FC2ブログ

2014年01月14日

        

中国の少年鵬鵬(ポンポン)の話

category - 日記
2014/ 01/ 14
                 
こんな記事を読みました。
中国が嫌日教育をしているのは知っていましたが、
ここまでの教育をしているのだと改めてぞっとしました。

------------------------------------------


2014年1月8日、
中国人ユーザーが軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した内容


省略して載せますので、よろしければ全文をどうぞ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140113-00000000-rcdc-cn
 
日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。
男の子は俊夫という名の小学校1年生。
私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。

だが、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違った。
敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、こぶしを振り上げると
「打倒小日本(ちっぽけな日本をやっつけろ)!」と叫んだのだ。
これには俊夫も周りの大人もビックリ。鵬鵬の父親が彼を叱ると、
「だって、日本人は中国人の敵じゃないか!学校の先生もそう言ってたもん。
パパたちは中国を愛してないんだ!」
と言って泣き出した。
そこで、「先生が言っているのは歴史だ。今は日本と仲良くしなきゃ。
それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、
「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本が中国の土地を奪ったから
日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?
学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」
と反論した。

幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の
会話の中身を知られることはなかった。

俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。
礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、
従姉が日本語で「いただきます」と言ってから、自分の箸をとる。
それに比べて、鵬鵬は、部屋は汚い。自分では何もしない。
食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、
彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。

そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。
お互いに日本語や中国を教え合っている姿を見て、
「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。

最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、
私たちはみんなでテレビを見ていた。
そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて
「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。
俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、
たどたどしい中国語でこう言った。

「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります」

俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。
鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、
中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。
鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、
あの言葉を覚えさせたのだ。


こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもおかしい。
鵬鵬の愛国観はすでにゆがんでしまっている。
善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、
中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを
日本に抱いているかを私たちは思い知らされた。

中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないのか。(翻訳・編集/本郷)


------------------------------------------


かつて多くの賢人たちを生み出した中国の精神性が、
今どうしてこれほど地に落ちているか、
この記事を読んで、よくわかった気がしました。

小さな頃から、学校教育の場で、憎しみと復讐心を
ずっと育て続けているのですね。
そういう心がすくすく育った子、その気持ちを実行する子が、
愛国心のあるいい中国人であると教え続けています。

小さな子が「いい子になって評価されよう」という気持を持つとき、
中国では、日本にどれだけ憎しみを示せるかが重要なのでしょう。

かつて文化大革命があった時、多くの子供が自分の親が、
反政府的発言をしていたことを密告したという話を思い出しました。
学校で教え込まれたことが正しいと信じた子供たちは、
愛国心のない親を窮地に陥れることが正義だと考えたのでしょう。
文化大革命で、教養のある階級の人たちがどれほど殺されたことか。
6000万とか7000万とか8000万とか、諸説あるようですが。

国内の問題を転嫁するのに、日本攻撃はちょうどいいのでしょうね。
おまけに家庭では、一人っ子政策のためなのか、
子供は自分では何もしないで、周囲が子供のご機嫌をとる始末なのか・・・。


------------------------------------------


中国の人が全てこんな風に育っているわけではないと思いたいし、
日本でも、いじめは多く、虐待も多く、ブラック企業も多い、
暗黒部を抱えている面もありますね。

名古屋で6歳の長女を裸にしてベランダに放置した母親が、
警察に逮捕されました。この寒波の時期に・・・。


発表によると、この母親は35歳。
午後2時頃、集合住宅2階の自宅で長女(6)を全裸にし、
粘着テープを使って両手を縛ったうえ、口をふさいでベランダに放置。
カギを閉めて約3時間監禁
し、左手首から出血するなどのけがを負わせた疑い。
おまけにこの母親は、長女をその状態にしたまま、次女と外出していたといいます。
同じ集合住宅に住む女性が通報し、駆けつけた署員が長女を保護したそうですが・・・。

いきなりこんなこと、しないでしょう。
ずっと前から虐待していたに違いないのに、救えなかったのかと
同様のニュースを聞くたびに胸が痛みます。


------------------------------------------


最近、全てはエネルギーだと感じるので、
こういう暗黒面にあまりにとらわれることは、
その暗黒面にエネルギーを与えることかもと思いました。

憎むべき事態に、こちらも憎むことで応えるのは、
暗黒面にエネルギーを与えることになりやすいから避けようと思います。

世界にはあらゆるエネルギーが満ちているので、
暗黒面のエネルギーだって、存在するのですよね。

意識を光のエネルギーの方に向けて、自分から光のエネルギーが出るように、
みんなが意識すれば、世界が変わってくるのかもしれません。
中国の教育で、憎しみのエネルギーを育てていった結果、
今の中国にまで堕ちてしまったのと同じ理屈で。

最期に怪しくなって申し訳ないですが、そんな風に思いました。

中国の少年鵬鵬に憎しみを感じるより、愛の祈りを送ること、
そしてハーフの俊夫君の幸せを祈ることを選択したいです。
長女を虐待した、そこまで歪んでしまった35歳の名古屋の女性にも、
どうかこれ以上暗黒面に乗っ取られないでと祈り、
長女さんと次女さんの幸せを祈りたいと思います。

私が中国の少年鵬鵬と同じ環境で育っていたら、
同じような行動を取ったかもしれません。
35歳の名古屋の女性も、まともな人生を送ってきたとは思えません。
彼女と同じような経緯をたどったら、私ももしかしたら、
同じような行動を取ったかもしれません。

文章が怪しくなって読むのを中止した方が多いかなと思うので、
ここまで読んでくださった方は少ないかもしれません。
最期までお読みくださった方にお願いです。
ご縁だと思って、少しの時間、祈ってくださると嬉しいです。
            
スポンサーサイト