FC2ブログ

2014年01月19日

        

世界中の人が、自分の個性を生かして、その人らしい人生を歩めますよう!

category - 日記
2014/ 01/ 19
                 
「ジプシーに恋して」 たかのてるこ その3

たかのてるこさんの辞職を知らなかった私は、
この本でそれを知り、経緯を読んで、心をゆすぶられました。
それで3部作になってしまいましたが、これで最終です。
現在、たかのさんはフリーで活躍しています。
退職して、やりたい道に進んだら、水を得た魚状態に見えます。
私には以前から、水を得た魚状態に見えていたのですが、
本を読んだだけではわからない苦しみを、ずっと長い間、
たかのさんが背負っていたことも、この本でわかりました。

一読者でしかない私ですが、(おまけにこの本もブックオフで買ったので
たかのさんに印税が行ってないのですが)拍手したいです。


たかのてるこさん公式HP
http://takanoteruko.com/
文庫本あとがきから、少し文章を抜き書きしてみます。
ネットで調べてみたら、本当に幸せそうな仕事をこなしていました。

最近の旅行記,画像付きで,下のリンクから読めます。

〈第1回〉シンガポールに恋して
http://www.kansai-airport.or.jp/kixitmmaga/takano/index_vo1.html

〈第2回〉オランダに恋して
http://www.kansai-airport.or.jp/kixitmmaga/takano/index_vo2.html

〈第3回〉台湾に恋して
http://www.kansai-airport.or.jp/kixitmmaga/takano/index_vo3.html

〈第4回〉バリに恋して
http://www.kansai-airport.or.jp/kixitmmaga/takano/


----------------------------------


会社勤めの間、旅に数年に一度しか出られないという状況に
不満を抱きながらも、会社を辞めるという選択をしないで生きてきました。

「旅人って、どうやってメシ食うつもり?」「それってただの無職じゃん!」
「若いならまだしも、四十歳にもなって今さら?」

いろんな人に散々言われ、不安に押しつぶされそうで苦しかったですが、
当時のモンモンとした気分と,夢がかなった今では,天国と地獄の差です。
思えば、会社時代の最後のほうは、
自分らしく生きることを責められているような気がして、
人間としての尊厳を失う一歩手前だったかもしれません。

既に過ぎてしまった「過去」を思ってくよくよしたり、
どうなるかわからない「未来」を心配したところで、
いいことなんて何もありません。

心配があるならば、不安がなくなるよう努力すればいいし、
心配してもしょうがないことであれば、心配したところで
全く意味がないのだと、私はようやく気づいたのです。

ジプシーには、「自分を丸ごと受け入れること」の
大切さも教わりました。


もし私がジプシーに「ねえ、自分にめっちゃ自信あるよね?」
と聞いたとしても、彼らにとってそれは当たり前のことなので、
「は?」という顔をされるかもしれません。
それは日本人に「自分が真面目だっていう自覚ある?」と聞くようなもので、
その民族にとって当たり前のことは、なかなかピンとこないものです。

なので私が勝手に代弁しますが、基本的に、ジプシーは自分に
「確固たる自信」を持っています。

お金なんてなくても、成功してなくても、人々から尊敬されなくても、
ジプシーは「自分は素晴らしい存在だ」と信じて疑わず、
あの,自分を誇らしく思う性分がうらやましいほどです。

「自己肯定感」と「幸せ」は密接に繋がっているのだと
最近つくづく思います。

今私は、傍目から見れば不安定そのものですが、皮肉なことに、
幸せの条件だと思っていたステータスや安定を手放したことで、
会社員時代よりも、ずっとずっと幸せを感じられるようになり、
自分のことも好きになりました。

この旅の道中、ジプシーは言うこともテンションも
クルクル変わるなぁと何度も思いましたが、
生物学者の福岡伸一さん曰く、生物学的には、
「今日の私は明日の私とは違うし、昨日の私とも違う」んだそうで、
ジプシーは変わっていく自分に正直なだけなんだなと思いました。

