義姉たち)には、
このシュウトメちゃんの進化の素晴らしさがわからないみたいです。
なんてもったいないんだろうと思います。

義姉たちに教えてあげたい。
あなたたちが、毎日のように愚痴の電話をして困らせた
シュウトメちゃんと今のシュウトメちゃんは
まるで別人というくらい、進化したんですよ!って。
娘として嬉しいことだもの。


だけど私は、黙っています。
会って母親の話を聞いてあげるだけでも迷惑だと感じている人に
嫌味に聞こえない言い方で、それを伝えるすべがありません。
でも、もったいないなぁ!と思うので、たまに義姉たちを思い浮かべ、
「すごく変わったんですよ~。義姉の魂さん、聞こえますか~?」と
怪しいテレパシーを送っていますが・・・伝わると思う?(笑)

とりあえず、大規模リフォームはパスです。

1日から16日まで施設に行き、帰ってきたら、
6月中旬まで自宅で過ごし、週4回デイサービスに行く生活を送る予定。
その間、大変だとなったら、その時に対処を考えることになりました。

結局、丸く収まってホッとしています。
神様、ありがとう。
            
スポンサーサイト