FC2ブログ
2014/03/02

2014年03月02日

        

鎌倉日記 その3

category - 日記
2014/ 03/ 02
                 
荏柄天(えがらてん)神社は、学問の神様、菅原道真をまつっています。








門から本殿をみたところ





門の扉にも、梅の模様があって、とても可愛い。




本殿の赤い扉にも、やはり梅の模様が。
菅原道真公ですからね。





奥に見える大木は銀杏です。




こじんまりした可愛らしい神社で、梅が見頃でした。

次は徒歩で瑞泉寺に向かいました。
荏柄天(えがらてん)神社までは鎌倉駅からバスで来ました。




鎌倉はそこかしこにまだ雪が残っていて、
大雪の時のすごさが想像できます。
そういえば、1日目に行った鶴岡八幡宮の屋根は、
大雪で壊れてしまって修繕中とのことでした。




丁寧に手入れがされていて美しいです。

う香ちゃんと2人で、こういう時間を持つ至福と大切さを
かみ締めて歩いていました。

どのお寺でもそうでしたが、ここ瑞泉寺の庭園は特に美しく、
空間を清らかに保つ努力と思いがそこにありました。
そういう贅沢な空間を歩いて心まで清らかになる時間を持つのは
自分を大切にすることだよねと話しながら歩きました。

つい効率や目に見えやすい結果を自分に求める日々の生活。
でも本当に大切なものは、効率なんかじゃないし、目に見えやすくもない。
それがしっかりわかってくるのが、
忙しさから少し離れた50代なのかもしれません。




本堂裏にある石庭。異空間です。
思わず歓声があがりました。
何も調べないで出かけるのって、すごいことね。
全部、う香ちゃんのおかげなんですが。(笑)

もうひとつすごいのは、この空間を独占状態だったこと。
とても空いていて、私たちだけでした。

なんて贅沢で豊かな時間を味わっているのだろうと
深い感動に包まれるひと時でした。




雪景色。
あの大雪の日にはどれほど積もったのでしょうか。

う香ちゃんの好きな古民家カフェがお休みだったので、
ランチの場所を変え、鎌倉駅へ。




優しい味のおうどんと鎌倉野菜の小鉢のランチがヘルシーでよかったです。

ごちそうを食べるというのも素敵だけど、毎日の普通の食事が、
心を込めた、体に優しいご飯だっていうの、大事にしたいねと
2人で話しながら、美味しくいただきました。

明日はその4で、やっと最終章です。
お読みいただき、ありがとうございます。
            
スポンサーサイト