FC2ブログ
2014/02/28

2014年02月

        

鎌倉日記 その1

category - 日記
2014/ 02/ 28
                 
長い時間が取れませんので、少しずつアップしていこうと思います。







新横浜到着がランチ時でしたので、そのまま鎌倉に行き、
ランチタイムになりました。
旅行記のしょっぱながランチの店内と料理画像で失礼します。(笑)

う香ちゃんは横浜在住で鎌倉が大好きな女性です。
お店に行く前に通った交差点の名前が「下馬」でした。
この先は鶴が丘八幡宮の参道になるので、ここで馬を下りるべしという
意味の地名だと教えてもらいました。

ランチは鎌倉野菜たっぷりで美味しかったです。

来た道を途中まで帰り、鎌倉野菜の市場をのぞいていきました。
残念ですが、画像がありません。
全然おしゃれじゃない、昔から誠実にやってますという感じの市場で、
前にテレビで見たことがあると思いつつ一周しました。
市場の中にあるパン屋さんのパンが芸術的で素敵でした。
こちらも画像なし。ブロガー精神、捨ててましたね。(笑)




鶴岡八幡宮の参道には延々と桜の木が続いていました。
見ごろにはどれほど素敵かと思いましたが、
人出もものすごいようなので、その頃にはちょっと行けないかな。(笑)




この狛犬とっても大きいです。




「この太鼓橋、子供のころはよく渡ったんだけど、禁止になっちゃった」とう香ちゃん。
私の子供時代も、こんな由緒ある所ではない太鼓橋を
勢い付けて駆け上がったものです。懐かしい記憶です。
今の子は、太鼓橋を駆け上がる経験はないかも。

鶴岡八幡宮の本宮から、先ほどの画像のある鳥居や狛犬の方向を見ると、
素晴らしい景観が広がって感動しましたが、逆光でしたので画像は失敗。
海までは見えませんでしたが、この先は海なんだなぁと思いつつ見ると、
鎌倉が海と山に囲まれていることを実感できて、感動しました。

次は大仏様を見ましょうと、う香ちゃんの案内で移動。




店先に手裏剣などが並ぶ、怪しいお店が。
奥には模造の日本刀がずらり。
う香ちゃんは、奥に進み、店主さんに話しかけました。
店主さん、とても気さくに刀の説明をしてくれて、
「実物と重さはほとんど同じ」という模造刀を
「持ってみて」と持たせてくださいました。
これを振り回して人を斬る・・・・う~ん、無理。(←当たり前です)




大仏様にお会いできました。
私は鎌倉に行くのは初めてで、有名な大仏様はもちろん知っていましたが、
こんな風に拝見するのは初めて。

大仏様は、もともとは大仏殿にお住まいだったのに、
500年前の津波に流されたため、こうして外にいらっしゃるとか。

素晴らしいお顔をしていらっしゃいます。
どこから見ても、美しいです。
上品で穏やかで、理想の精神状態を体現されているようなお顔。

「かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におわす 夏木立かな」
与謝野晶子の歌碑はあって面白かったです。
さすが与謝野晶子。
大仏様に「かっこいい男の顔だわぁ」と言ってのけた。
間違いなく美しいです。
私、1時間以上飽きずに眺めている自信があります。(笑)
面食いではないのですが、見ていると影響を受けて、
こちらまで穏やかな心になり、幸せな気持になれるお顔です。




横顔も美男におわす・・・




大仏様の中に入れるんです。
知りませんでした。
色が違うところから上が頭の部分。
日当たりが良い場所に触れると、温かかったですよ。

明日は長谷寺の日記から書く予定です。
            
スポンサーサイト



            
                                  
        

楽しかったです

category - 日記
2014/ 02/ 27
                 
今は新幹線で名古屋に向かっています。
この2日間、う香ちゃんに案内してもらって、
鎌倉のあちこちを歩き回り、いろいろ食べ回ってきました。

楽しかったです。

これもシュウトメちゃんが夏と冬に施設入所してくれるようになったお陰です。
背中に羽が生えたような解放感に包まれています。

いろいろなことが起こって来るけれど、
今は自分は生かされていると感謝しています。
今、自分の目の前にある現実を大事にすること、
きちんと意識化することを忘れないで、
50代の日々を送っていきたいと改めて思いました。

