FC2ブログ

2014年03月14日

        

ご帰還から3日(笑)

category - 日記
2014/ 03/ 14
                 
シュウトメちゃんのご帰還から3日目で、既に疲れていますが、
今まで楽をしていられた証拠でもありますね。
やはり介護は中腰が多く、腰が痛いです。
なるべく腰の負担を軽くするように工夫していくつもりです。

例えば、シュウトメちゃんは、足の水虫の傷から菌が入り、
足が腫れ上がってしまう「蜂窩織炎」を3回もやっていますので、
予防のため、毎晩、洗面器にお湯を汲んで部屋に持ち込み、
足を洗っていますが、お湯洗いだけにしました。

石鹸を泡立てて洗い、何度もお湯を変えてゆすいだほうがいいですが、
洗面器のお湯を何度も運び、かがんで足を洗う繰り返しは、
私の腰がつらいので、妥協してもらいました。

お風呂場まで部屋から数メートルなので本当は歩いてお風呂場まで
来てもらって石鹸で洗おうと思ったのですが、
この方法は却下され、お湯洗いならそれでもいいと言うので。

シュウトメちゃんの水虫の足の裏や足の指の間を、
手で丁寧に洗うのですから、やや心理的抵抗はありますが、
そういうのを割り切るのはかなり得意になっています。

初日に、そろそろ足を洗って、と呼び出しがあって行くと、
靴下をはいたままのシュウトメちゃんが、お任せの姿勢で待っていて、
装具と靴下を脱がせることからやらなければいけませんでした。

昨日と今日は、呼び出される前に私から言いました。
「あと10分したら来ますから、靴下を脱いでおいてね」
にっこり笑って、10分後にお湯をくんだ洗面器持参で部屋に。
シュウトメちゃん、自分で靴下を脱いでありました。

この冬の、シュウトメちゃん休暇の間、
かなり時間的・心理的余裕ができて、世界観が変わっていました。

起きるべきことは起こってくる。
私がシュウトメちゃんのお世話をする立場にあるのは、
何か意味があって起きてきたこと。
嫌なら嫌だと言ったっていいですが、
私の出来る範囲で、受け入れていこうと思っています。

そう思うと、ポータブルトイレの始末も、水虫の足洗いも、
老人食の準備も、病院送迎も、他のいろんなお世話も、
淡々とこなしていける気がしています。
            
スポンサーサイト