FC2ブログ

2014年01月12日

        

正義感の強い友人の前世

category - 日記
2014/ 01/ 12
                 
昨年のクリスマスの日、友人と渡辺貸衣装店に行きました。
過去世+タロット占いを予約してありました。
店長さんをしている渡辺カリンさんに占っていただきました。

自分の占いの話は書きましたが、友人のは個人情報なのでと
書いたところ、友人が書いていいよ~と言ってくれていました。
今が書く時だ、という感覚があったので、書くことにします。

-----------------------------------------

友人が仕事の上で、壁にぶつかりかけている感がありました。
自分の人生を振り返ると、権力のある男性に、無理難題を言われ、
自分の立場では従うしかなく、壁にぶつかるという経験が、
何度も繰り返されているが、これは何だろう?と言うのです。

同じような経験が何度も繰り返されているというのは、
きっと意味があるよね、という話になりました。

ホ・オポノポノなら、そこでウニヒピリに4つの言葉を
繰り返して過去の経験を浄化する場面ですが、
彼女はそんなの信じていませんのでやらないです。
私が知っている占い師さんのところに行こうかということになりました。
(今、日記を書きながら思ったのですが、友人の話を聞いたというのは
私の経験なので、私が、浄化すればいいのよね。)

占いは、あまり依頼心が強い人には向きません。
彼女は自立心が強く、妄信もしないので、安心して占いに行きました。

-----------------------------------------

彼女は前世で、無実の罪を着せられて切腹する武士でした。
非常に清廉潔白な人だったそうです。
そうでない仲間の武士にあるまじき姿を見ると、
嫌悪感を感じていて、どちらかというと孤高の人でもありました。

ある悪だくみのもうけ話があり、
前世の友人も誘いを受けたそうです。
悪事に加担するなどあり得ないことと思い、きっぱりと断りました。

馬鹿にされたと感じた仲間たちは、あいつを陥れてしまおうと
前世の友人に悪事の犯罪をなすりつけたそうです。
捕らえられ、切腹を言い渡された前世の友人は、
こういう結果になろうとも、犯罪に手を染めずに生きたと、
毅然とした態度で、切腹して果てたそうです。

犯罪をなすりつけた仲間たちは、心の中で、お前が悪いんだ・・・と
前世の彼女があまりにきっぱりと彼らを否定したことで、
恥をかかされたと心の中で恨んでいました。

違う断り方があったんですよ。
清濁併せ呑むような断り方が。
それ以前に、自分は彼らとは違う潔白な人間だという思いで、
彼らとの距離を置いていました。
もしも、もう少し横のつながりがあったなら、
犯人に仕立て上げられることはなかったでしょう。
これが今生の課題です。」

-----------------------------------------

この話が本当かどうかは確かめようがないですが、
私も友人も「これはありえる!こういう性質がある!」と感じました。

友人は、占いは初めてかと思っていましたが、実は2回目だそうで、
前回の時に見てもらった前世は、シベリアかどこかの酷寒の地で
政治犯として捕らえられて死んでいった人だそうです。
あまりに二つの前世が似ているので、悪いけど、笑ってしまいました。

「私が見た方が先でしょうね。
武士として、罪を着せられてそのまま切腹していったのが、
次回はもっとアクションを起こして、政治犯になったということかな。

あなたは正義感がとても強く、こうあるべきだと思ったら、
たとえ殺されることになっても、それを貫くような人です。
今生の課題は、そこに横のつながりを築いていくことです。」

-----------------------------------------

ここでは詳しくは書けませんが、それこそ最近の彼女が
したいと言ってきたことでした。
権力側は変わりそうになく、理不尽な目に合うのは
彼女たち弱い立場の人たちでした。
団結しようと呼びかけるものの、あまり大っぴらにはできず、
弱い立場ゆえ、団結したことが発覚して不利にならないとも言えず、
泣き寝入りして、職を辞していく人も多い世界です。

彼女の場合も、1度しか会ったことのないボスが、
ある人からの話を鵜呑みにして、彼女の話はもちろん、
彼女の直接の仕事仲間に話を聞くこともなく、
上層部に報告して、諮問会議になってしまったのでした。

「ボスに不適切な人材だと上に報告されたら、それで終わりなの。
どの点が不適切だったかという説明もしてもらえない。
必死に考えて、あの事が誤解されたのか?と誤解の内容を推理して、
15分間で面識もない上層部を説得できなかったらクビかも。
頑張って働いてきたのに、クビになった人もいっぱいいる・・・。」
上層部の方は専門家でなく、官僚の天下りらしいです。
彼女は専門職ですが、需要より供給の方が多い仕事なので、
けっこうな悪条件で働いています。
彼女はとりあえず、今回の危機を乗り越えられました。

-----------------------------------------

昔は政治犯で流刑、その後、武士になり無実の罪で切腹。
今は官僚の天下りにいつクビになるかわからない立場。
あまりに友人らしくて絶句しちゃいます・・・。

今生は最悪がクビなので、流刑や切腹に比べたらいいよねと言ったら、
彼女は「でもクビも困るわ~」と苦笑していました。

今更だけど、私も「今生の課題」を聞けばよかったわ。(笑)
家族のサポートをしたいのですが、心がけることは?が質問だったのです。
納得の答えをいただいたので満足はしていますが。
最期に、今年を象徴するカードを引くおまけをしていただいて、
死神のカードが出てぎょっとしたのですが、
この場合は、再生のための死を示していていいカードだと言われて、
安心してそのまま帰ってきちゃった。
「再生のための死?何を壊して何を再生させるのか課題を教えてください」
このセリフがふっと出てきていたら聞けたのよね。

死神のカード、怖いですよ~。
骸骨が鎌を持って立っていて、地面には切り落とされた手足が転がってます。
今年を象徴するカードと言われてこれが出た時の気持ちといったら・・(笑)

帰宅して気になって調べたら、カードの出方によって解釈が変わり、
死と再生を表す場合は、どんどん進んでもよくて、
死と停滞を表す場合は、新しいことをしないほうがいいらしい。
私は前者なので、どんどん進んでいいらしいです。
今のところ、その内容は・・・地味に掃除ですかね?(苦笑)
            
スポンサーサイト