旅行の画像jはまた明日にでもアップしたいです。
                         
                                  
        

全てはエネルギー

category - 日記
2014/ 02/ 25
                 
インフルエンザの熱が下がって外に出たとき、
空は青く、鳥の声がして、風は少し冷たく感じました。
その風がふわっと私を通り過ぎたとき、
不思議な感覚が私を包んで、いろんなことが
ふいにわかったような気がしました。

------------------------------

私は宇宙を構成する一つの粒子のようなもの。
「自分」という区別は、現世に存在するためのただのルール。

世界は無数の粒子に満ちていて、それらは一つ一つの粒子でありつつ、
世界そのものと繋がっているので、世界そのものでもある。
どんな粒子も無駄ではなく、素晴らしい。

全てはエネルギー。生きているものも、物質と言われるものも。

私たちの存在自体もエネルギーだけれど、言葉も、思いも、行動も
全てエネルギーとして、他に影響を与える。


------------------------------

これが一番最初に感じたことでした。

私がイメージとして感じたのは、巨大な、細かな模様がある絨毯でした。

エジプトに行った時、子供たちが絨毯専門学校で、
絨毯を織っていたのを見たのです。

細かな模様の絨毯が世界なら、私はその絨毯のほんの一部なのだけれど、
どの個所がなくなっても絨毯は成立せず、全て緻密な繋がりがある。
山の茶色の部分、湖の青の部分、自分がどの部分であったとしても、
堂々と誇らしく山の茶色や湖の青であればいい、と思いました。
(でも世界が絨毯の模様を決めて織りたがってるわけではないです。)

世界が緻密な模様の絨毯のようで、人間はそのほんの一部ということと、
その一部はそのまま全体であることは、私の中で全く矛盾なく、
あの世とこの世の境、命あるものと物質の差というものも、
それまで感じていたよりずっと薄い気がしました。

文章にすると限りなく怪しいですが・・・どう書けばいいのか。
他にも湧き上がってきた感覚的なものを箇条書きにしてみます。

------------------------------

全てはエネルギー。
例えばコーヒーカップにも、靴にも、部屋にも、
その物質固有のエネルギーがある。

お互いの存在が、お互いのエネルギーに影響を与える。
物を大事に愛情をこめて使うことと、乱暴に使うことは、
その場のエネルギーに影響を与えるほどのこと。

物のエネルギーは、材料のエネルギ-、作る人のエネルギー、
使う人のエネルギーを帯びて変化していく。
全ては変化していく。

例えば野菜は畑の土のエネルギー、作る人の思いのエネルギーを受け、
消費者の手に渡ってからも、調理する人のエネルギーの影響を受けて、
食べ物として食べられる際、食べる人の受けるエネルギーに影響を与える。

土地にもその土地固有のエネルギーがある。
地産池消がいいのは、体がなじんでいる住む土地のエネルギーを
受けて育ったものを食べるとなじみがいいから。

------------------------------

古くなって、もうわくわくしないものは捨てましょうというのは、
昔それを買った頃のその人のエネルギーにはなじんでいたものが、
今はもうエネルギー的になじまないものになっていたら、
なじまないものに囲まれて暮らすのが、エネルギー的によくないから。

自分のエネルギーになじむものを大事にするのがベスト。
なじまなくなったものはどんどん捨てるというのも愛に欠ける。
あの頃はお世話になってありがとう。今までありがとうと
感謝の言葉をかけて処分していったほうがいい。

掃除をするというのは、その場のエネルギーを調整し、
いい方向に持っていくことに繋がる行為。
掃除をしてもらえない部屋は悲しむかもしれない。

------------------------------

時間を超越したエネルギーがある。
たとえそれが遠い昔のことであっても、思いのエネルギーは
その場所に残って、エネルギーを出し続ける。

たくさんの人が楽しい思いをした土地と、
たくさんの人が恐ろしい思いをした土地は、
それぞれの経験から、影響を受けて土地のエネルギーを変化させる。
その土地で過ごす人のエネルギーに影響を与える。