人間は、細胞レベルやさらにミクロな分子レベルでは、
もの凄い速度で合成と分解を繰り返し、日々更新されているので、
一年も経てば物質レベルではすっかり入れ替わってしまっているんだとか。
私たちは絶え間なく変化しているので、どんどん変わって当然なんですね。


会社員時代は年に一度の海外旅もままならなかったのが、
すでにこの二年で30か国を旅し、北海道から沖縄まで日本各地も
旅できるようになったことを考えると、人はいくつからでも
いくらでも変われるのだとしみじみ思います。

私がジプシーとであったことで人生がガラッと変わったように、
人と人は互いに影響を与え合う中でみんな生きていて、
人同士も国同士も常に影響を与え合い、
日々刻々と地球レベルで変化し続けていて、地球はひとつの人間、
ひとつのデッカい魂みたいな存在かもしれないなぁと思う今日この頃です。


これからは、世界も日本ももりもり旅して、その経験を本に書いたり、
メディアや講演会で話したりして、世界中の人々の魅力を伝える
「地球の広報」として生きていきます。

まさか40を過ぎて、自分のこれからが楽しみだ!と思える日が来るなんて・・・!


私は旅と生涯を共ににすると決めました。

会社に有給休暇があっても名ばかりで、旅にも出られないような
日本の働き方が変わっていくことを願ってやみません。

世界中の人が、自分の個性を生かして、その人らしい人生を歩めますよう!



----------------------------------


引用した文章は、文庫本あとがきから抜き出したものです。
あとがきでなく、本文の締めくくりの文章も印象的でした。

いつも心にジプシーを
って書いてありました。

まだ会社を辞めていないときの言葉です。
ジプシーの生き方と接したことはよほどの衝撃だったのでしょう。

「旅好きの変わり者ですみません」という肩身の狭い思いと
オサラバする決心がついた
とも書いていました。

いつか私が何もかも失って,人間としての尊厳まで失いそうになったら、
香典代わりの餞別をかき集めてジプシーのところに行きゃあかんとかなる!と
思うだけで気持がラクになる。
私が会いに行けば、彼らはワッと群がり、私に「ある」ものを欲しがるかもしれない。
それでも、私に何も「ない」ことを知ったら、きっと分け与えてくれるだろう。


たかのてるこさんは、とてもとても自由な魂の持ち主で、
日本で会社員をしていくことが困難なレベルだったかもしれません。
「旅したいから、フリーになるわ~♪」というノリで辞めたのではなく、
人並みはずれて自由な自分の魂を、社会の中で否定されてきて、
自分自身も、変わり者の自分が嫌いになって、
人間の尊厳を失いそうになっていた,瀬戸際にいたのだと思います。

そんな時、天啓のように、自分が大好きな民族、ジプシーに出会い、
自分を嫌いになるのはやめよう、自分は変わり者だけれど、
このまま丸ごと受け入れようと決心して会社を辞めました。

でも、会社員時代の苦しみは無駄だったとは思えません。

会社員時代に、理解ある会社で、旅広報活動が出来たから、
本やDVDを出し、テレビに出て、知名度をあげることも出来たわけですし、
旅の腕も上がり、フリーになる下地が出来ました。
その中で、会社員としては、この無類の旅好きは、マイナスでしかなく、
旅が異常に好きなダメな会社員として、追い込まれる経験が、
ここまで変わる原動力になったのだと思います。
全ては完璧な流れの上にあったように感じました。

今までの旅行記でも、ものすごい「いきあたりばったりの旅」
そんな旅で人と出会うことが大好きなたかのさんには、
生き方自体が、いきあたりばったりの人生が向いていて、
その中での出会いが宝物になっていく人なのですね。
本当は、みんなそうなのかも。
たかのさんレベルのことは、怖くてできないだけで。そう思いました。

たかのさんの文をもう一度書いて,このシリーズ最後の言葉にします。


世界中の人が、自分の個性を生かして、その人らしい人生を歩めますよう!
            
スポンサーサイト