エネルギーの中でも、人間の思いのエネルギーは大きいので、
人は自分の出すエネルギーに無頓着ではいけない。

------------------------------

こんな感覚を、青空の下少しだけ風に吹かれて味わいました。
言葉にしようと思ってこのような箇条書きにしましたが、
そんな理屈っぽく感じたのではありません。
実際の感覚は理屈でない分、もっとぶっ飛んでて怪しかったです(笑)
                         
                                  
        

インフルエンザから復活して普通の生活に

category - 日記
2014/ 02/ 24
                 
引きこもって寝ていたのが、今日から仕事。
出勤前に普通の家事、その後シュウトメちゃんの施設へ行き、
溜まった洗濯物を洗った時点で、もう疲れてる?!

シュウトメちゃんはとても元気でした。
「今度来るときに、大きめの袋をいくつか持ってきて」と言うので、
理由がわからないふりして「何に使いますか?」って
聞いてみた私は意地悪だっただろうか。

「そりゃあ、家に帰るのに荷造りしないといかんから」
荷造りときたか、シュウトメちゃん。
「早すぎですよ。3日前くらいからで充分じゃないかな。」
「そうか。早すぎるかな?」
「まだ2週間以上あるから、着替えが足りなくなりますよ~。」

シュウトメちゃん、帰る気まんまん。(笑)

--------------------------------


一週間ぶりの職場は、新鮮でした。
日々このような新鮮な感覚で働くといいのよね。

明日は仕事ですが、明後日は、予定通り、
横浜に住むう香ちゃんに会いに行きます。
一緒に鎌倉に泊まって、しゃべり倒すのだわ。(笑)
                         
                                  
        

明日から仕事

category - 日記
2014/ 02/ 23
                 
ほんの数日間寝込んだだけで、改めて
自分がどれほど文明の恩恵に浴しているか、
思い知った気がします。

医者にかかれば、適切な検査と治療が受けられ、
寒ければスイッチ一つで部屋もベッドの中も
それぞれ温かくしてくれる機械があります。
ふかふかの毛布も、羽毛布団も、
温かな肌着もパジャマもあります。

昨日の日記に書いたスマホも文明の恩恵。

お粥が欲しければ、圧力鍋ですぐに作れます。
一人暮らしの場合は、普段からこういうときのための
買い置きがあったほうが助かりますが、
ペットボトルや紙パックの飲み物を、
枕元にたくさん用意するのは簡単なこと。

熱が下がって3日目の昨日、入浴しましたが、
お風呂だって、ボタン一つで沸かせます。
昔みたいに、井戸の水を汲んで、運んで…
等という手間がかかったら、気軽に
そろそろお風呂に入ろうとは思えないでしょう。

お風呂でインフルエンザがうつることはないようで、
ドアノブなどに私が触ってついたウイルスも、
数時間で感染力をなくすそうなので、
家族のいない昼間に入り、お湯を落としておきました。
家族には、ドアノブなどを触った後は手洗い!と言ってあります。
いろんな知識もネットで探したら得られます。

文明の恩恵を挙げればきりがありません。
このことには、多分、深い意味があります。
良くも悪くも文明社会に生きている
それが自分の立ち位置なのですね。

素直に有り難いなぁと感謝しています。

文明の恩恵を享受するために、私たちが
犠牲にしてきたことも多々あるでしょう。

他人事みたいにけしからん!と言うのではなく、
それを犠牲にしてもいいという価値観の根っこが
自分の記憶の中にもあるのだという意識を
探って観察してみると、やはりある気がします。
まずは自分のエネルギーの浄化をと思いました。

本当は、寝込んだ間、もっとたくさんの発見、
意識の変化があったのですが、言葉にすると
余りに怪しく長くなるのでナイショです。(笑)

いいインフルエンザ体験ができました。
                         
                                  
        

You tubeは本当にありがたい

category - 日記
2014/ 02/ 22
                 
真央ちゃんの曲、ラフマニノフでしたね。
ラフマニノフといえば、大好きなのがこの曲。

交響曲第2番ホ短調 Op. 27 第3楽章
http://www.youtube.com/watch?v=T3hdjT3GZOY

しかし、今の時代って、この曲が聞きたいと思えば、
You tubeですぐ探せて聞けてしまう、しかも無料で。
すごい時代だなと改めて感じます。

寝てるのもやはり退屈はするので、ベッドで本を読んだり、
こうやって少し起き上がってブログ書いたりしてますが、
You tubeは本当にありがたいです。

ドビュッシーの「月の光」が聞きたければ、フジコヘミングの演奏でも聞けるし、
(フジコヘミングさんの画像は出ません)
久しぶりにミュージカルCATSの「メモリー」が聞きたい(懐かしいでしょ?)
と思えば、ブロードウエーバージョンの舞台を見ながら聞けます。
私は機械音痴なのでこのくらいで感動していますが、
本当はもっとすごいことになってるのよね。
機械音痴おばちゃんの知らない世界ですが。(笑)

-------------------------------------

エックハルト・トールさんという方の講演も、
日本語字幕付きで見ました。
「苦しみに飽きるまであなたは苦しみ続ける」という話があり、
苦しみというのは「苦しみはもうこりごりだ、十分だ」と
わかるために必要なのだという逆説の話が面白いと思いました。

人間の苦しみと言うものを十分経験したからこそ、
もっと違う生き方があるという立場を受け取る準備ができる。
精神的苦痛は、大体において、自分が状況に意味づけした
思考から作り出されている、というような話でした。
ものすごく省略したのですが、多分、ピンとくる人にはくるし、
ピンとこない人には来ないたぐいの話だと思います。
人が精神的に進化していく道はいっぱいあって人それぞれなので、
私に似た道を行く人はピンとくるけど、別の道から行く人には
何の話?みたいな面があるのかもと思います。

なんとなくそうなんじゃないかと感じていたことだったので、
これはもうこの件は逃げも隠れもできないなぁと思いました。(笑)
人によって「苦しみはもうこりごりだ、十分だ」とわかるために
必要な苦しみもそれぞれなのでしょう。
みんな自己責任でちゃんとやっていけてそれぞれ生きてるんですね。
とても清々しい気持になりました。

-------------------------------------

寝込んで4日目。
すごいデトックスだった気がします。
昨日は初めてまともなご飯を食べました。
長所の作ってくれた納豆の油揚げ詰めの焼いたのが、
異様に美味しく感じました。(笑)

4日間、肉も魚も揚げ物もお酒もコーヒーもその他もろもろもなく、
元気な今も欲しいとも思わないのですが、
これはそのうち変わっていくんだろうな。
今の気持ちとしては一生なくてもよさそうなんだけど(苦笑)

長くなりましたので、もう寝ますね。
                         
                                  
        

浅田真央選手と小野塚彩那選手に拍手

category - 日記
2014/ 02/ 21
                 
部屋で足湯をしながらテレビを見ていました。

浅田真央選手のフリーの演技、素晴らしかったですね!
なんて芯の強い、素晴らしい選手なんでしょうか。

圧巻の演技でした。
演技にも、真央ちゃんの表情にも涙が出ました。
たくさんの人が同じ思いで涙を流しながら、
真央ちゃんにありがとう!って感じたことと思います。

女子ハーフパイプの小野塚彩那選手も素敵でしたね。
ダイナミックな演技にガッツポーズ。

素晴らしい演技をしたライバルと抱き合ったり、
亡くなったおじいちゃんの遺影にキスしたり、
なんてチャーミングなお嬢さんなんだろうと思いました。

いい気持で、もう少し安静にしています。
                         
                                  
        

今朝から平熱

category - 日記
2014/ 02/ 20
                 
家族にうつさないように、ほぼベッドにおこもりしています。
しばらく更新を休みますって書いたばかりですが、今はほぼ元気です。

体がだるいのと、お腹が少し下っていますが
熱が下がるってこんなに快適なのですね。

ただ、発熱で人は免疫力を手にいれるし、
ガン化しつつある細胞が死んでくれるという説もあるので
その説を信じて(笑)、体が健康になっていく
イメージを描きながら、熱がに伏せっていました。
もしかして怪しい!?(笑)

私が医者にかかった時の体温は37.6度でした。
インフルエンザを疑われルような体温ではありません。
愛知県はとてもインフルエンザが流行しているので、
熱がある方には検査をお願いしていますと言われ、
検査をしたら、ドンピシャ!!でした。
熱は38度が一度だけ、あとは37度台でした。

こういうインフルエンザもあるみたいですよ。
ちなみに私は予防接種は受けていません。

どうでもいい情報ですが、熱の間一番助かったのは電気あんかでした。

元気になってくると、動きたくなるのが人情ですが、
今の私はインフルエンザウイルスを出しているとしっかり意識して、
ウイルスを出し切ることに専念したいと思います。
専念って言っても、寝てるだけですが。(笑)
                         
                                  
        

インフルエンザでした

category - 日記
2014/ 02/ 19
                 
軽い風邪だと思ったら、症状がひどくなってきました。
検査の結果、インフルエンザでした。
 
日曜日までタミフルを飲めばオッケーだそうです。
しばらく更新をお休みします。
 
とにかく寒気がします。
皆さんもお気を付けて~。
                         
                                  
        

あれこれ

category - 日記
2014/ 02/ 18
                 
我ながら、なんといういい加減なタイトル。

今日は叔母の診察日で休みがとってありました。
血液検査の結果が少しずつ悪くなっていました。
問題になっているのは、血糖値とコレステロールです。

食事制限は少ししているのですが、もっと必要?
叔母は食欲旺盛・・・というか、食べる楽しみくらいしかないのです。
老人ホームに来てくださる、宅配のヤクルトさんから買う
飲み物とおやつが楽しみな叔母。

79歳の年齢から行くとぎりぎりOKですかねぇ、
薬を変えるほどではないですよという
優しいドクターの言葉が心にしみました。

若い頃、看護婦さんとして忙しく働いた叔母は、
引退後、脳梗塞と脳出血と骨折を繰り返して、今、79歳。

老人ホームで計算して出していただく食事に、
ヤクルトさんから買う少しのプラスもダメっていうのは
生きる張り合いから行くとどうなんだろう。

その程度の食べたいものくらい、
食べさせてあげたいなぁという気持ちが、
どうしても湧き上がってきてしまうのですよね。
難しいですね、こういうことって。

自己注射してるとか、そんなレベルではないので、言えるけど、
そういう時期が来ないとは限らないです。
でももうすぐ80代なんだから、食欲だって落ちてくるんじゃない?
「あんまりたくさんヤクルトさんで買わないでね」とだけ言って、
老人ホームの看護婦さんに血液検査の結果表をお渡しして丸投げ。

---------------------------------


シュウトメちゃんの退所日は、12日に決まりました。
施設の相談員さんから話していただいたところ、
本人の希望日は5日の水曜日でした。
火曜日にお風呂に入るので、入ってから帰りたいとのこと。
相談員さんにお願いして、一週間ずらして12日にしたいと言うと、
そういう交渉をしますけど、多分大丈夫ですとのこと。
万一シュウトメちゃんがダメと言ったら電話しますって。
相談員さん、ありがとうございます。

3月の初めって、まだ寒いですよね。
ネットで調べたら、過去30年の例から最低気温と最高気温の
予測一覧表が見つかりました。
10日過ぎると、最低気温が3月初めの1・5度前後から
3度前後になるんですよ。
寒冷蕁麻疹が出る可能性が減りそうですよね。
正直なところ、私も遅いほうが楽です。
私が交渉に行ってもいいけど、相談員さんに頼んじゃった。


---------------------------------


自分の鎌倉行きのチケットもようやく申し込みました。
というか、Jrに買いに行こうと思っていたのだけれど、
叔母とシュウトメちゃんの2件が片付いたら、
疲れてしまって、ネット注文に挑戦。
挑戦というほどのことでは全然ないんですが、初めてで。(笑)

新幹線は値段優先でぷらっとこだまにしました。
行きは9時28分発、11時58分着。
翌日17時16分発19時43分着で帰ってきます。
宿泊先は友人が選んで予約してくれました。

実は少し風邪気味なので・・・それまでに完治します!